無料ブログはココログ

« 声を荒げて、声を荒らげて | トップページ | ルートラボなどでは、標高を編集していますか »

2018年1月25日 (木)

国士

「国士」楡周平 祥伝社
国士(こくし)、国土(こくど)じゃないよ。
プラチナタウン、和僑に続くシリーズ3作目。
前2作とは違う舞台、カレーのチェーン店です。
創業者は歳を取り、海外に展開したいと思うが、ちからが足りない。
身を引いて、後任にコンビニ業界を席巻したプロ経営者に託する。
ここからがむちゃくちゃ読みづらい。やりかたがえげつないのですよ。
フランチャイズ店の近隣に直営店を開店して、需要を深掘りすると強行する。
ここで渋滞した。3週間もかかってしまった。歯を食いしばって、嫌な場面を読み通した。
楡周平にバッドエンドの小説はない。必ずハッピーエンドに持って行くはずだ。
8割がた読み進めたところで、やっと救いがある。ハッピーエンドです。
プラチナタウン、和僑から続くテーマ。
日本は人口減少していく。その中で、救いを求めるのはどうすればええのか。
資本主義の論理では救えない。そこには国士が必要だ。
プラチナタウンから人口減少社会を追っています。
ここに解決篇を提出しております。

読書メーター

広島ブログ

« 声を荒げて、声を荒らげて | トップページ | ルートラボなどでは、標高を編集していますか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声を荒げて、声を荒らげて | トップページ | ルートラボなどでは、標高を編集していますか »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31