無料ブログはココログ

« 2月に読んだ本 | トップページ | 自撮り棒、セルカ棒 »

2018年3月 3日 (土)

バッタを倒しにアフリカへ

「バッタを倒しにアフリカへ」前野ウルド浩太郎 光文社新書
今年(2018年)の新書大賞受賞本です。
さすが受賞作、バッタを知らなくても、モーリタニアという国を知らなくても、愉快に読めます。
ミドルネームのウルドとは何か。
ムスリムに改宗したのかと疑いましたが、モーリタニアの伝統的な名前なんだそうです。
そんな名前を貰えるほどモーリタニアに融け込んでいます。
なんぼやっても道が開けない、そんな陰々滅々としたお話しじゃありません。
道は開ける、努力は報われる。そんなお話しでホッとします。
ほんとは、裏にはポスドク哀史があるのです。
高学歴ワーキングプア、実にたくさんの芽が出ない博士が背後にいるのです。
どうしてこんなに筆達者なのか。
NSCで腕を磨いてきました。
発見されて、ダイヤモンド誌に連載もしてきました。
けっこう稽古も重ねてきているのです。

読書メーター

広島ブログ

« 2月に読んだ本 | トップページ | 自撮り棒、セルカ棒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月に読んだ本 | トップページ | 自撮り棒、セルカ棒 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30