無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

昆虫学者はやめられない

「昆虫学者はやめられない」小松貴 新潮社
サブタイトルに、裏山の奇人、徘徊の記
いやぁ、達者な文章だ。聞いたこともない昆虫だが、筆者の描写で息が通う。
ここからはわたしの感想を述べます。
アズマキシダグモ、ヒゲナガアワトビケラ、ヒメドロムシ、メクラチビゴミムシ
種の特徴を和名は描き出している。
ただし、一目読みはできない、一文字づつ、つぶやきながら読まないといけない。
現職は、国立科学博物館で協力研究員とのこと。
給料は出るのだろうか。
正社員なのだろうか、臨時雇用なのだろうか。
学者世界の過酷さが判って来て、学者に未来はあるのだろうか。
この原稿は、新潮社「Webでも考える人」(http://kangaeruhito.jp/)に連載されたもので
文章の味、面白さはそこで磨かれたものでしょうね。
こういうサイドワークが無いと、学者はやっていけないだろうなぁ。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月30日 (月)

向原、高嶽山は諦めて、鳴石山だけで引き返す

このへんが2万5千図で396ポイントのあたりだな。GPSの標高が一致するわけではないが、近似値としてはほぼこのあたりだ。
この先で谷へ降りて行く。下降点のポイントはこれ、と示せるわけではない。なんとなく、このあたりから降りてみようかな、そんな判断なんですよ。
灌木の密林なら悲劇になるな、と案じていたが、そんなことはない、疎林とは言えないが、密林の手前程度の枝葉の濃さと言うべきか。
ラッキーなことに植林に出た。広い植林ではない、狭い植林に偶然出会った、という感じ、植林の中は歩き易い。
植林の全部が全部歩き易いのではないのだよ。苗を植えて5年10年はとことん歩き難い。植林が成長して、上空の日光制空権を奪ったら、もう下草は生えてこない。この植林は20年物以上だろうね。
植林を出ると林道がある。国土地理院の地形図にはまだ収録されていない林道なのだ。
この先、どう進むべきか。とりあえず林道を先に歩いてみる。林道から広い作業道を敷設している現場がある。そこはやり過ごして林道をさらに進む。
峠のところで林道は終わっている。峠に向こうにも杣道が続いている。
「里山をたずねて」といブログがあります。その中で「高嶽山(444m)」、ブログ主は林道の峠から高嶽山に直接取り付いたと書いています。
この人のブログは極端なんですよ。いや、ブログが極端なのではない、行動が極端なのです。少々の藪をものともしない。わたしには同じ真似が出来なかったことがたくさんあります。
峠から見上げて、枝葉が繁っているな、藪が濃そうだな、止めた、手持ちの水の残りと引き比べると、ここで見切りを付けたほうが賢い。登るとしても、酷暑のこの季節にやるもんじゃない。
高嶽山は諦めた。手前の鳴石山に登ったのかどうか。神社の背後の部分だけが鳴石山なのか、尾根まで全部鳴石山なのか、なんとも曖昧だよねぇ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。全体の姿は下のリンクをクリックしてみてください。

広島ブログ

2018年7月29日 (日)

トランプの言うディール

トランプ大統領がディール、ディールと口にしますが
ネゴシエーションのことでしょうね。
ネゴシエーターは尊敬を持って扱われますが
ディーラーは相場師であり、カジノの札撒きが仕事です。
トランプの言うディールと、わたしの思うディールとは、別のもののようです。
なぜトランプはディールと言う用語を操るのでしょうかね。

ひとつの答え
ネゴシエーションを知っている選挙民より、ディールしか知らない選挙民向けに語っているから。

広島ブログ

2018年7月28日 (土)

自転車のクイックレバーのバネ

前に、自転車がパンクした時、道端で車輪を外すと、クイックレバーのバネが草むらや砂地に落ちて紛失すると嘆きました。
当地の自転車屋ではこのバネを売っていません。
モノタロウで買おうとすれば、箱買いとなります。そんなに大量には必要としません。
去年の10月ころ、クイックレバーを買えばええ、バネだけ使って残りは捨てればええ、とお大尽発言しています。

もうちょっとわかってきました。
アマゾンで買うとして、自転車カテゴリーでの検索ワードを
たけのこバネ、X
円錐バネ、X
ツル巻バネ、〇
ツル巻バネで検索すれば、該当するバネが見つかります。
SHIMANO では、あれをツル巻バネと呼んでいるようです。
\210、\181 \125 で売っています。
中間の\181のを5個、+ 送料 \350 で注文しました。
5個もあれば、紛失しても用が足りることでしょう。

