無料ブログはココログ

« アルバムを追加しました | トップページ | 北広島町、雉子の目山、道は判り易かった »

2018年6月 2日 (土)

5月に読んだ本

5月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1878
ナイス数:106

パーマネント神喜劇パーマネント神喜劇感想
主役は神さま、平の平の平の神さまで、縁結びを専門にしている。そこへ、レポーターと自称する青年が現れて、種明かしすると、勤務評定し、勤務地の異動を決定するものらしい。神さまの仕事は、言霊を人間に打ち込むこと。それにより、言霊に後押しされて、ものごとがうまく運んで行く。4篇の中編のシリーズです。言霊を打ち込まれた人間はどう変わるか、こんなお話しだったり。神社の転勤を命じられて、その異動のどたばただったり。果ては、大地震が起きて、大神さまがおでましになったり。ネタの不思議もあるが、語り口がユニークで、めちゃめち
読了日:05月30日 著者:万城目 学

 

13・6713・67感想
13・67の意味は、2013年←1967年、香港返還運動が始まったのが1967年、1997年に香港は返還され、現在に至ります。師匠、クワン、その弟子で、ロー、どちらも香港警察で天眼の異名を持つ優れ者なのだ。6篇の中編で構成されていて、最初は2013年、段々と、1967年に遡って行くのだ。当然、最初の篇はローが主人公、ローとクァンが入り混じり、最後の篇は、クワンが才能を発揮し、刑事に登用される事件から始まる。わたしが香港で山歩きを始めたのは2001年、香港の主権は中国に帰っている時期でした。ロー警部の時代の
読了日:05月29日 著者:陳 浩基

 

広辞苑をつくるひと 『広辞苑 第七版』予約特典広辞苑をつくるひと 『広辞苑 第七版』予約特典感想
この本には定価が記されていません。事前に予約した人にだけ特典で付いてくる販促ブックレットなのです。メインの辞書編集部のことを語っているわけではない。言葉の採集・用例・語釈を国立国語研究所に一部下請けしている。その中で三人が受けている。大日本印刷、フォントに限って掘り下げている。イラスト、辞書では写真を使わず、図版に限定している。イラストでも生物に限定してインタビュー。辞書の函、するっと入って無暗に抜け出さない箱。製本、へぇぇ、大変な作業なんですね。最終工程だから、押して押して、無理なことばっかり。
読了日:05月26日 著者:三浦しをん

 

蒼き山嶺蒼き山嶺感想
主人公は大学山岳部のOB、ヒーローは長野県警の山岳救助隊員を退職して山岳ガイドをしている。アンチーヒーローは同じ山岳部OBでよく知っている、警視庁公安部に入ったはず。それが白馬岳鑓温泉への雪道で出合って、ガイドを頼まれた、栂海新道を行って、日本海まで連れて行ってくれ。ガイドとして雇われる。承知したが、どこか問題ありだな。案の定、追手がいる。朝鮮語を話して、ピストルを撃つやつらだ。わたし、冬季のアルプス登攀はやったことがない。それでも、雪の中の描写には、作者は山岳経験があるのだろうか。描写が目に浮かんでくる
読了日:05月19日 著者:馳星周

 

にゃん!  鈴江藩江戸屋敷見聞帳にゃん!  鈴江藩江戸屋敷見聞帳感想
お糸は行儀見習いのため鈴江藩上屋敷に奉公に出た。奥方にお目見えした。あれ、猫が見える。猫の姿は一瞬で、見直すと人間の姿だった。奥方様は猫の化身だった。見渡すと、老女も奥女中の何人かも猫の化身じゃないか。打ち明けられたところでは、お家騒動がある。藩主の叔父が藩主の座を乗っ取りしようとはかっているのだそうな。さらに、猫族を追い出そうと狐族がうごめいている動きがある。作者はめちゃめちゃ楽しんでいる。町人の娘が武家屋敷に奉公にあがったんだもの、啖呵の切り方が冴えている。これも化けたの一種かもしれないねぇ。
読了日:05月09日 著者:あさの あつこ

 

銀杏手ならい銀杏手ならい感想
ぎんなんてならいと読みます。江戸の朱引きに隣接したあたりに、手ならい所がある。門前に大銀杏があるので、名前を銀杏堂と名付けた。七編の短編集で、どれも筆子のあれこれについて語っている。筆子とは手ならい所に通う子供のこと、入門を入山と言い、卒業を下山と言う。時々、浚(さらい)があり、テストのこと、期末に大浚がある。期末試験。主なるテーマは筆子についてだが、主人公の萌は捨て子で、この家で育てられたのだ。大銀杏の根元に捨て子があった。萌は捨て子を自分の子として育てることにする。これが従なるテーマ。
読了日:05月04日 著者:西條奈加

 

 

読書メーター

広島ブログ

« アルバムを追加しました | トップページ | 北広島町、雉子の目山、道は判り易かった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルバムを追加しました | トップページ | 北広島町、雉子の目山、道は判り易かった »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31