無料ブログはココログ

« 山口達也氏、あるいは、 山口達也さん | トップページ | 唐土天竺 »

2018年5月19日 (土)

蒼き山嶺

「蒼き山嶺」馳星周 光文社
一時期は山岳小説を読みふけっていました。
作家が山のシロウトの場合があって、興ざめして、山岳小説からは離れました。
主人公は大学山岳部のOB、ヒーローは長野県警の山岳救助隊員を退職して山岳ガイドをしている。
アンチーヒーローは同じ山岳部同期でよく知っている、警視庁公安部に入ったはず。
それが白馬岳鑓温泉への雪道で出合って、ガイドを頼まれた、栂海新道を行って、日本海まで連れて行ってくれ。
ガイドとして雇われる。
承知したが、どこか問題ありだな。
案の定、追手がいる。朝鮮語を話して、ピストルを撃つやつらだ。
わたし、冬季のアルプス登攀はやったことがない。
それでも、雪の中の描写には、作者は山岳経験があるのだろうか。描写が目に浮かんでくる。
最後は、バッドエンドなんでしょうか、ハッピーエンドなんでしょうか。
こうなる以外の締めくくりはありませんよね。

読書メーター

広島ブログ

« 山口達也氏、あるいは、 山口達也さん | トップページ | 唐土天竺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口達也氏、あるいは、 山口達也さん | トップページ | 唐土天竺 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31