郵便の封書で届きました。さっそく、パンク修理セットに追加しました。
これで、パンクしても、バネに気づかいすることなく、車輪を外せます。

広島ブログ

2018年7月27日 (金)

この世の春(下)

「この世の春(下)」宮部みゆき 新潮社
前の藩主は子どものころ、父藩主に性的な苛めを受けていた。
藩の隠密に陰廻がいる。もうひとつ、別の組織に狭間がいる。
父藩主がその狭間の女にたぶらかされてのことなのだ。
陰廻と狭間の戦いが始まる。
読み終わって振り返ると、なんとまぁ、ロマネスクを広げたもんだなぁ。
気味が悪いとか、読むに堪えないとか、そんなことはない。
ただ、幼児への性嗜好、親子相克、書き難い事をよくまぁ書いたもんだ。
もうひとつ、性的関係がなくても相思相愛の夫婦がいる。
それらを抵抗なく読ませるとは、著者の腕はたいしたもんです。
週刊新潮の連載だそうです。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月26日 (木)

この世の春(上)

「この世の春(上)」宮部みゆき 新潮社
主君押し込め、藩主を廃して新しく藩主を迎え入れる。
時々人格が変わる。子供になったり、女になったりする。
居城で異変が起きるのならともかく、江戸城内で異変が起きると、藩が取り潰しになる。
主人公は新しい藩主ではなく押し込められた藩主の方なのだ。
山の中に藩主の別邸、五香苑がある。そこに座敷牢を組んで押し込められた。
前藩主の世話を各務多紀が命じられた。
御霊操(みたまくり)の一族なのだ。
あの世の霊を呼び出すのだが、藩主の人格が変わるのはどこかの霊があやつられているのではないか、お話しとしては傍流のお話し。
下巻に続く。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月25日 (水)

バズる

ネットで、発言に対して、賛成があったり、反対があったり、にぎやかな状態になることを指すのだそうです。
この用語、ずいぶん昔から存在しているのだそうです。
でも、わたしがこの言葉を知ったのはごく最近です。
どこで知ったのだろう。
2チャンネルなどのサイトには近づかないようにしています。
近付かなくても、そのあたりから漏れ出たものなのでしょうかね。

もともとの出典は、英語の buzz から由来していて、蜂がブンブン飛ぶ様子を指すとあります。
ははぁん、オノマトペなのかい、擬声語・擬態語なのかい。

広島ブログ

2018年7月24日 (火)

蛍は英語で firefly

たまたま知りましたが、蛍は英語で firefly と言うのだそうです。

ハエ=fly
トンボ=dragonfly
ホタル=firefly
チョウチョ=butterfly
英語では、ハエもトンボもホタルもチョウチョも同じ仲間なんですね。

dragonfly、firefly は成り立ちが想像できます。龍のような虫、火を持つ虫。
butterfly、バターの虫がどうしてチョウチョと呼ばれるのか、理解できません。
butter て、あの乳製品のバターだよねぇ。

他にももっと fly 一族のメンバーがいると思うのですが
教えていただけませんか。

広島ブログ

2018年7月23日 (月)

ブチ切れ、プチ切れ

ブチ切れ、プチ切れ
フォントが潰れて見分けがつかない
buchikire puchikire
濁音、半濁音の違いです
カンカンに怒っているのか、ムッとしているのか
見かけはそう見えます、内心のことは分かりませんがね

広島ブログ

2018年7月22日 (日)

言うまいと思えど今日の暑さかな

言うまいと思えど今日の暑さかな
 
You might think but today's hot fish
 
類似例にこんなのがあります
 
言うまいと思えど今日の寒さかな
 
You might think do today's some fish
 
採点すると
寒さかなのほうがバカバカしさが優れていて、寒さかなの勝ち

広島ブログ

2018年7月21日 (土)

砂の家

「砂の家」堂場瞬一 角川書店
この小説、刑事ものではありません。新聞記者ものでもない。スポーツものでもない。
普通のサラリーマンの大変な事件です。
もとを言えば、10歳の時、父親が妻と娘を殺し、刑務所に入った。
残された少年は、人殺しの子、と爪弾きされ、いじめられて育った。
ふとした成り行きで、新興外食王の目に留まった。
社長は助けてくれた。
そこからは社長の恩顧に報いるのが人生の目的になった。
社長の過去のあれこれが恐喝の対象になった。
最初の読み始めが、重いお話しだな、読み終わって、やはり重いお話しだな。
読まずに避けたほうが安全かもしれません。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月20日 (金)

