無料ブログはココログ

« 4月に読んだ本 | トップページ | 岩おこしの食べ方 »

2018年5月 4日 (金)

銀杏手ならい

「銀杏手ならい」西條奈加 祥伝社
銀杏(ぎんなん)手ならいと読みます。
江戸の朱引きに隣接したあたりに、手ならい所がある。
門前に大銀杏があるので、名前を銀杏堂と名付けた。
七編の短編集で、どれも筆子のあれこれについて語っている。
筆子とは手ならい所に通う子供のこと、入門を入山と言い、卒業を下山と言う。
時々、浚(さらい)があり、テストのこと、期末に大浚がある。期末試験。
主なるテーマは筆子についてだが、主人公の萌は捨て子で、この家で育てられたのだ。
大銀杏の根元に捨て子があった。
萌は捨て子を自分の子として育てることにする。これが従なるテーマ。

読書メーター

広島ブログ

« 4月に読んだ本 | トップページ | 岩おこしの食べ方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月に読んだ本 | トップページ | 岩おこしの食べ方 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31