無料ブログはココログ

« 13・67 | トップページ | ピッチャー九里とアイスタイル »

2018年5月30日 (水)

パーマネント神喜劇

「パーマネント神喜劇」万城目学 新潮社
神喜劇はしんきげきと読む。ドタバタからして、吉本新喜劇を意識しているのかも。パーマネントの意味は明かしていないなぁ。神さまの寿命は何万年のものだから、そう暗示しているのかも。
主役は神さま、平の平の平の神さまで、縁結びを専門にしている。
そこへ、レポーターと自称する青年が現れて、種明かしすると、勤務評定し、勤務地の異動を決定するものらしい。
神さまの仕事は、言霊を人間に打ち込むこと。
それにより、言霊に後押しされて、ものごとがうまく運んで行く。
4篇の中編のシリーズです。
言霊を打ち込まれた人間はどう変わるか、こんなお話しだったり。
神社の転勤を命じられて、その異動のどたばただったり。
果ては、大地震が起きて、大神さまがおでましになったり。
ネタの不思議もあるが、語り口がユニークで、めちゃめちゃ面白いです。

読書メーター

広島ブログ

« 13・67 | トップページ | ピッチャー九里とアイスタイル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 13・67 | トップページ | ピッチャー九里とアイスタイル »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31