やっと電波時計がシンクロしました

我が家に、電波時計が三つあります。
腕時計が1個、卓上の置時計が2個
PCも電波時計と見做すなら、さらに2個。
ひとつの時計が約2分、遅れて時刻をしめします。これは10年来遅れたままです。
その時計がなんと、他の電波時計と同じ時刻を示すようになりました。
年月日時分秒までシンクロしています。
あまりの変化に驚いています。
たぶん、机から転げ落ちたとき、どこかのボタンを打ったのだろうと思います。

もうひとつの卓上の置時計ですが、電池を交換しました。
電池を交換すると、正しい時刻を示すまで、何日かかることやら。
過去の経験では、諦めて放っといて一週間、いつの間にか正しい表示になっていました。
年月日時分秒、今は全部狂っています。
表示で信じられるのは、温度、湿度だけです。
電波を受信するのですが、いつアジャストするのか、これは完全に時計任せです。
いつまでも時計任せでは、正常になるのはいつなのか、全然わかりません。

堪りかねて、窓際に置きました。そしたらすぐに受信が完了しました。
今までは電波の流れが微弱だったのだ。
窓際なら濃密な電波が流れているのだ。
現在は、年月日時分秒、正常な値を示しています。

広島ブログ

2018年7月19日 (木)

NHKアナウンサー酒匂飛翔

NHKニュース[おはよう日本]でスポーツを担当しているアナウンサーの酒匂飛翔のことですが
さこうあすか、と読むのだそうです。
神奈川県の酒匂川は、さかわがわ、と読み、さかわ、さこう、音便変化するのはよくあることです。
飛翔を、あすか、と読むとは想像も出来なかった。
検索で調べて、へぇぇ、と驚きました。
-----
酒匂、半端ないってもぅ!

飛翔、ほんまに半端ないって!

飛とか翔とかめっちゃ書いてあるもん!

あんなん[ひしょう]とか読むやん普通!!

そんなん読む?

言っといてや…[あすか]と読むんやったら…

(大迫半端ない、の流行語に便乗しました)
------

広島ブログ

2018年7月18日 (水)

赤羽橋駅

赤羽橋駅と聞くと、京浜東北線の赤羽駅を真っ先に思い浮かべます。
違った。
港区で、都営大江戸線で、麻生十番駅と大門駅の間にある駅なのだそうです。
もう何十年も東京には行っていない。
赤羽橋駅と赤羽駅とは、似ていても、立地条件は大違いなのを知りました。

広島ブログ

2018年7月17日 (火)

この閲覧履歴、消えてしまわないものかね

人気ブログランキング、にほんブログ村、広島ブログなど、いろんなブログ集があります。
その中で、今まで読んでいたものが、どうも肌合いが違うな、もう読むのをやめよう。
そういうものがあります。
閲覧履歴で、黒く浮かび上がっているので、ついつい無意識にクリックしてしまう。
そうしたくない、そこだけの閲覧履歴を消す方法は何かないものでしょうか。

ありますよ、全部の閲覧履歴を消してしまえばええ。
いや、それは困る。一つか二つの閲覧履歴を消したいのですよ。
それは無理なんじゃないの、全部消して、改めてひとつづつ拾い上げるしかないのじゃないの。
もう巡回する気にならないブログの名前をメモしておきます。
覚えのあるブログだけ拾い上げればよろしい。
メモにあるブログだけクリックしなきゃよろしい。

広島ブログ

2018年7月16日 (月)

自転車のサドルに腰かけているのに

自転車のサドルに腰かけています。
くたびれてくると
サドルから下りて、どこかに腰かけて休みたくなります。

サドルに座っているのと、自転車から下りて腰を下ろして休むのと、どこが違うか。
サドルに座っているのは全然休みになっていないということなんでしょうね。

座ってスポーツする類似のものに、ボート、カヤック
水に浮かぶものは降りて休憩するわけにはいかない。
ただし、自転車は停まれば降りるしかないが、ボート、カヤックは浮かんだまま休憩できる。

