無料ブログはココログ

« ランニング・ワイルド | トップページ | 適当は褒め言葉とは限らない »

2018年3月25日 (日)

日本史の内幕

「日本史の内幕」磯田道史 中公新書
副題に、戦国女性の素顔から幕末・近代の誕生まで。
大体が、一節一節が3ページの分量です。もともとは読売新聞への寄稿文、ちょっと長いのは雑誌からです。
たった3ページでもピカッと光っている。目の付け所がシャープなんです。
第1章「古文書発掘、遺跡も発掘」では、小学生の頃から古文書読みを経てきたことを明かしています。
それで、古文書を読み解くことを本業に選んだわけです。
史伝、評伝では堅牢な考証に基づいた書籍があります。
それよりも、3ページ程度の印象的なコラムのほうが心惹かれる。
そんなものかもしれませんね。
古文書は発見すれば即購入しなければ散逸してしまう。
財布の中身が少ない場合、写真に撮るというテもあるようです。

読書メーター

広島ブログ

« ランニング・ワイルド | トップページ | 適当は褒め言葉とは限らない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランニング・ワイルド | トップページ | 適当は褒め言葉とは限らない »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31