無料ブログはココログ

« 仮想通貨業者を金融庁が監督下に | トップページ | 雪で滑って車が横向き »

2018年2月 4日 (日)

緑の窓口

「緑の窓口」下村敦史 講談社
区役所の異動で緑の窓口に配属になった。
区民からの苦情に対応する係なのだが、手に余るので、樹木医の手を借りることにする。
窓口の係員二人、未婚の好青年、樹木医は若い美女、舞台はそろっています。
雑誌連載の短編で、市民の苦情があって、1篇1篇、解決に奔走するお話しです。
どれもこれも、ほっこりするお話しです。
下村敦史、初読みです。
ホラー、ミステリーの畑の人で、「緑の窓口」は突然変異の系列のようです。
続いて読んでみたいですが、ひょっとして、本流はバイオレンス系じゃないでしょうね。
最初に出会った下村敦史が柔らかすぎたのかもしれません。

読書メーター

広島ブログ

« 仮想通貨業者を金融庁が監督下に | トップページ | 雪で滑って車が横向き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮想通貨業者を金融庁が監督下に | トップページ | 雪で滑って車が横向き »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31