無料ブログはココログ

« 下深川駅から、可部・吉田を経て国道54号線を行く(自転車篇) | トップページ | 息をするように嘘をつく »

2018年4月30日 (月)

飛行機のキップで、あんなこと、こんなこと

来月、台湾に遊びに行く予定です。自転車と山登りです。
ネットで航空券を予約しようとしましたが、最後に、電話番号のところでエラーとなって承認されない。
三日間、ああでもない、こうでもない、と格闘しました。

これではどうにもならん、ネットは諦めて、旅行代理店に行って申し込みました。
高い!(◎_◎;)

ネット価格で往復4万5千円程度、それを6万5千円で売ろうとします。
たぶん、早割などの割引を無視して、定価で計算しているんだろうな。
さらに、空港利用税、入出国税など諸経費をダブルカウントしているんじゃなかろうか。

クレジットカードを見せると、現金でお願いします。
現金の持ち合わせがないよ。それじゃぁ、やめた。
あなた、パスポートをコピーしましたよね、そのコピー返してちょうだい。

翌日、China Airline の広島支店に行ってきました。
事前に電話で確認したところでは、店頭発行する場合、ネット価格に5千円手数料が加わる、そんな説明でした。

どうしてもネットで買えない、どこに支障があるのでしょうね。
調べてもらいました。

ざっと10年前、チャイナエアにマイレージ会員登録したとき、電話番号の登録に不備があった。
去年までは、システムが甘くて問題にはならなかった。
今年、システムを強化したら、問題が浮かび上がった。
わたしだけじゃないそうです。他にも、同じような例が起きているそうです。

会社の手落ちということで、手数料5千円は引っ込めました。ネット価格で売ってくれました。

わたしの場合、支店にまで行って買う、という行動に出たから、問題が解決しました。
大概の人は、どうやってもネット予約が成立しないなら、China Airline をやめて、他社の Airline に行くでしょうね。
システムを強化して、そのせいで、ビジネスロスを出してしまうことになります。
角を矯めて牛を殺す、ということわざ通りの経過です。

カウンターで発見されたキズが、支店長に伝えられ、台湾本社に伝えられて、カード登録の総点検がされればええのですがね。

広島ブログ

« 下深川駅から、可部・吉田を経て国道54号線を行く(自転車篇) | トップページ | 息をするように嘘をつく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下深川駅から、可部・吉田を経て国道54号線を行く(自転車篇) | トップページ | 息をするように嘘をつく »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30