無料ブログはココログ

« 一歩二歩、一手二手 | トップページ | 台湾では自転車は右側通行 »

2018年6月13日 (水)

台湾でのレンタサイクル

台湾でレンタサイクルを借りました。
あれからだいぶ日も経って、すっかり忘れていましたが、ふと思い出しました。
せっかく思い出したのだから、メモを記事化しておきます。

借りた自転車は、GIANT製のクロスバイク。
ショップ店員は、この自転車は日本の方式とは違うことを最初に告げて、注意してくれます。

1、ブレーキが逆
右を握ると、後輪にブレーキ、左を握ると、前輪にブレーキ。

2、変速機の操作はトリガーシフター(グリップシフターじゃないほう)
右手はペダルのところのギヤを操作し、左手は後輪のところのギヤを操作する。
右左それぞれ二つのレバーがあって、どちらかを押し込んでギヤを操作する。

右手での操作は
人差し指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が大になる、トルクは軽くスピードは遅い。
親指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が小になる、トルクは重くスピードは速い。

左手での操作は
人差し指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が小になる、トルクは重くスピードは速い。
親指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が大になる、トルクは軽くスピードは遅い。

戸惑うよなぁ、ブレーキと変速機の操作が日本と逆なんですよ。
とは言っても、日本のやり方が世界標準とは限らない。日本だけの基準なのかもしれない。
GIANTショップの貸自転車なのだもの、そっちが世界標準なのかもしれない。これは大いにありうる。

走り出してしばらく行くと、日本とは逆の方式に慣れてきます。
慣れて、心許して走っていると、日本での癖に戻って、おっとっと、慌てることもあります。

広島ブログ

« 一歩二歩、一手二手 | トップページ | 台湾では自転車は右側通行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一歩二歩、一手二手 | トップページ | 台湾では自転車は右側通行 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31