とまぁ、こんなことを取り止めもなく考えています。

広島ブログ

2018年7月15日 (日)

荒神

「荒神」宮部みゆき 朝日新聞出版
「三島屋変調百物語」の「おそろし」「あんじゅう」などの幽霊・お化けのお話しかと思って取り付いたが
怪物のお話しだった。
永津野藩、香山藩の間に確執があって、藩の境に大平良山がある。
そこに怪物が現れる。
両藩の人物が大勢出て来るが、巻頭に主な登場人物表がある、それに頼らずとも、これは誰、と判定できる。
キーは、怪物が誕生したいきさつで、人間の悪意・妬みなどが元になっている。
お化けの話は怖いが、怪物のお話しは怖くないです。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月14日 (土)

変幻

「変幻」今野敏 講談社
潜伏捜査がテーマです。
もちろん、潜伏捜査は禁じられていますが、密かに実行されています。
半グレが殺されました。捜査一課は所轄と捜査に当たります。
捜査一課と所轄のさや当てがひとつの柱、これは読んでいて面白い。
同期の女性警官が監視カメラに写っているのを見つけます。
このままでは、潜伏捜査中に犯罪に加担したとみなされます。
もう一人の同期に助けを求めます。
表向きは懲戒解雇ということで、公安の手助けをしているらしい。
犯人検挙と同期の救出が結びついています。
同期の二人が同期の窮地を救う、という麗しいお話しです。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月13日 (金)

こういうパンクもあります

自転車がパンクしていました。
使おうとしたら、タイヤがぺっちゃんこでした。
チューブを換えて修理完了しました。
パンクしたチューブを水に漬けてパンク穴を探しましたが
パンクしている形跡がない。
たぶん、バルブをしっかり閉めてなかったのだろう。
ポンプで空気を詰めたとき、バルブを締めてなかったのだろうなぁ。

あったりまえじゃん、基本の基じゃないか、あんた、何を寝ぼけたことを言っているの。

そう、そうなんですがね
水に漬けて空気漏れを探して、どこにも空気漏れがないとわかった、その時
その肩透かし感、脱力感は、わかってもらえますかね。

----共感してはもらえないか、はい、まぁ、こんな間抜けなこともあるんですよ。

広島ブログ

2018年7月12日 (木)

けんもほろろ

つっけんどん、けんつくをくわす、と同じ意味ですが
どうして、これが無愛想・不機嫌の言い回しなんでしょうね。

世渡りであちこち痛い目にあった結果、学習するのですが
けんもほろろ、とはなんのこっちゃい?
つっけんどん、とはどういうこと?
けんつく、とはなあに?
そもそも、けん、てなんでしょうね?

少年よ、世の中には学ばなきゃならないことがいっぱいあるのだよ。
知らないで済ませようとしても、それじゃ通らないことがいっぱいあるのだよ。

広島ブログ

2018年7月11日 (水)

三次市三和町、大力谷を行くも、山抜けで通行止め(自転車篇)

起点から広域基幹林道をだいぶ進んできた。
山腹を切り裂いて、土留めに蛇篭を設置してある。蛇篭に覆われていないところでは山抜けを起こしている。大したことない、小規模なもんだよ。
あらま、激しい山抜けを起こしている。倒木と大量の土砂で道は完全に塞がれている。
わたしだけなら樹の間をすり抜けて前に進むこともできるが、自転車を担いでここを抜けるのは不可能なことだ。
ここから先には進めない。しゃぁない、引き返すことにしよう。
大水害が起きたのに、自転車で巡ってみようなんて、バチアタリなことだったのかなぁ。まぁ、それはそれ、自粛してばかりいては息苦しいものね。それぞれが自由に振る舞ってええのだと思うよ。
さぁ、帰ろうか。
今度は下りばっかり。大力谷の出会う人毎に、山抜けでこの先は塞がっていますよ、行き止まりですよ、と教えてあげる。大きなお世話のようだが、何かの足しになればええのだと思うからね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

広島ブログ

2018年7月10日 (火)

グルジアがジョージアに

呼び名がグルジアからジョージアに変わりました。
まだまだ慣れないなぁ。

ジョージアと聞くと、コカ・コーラを真っ先に思う。
缶コーヒーを真っ先に思い浮かべる。

ジョージアの国内の人にはわからないだろうが
ジョージアの在日大使館の人には判ってもらえると思うよ。

広島ブログ

2018年7月 9日 (月)

