無料ブログはココログ

« しまなみ海道、大三島から伯方島・大島・四国今治へ(自転車篇) | トップページ | 瀬取りとセドリ »

2018年2月25日 (日)

象の墓場

「象の墓場」楡周平 光文社
ソアラとあるけど、どこから見てもコダックをモデルに書いているね。
主人公は、ソアラ・ジャパンのデジタル部門で営業職にある。
銀塩フィルムで世界に冠たる巨人だが、日本では東京フィルム(富士フィルム)に競り負けている。
先行きの投資を狙って、デジタル部門を立ち上げた。
音立てて、銀塩フィルムがデジタルに侵食されて行くんですよ。
ウィンドウズ3.0から3.1、ウィンドウズ95が認知され始める時期です。
決定的だったのが、携帯電話、写メが銀塩フィルムに止めを刺した。
よくあるビジネス小説では、悪役が、悪辣な上司が出てきます。
ここではそんな人物はいない。
悪役なのは時代の流れです。
最後は主人公、ソアラを退職することになる。

読書メーター

広島ブログ

« しまなみ海道、大三島から伯方島・大島・四国今治へ(自転車篇) | トップページ | 瀬取りとセドリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しまなみ海道、大三島から伯方島・大島・四国今治へ(自転車篇) | トップページ | 瀬取りとセドリ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31