無料ブログはココログ

« 楽天カードからしつこいメール | トップページ | キリシタン »

2018年2月 8日 (木)

暗闇のアリア

「暗闇のアリア」真保祐一 角川書店
経済産業省のキャリア官僚が自殺した。
妻は自殺などありえないと警察に訴えた。
警察はくすぶっている元刑事に扱いをゆだねた。今は署内の事務職。
元刑事は事情を探った。
妻も関係者に聞き歩いた。
行き当たる先々で、関係者が自殺している。
本の半分も行ったところで、犯人側からの叙述に変わる。
自殺したそれぞれの関係がわかってくる。
自殺を装った殺人なのだ。
警察の追求と、処刑者側の暗殺と、どちらが早いか。
読みながら、警察側に肩入れしたり、犯人側に肩入れしたり、応援する視点が変わってくる。
この結末はハッピーエンドなのだろうか、バッドエンドなのだろうか。

読書メーター

広島ブログ

« 楽天カードからしつこいメール | トップページ | キリシタン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天カードからしつこいメール | トップページ | キリシタン »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31