執行役員がどうもなじめない

商法の規定では取締役の責任は定められています。
執行役員は商法の規定にはない役職です。
ましてや
CEO、COO、CFO
何度解説を読んでも、理解できていません。

税法では、取締役と経理部長は罪に問われます。
経理部長は、取締役でなくても、執行役員でなくても、法人税申告書にハンコを押した瞬間から、矢面に立つことを覚悟しなきゃなりません。
各種法令では、執行役員が罪に問えると規定があるのでしょうか。
そういう改正が国会で審議されたとは覚えがありません。
世間の現実に法律が追い付いていないように思えます。

広島ブログ

2018年7月 8日 (日)

所見なし

健康診断で、所見なし、と書いてあります。
真意は、異常と指摘するところがない、ということだそうです。

パッと見たところ、頭に浮かぶのは
見るべきところが何もない、コメントのしようがない、このように受け取れます。

所見なしはマズイでしょう、異常なし、このように変えてほしいもんです。

異常なしと言い切ってしまうと、医療訴訟が怖いのですかね。
怖いから、所見なし、とこんにゃく問答のような健康診断になるんですかね。

広島ブログ

2018年7月 7日 (土)

俺はエージェント

「俺はエージェント」大沢在昌 小学館
ソ連が崩壊して以来、スパイ業界は休眠に入ってしまいました。
アルファというスパイの連合組織が出来て、対抗するために、オメガという組織が出来ました。
どっちも休眠に入っています。
コベナントが発動されました。
70歳80歳の老人のスパイたちは動き始めます。
日本の公安も老スパイたちに監視を張り付けていました。
戯文ではありませんが、状況はじゅうぶんに戯文です。
語り口はギャグではないが、最初から終いまで、ギャグと言えばギャグです。
読んでいて、思わず知らず、くすくすと笑ってしまいます。
作家は、あの新宿鮫の大沢在昌ですよ。こんなハチャメチャなお話しを繰り広げるとはびっくりです。
あとからあとから登場人物が増えて行きます。
整理しきれないまま読み続けていきます。
絵巻物を広げているような気がするなぁ。
最後は、納まるところに収まって、伏線は全部回収されたんでしょうね。
やめられない、とまらない、〇っ〇え〇せ〇、というCMがありましたが
ほんま、とまらない、次々とページをめくりたくなります。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月 6日 (金)

パソコンが遅くなったら重くなったら

チャイナ関係のページがなかなか開かない。
そんな時は、システムやレジストリにゴミが溜まったのかも。

Advanced SystemCare 11 Free
CCleaner Free

こういうフリーソフトがあるのを知りました。
評価を訊いてみると、絶賛あり、酷評あり
どうしようかな、導入するのはやめにしました。

そこまで大袈裟なソフトを導入しなくても
単純に、キャッシュや Cookie を削除するだけで、目的が達せられるようです。

どうして重いのか考えてみました。
内容が重いわけじゃない。サーバーに負荷が掛かり過ぎてるわけでもない。
ただ単に、広告が多過ぎるのだ、あまりにもたくさんぶら下げているからでしょう。
公告に足を引っ張られて、本末転倒の事態に陥っているからでしょう。

わたしのPCの能力不足じゃないようです、開こうとするページのせいなのでしょう。

広島ブログ

2018年7月 5日 (木)

チャイナ関係がなかなか開かないので

Searchina、RecordChina など、中国関係のページがなかなか開かないのでイライラします。
〇接続を確立しています
〇リクェストを処理しています
〇何々を待機しています
などのコメントが出て、なかなかページが開かない場合があります。たまにじゃないよ、ちょいちょいあります。

これは Chrome での場合ですが
なかなか開かないページに出会ったら
-----
画面右上の黒丸三つのマーク、Google Chrome の設定のアイコンをクリックします。
画面右上のその他アイコン をクリックします。
[その他のツール] [閲覧履歴を消去] をクリックします。
上部で期間を選択します。 ...
[Cookie と他のサイトデータ] と [キャッシュされた画像とファイル] の横にあるチェックボックスをオンにします。
-----
期間を選択するのに、最初に出ているのが1時間以内となっていますが、とりあえずは、このままでええでしょう。
結果、ページが開くのを、これまで長いこと待っていましたが、すぐに開くようになりました。
解決したのはこのページだけです。
次のページがなかなか開かなければ同じ動作を繰り返します。
-----
Chrome などのブラウザを使用すると、ウェブサイトの情報がキャッシュや Cookie に保存されます。こうしたキャッシュや Cookie を消去すると、サイトの読み込みや表示形式に関する問題の一部が解決します。
-----
という解説がありました。

