無料ブログはココログ

« 気が置けない、気が置ける | トップページ | 国道54号線、県境の赤名峠を行く(自転車篇) »

2018年5月 7日 (月)

おもんぱかる

「慮る」と書いて「おもんぱかる」と読みます
ぱぴぷぺぽ、ぱ行の音が日本語で発せられることは少ないです
おもいはかる→おもんはかる→おもんぱかる
音便で、発音し易いように、口跡を変えていったのだろうと思います
本来出るはずじゃなかったのに、前に押し出されて姿を現したのです
おもんぱかる、以外に、ぱ行の音を含む言葉は思いつきません

とりわけ、姓、名、ここでぱ行の音が出ることは、まず、ないでしょう
いやいや、キラキラネームのことを忘れちゃぁいけないよ
あ、そうか、日本語の感覚が、ころっと変わったんでしたねぇ

広島ブログ

« 気が置けない、気が置ける | トップページ | 国道54号線、県境の赤名峠を行く(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気が置けない、気が置ける | トップページ | 国道54号線、県境の赤名峠を行く(自転車篇) »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30