これは Chrome での解決方法、他のブラウザにもそれぞれ解決方法があるはずです。

広島ブログ

2018年7月 4日 (水)

安芸高田、向原、平畝山2、今度はちゃんと

ここまで来れば、今までの急登の尾根からは解放される。ゆったりと登り下りの尾根道を歩けばよろしい。
強風で根こそぎ倒れそうになって、危うく踏み止まって樹の根元が浮き上がっているのがある。前回はここまでだったのだ。
ここで昼食にして、時間切れで引き返したのだ。今日は時間に余裕があるぞ。頂上目指して進んで行こう。
尾根道には獣のぬたばがある。ここで水浴びしてダニなどの虫を落とすのだ。
分水嶺の看板がある。陰陽分水嶺の看板は、神石高原町の龍王山で見たことがある。中国山脈の脊梁部が分水嶺なのは当たり前です。こんな南で分水嶺というのが光るのだよねぇ。
軽く鞍部に下って登り直す。鞍部と言っても単なるアクセントです。大したもんじゃない。
尾根の平坦な部分には古い杣道が残っている。樹冠が占拠されて日光が林床まで届くのが乏しい。種子が芽を出せないので林床には草木が生えていないのだ。
道はカーブしながら進んで行く。植林に沿って進むのだよ。久しぶりに植林に出会う。
リボンが見えている。前回途中で引き返したが、その引き返し地点の前にもリボンがあった。今度のリボンは予告のリボンだよ。頂上が近いという予告なのだよ。
ここが平畝山三角点、三角点の標石にチップが埋め込まれている。ここは埋め込み作業が終了しているのだ。
山頂広場には、分水嶺広島山稜会のマークがある。ははぁ、東側は大土川から三篠川を経て太田川に注いで瀬戸内海、西側は戸島川から可愛川を経て江の川に注いで日本海。分水嶺だねぇ。
ゆっくり弁当を食べて引き返すとしようか。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクからお出で下さい。

広島ブログ

2018年7月 3日 (火)

おじぎ、ごあいさつ

おじぎは、お辞儀と書くべきですね、辞儀と書いたら通用しない
ごあいさつは、挨拶と書くべきですね、ご挨拶と書いたら、摩擦を起こす場合があります

尊敬語の、おの字、御の字、ただ単に敬称ではないのです
ヒネリを効かせて、貶める使い方もあるので、要注意です

広島ブログ

2018年7月 2日 (月)

6月に読んだ本

先月は異様に少なかったです。
別に読めない環境じゃなかったのにね。

 

6月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1086
ナイス数:90

新選組の料理人新選組の料理人感想
菅沼鉢四郎という浪人がいる。もののはずみで新選組に入った。剣の腕を買われたわけではなく、料理人として入ったのだ。士道不覚悟、危うく切腹の寸前まで行った。鉢四郎は語り手なんですよ。壬生の屯所の頃から、西本願寺の時代、大坂に屯所を構えることもあり、都の土居の果てに不動堂村がある。そこに屯所を移すことにする。その頃になると、大政奉還、王政復古、もう新選組は解散することになる。新選組の勃興から解散まで、台所の料理人の視点からの通史です。菅沼鉢四郎とは実在の人物なんですかねぇ。門井慶喜創造の狂言回しかもしれません。
読了日:06月30日 著者:門井慶喜

 

国会議員基礎テスト国会議員基礎テスト感想
政治家三代目のぼんぼん議員がいます。そこへ、政策秘書として採用された。議員はぼんぼん過ぎて役に立たないじゃないか。蹴落として選挙区を奪おう。テレビの企画で、不意打ちで試験問題を出す、その結果、落第点だった。与党幹部から問題にされて議員辞職した。その補欠選挙で、政策秘書が当選した。このように紹介すると、善玉が政策秘書で、悪玉がぼんぼん議員のように見えますよね。ここから波乱が始まります。かの新議員は、選挙の前に国会議員基礎テストを実施することを政策として打ち出した。幹部の不興を買って、離党を余儀なくされた。
読了日:06月20日 著者:黒野 伸一

 

テーラー伊三郎テーラー伊三郎感想
主人公、高校生津田海色(アクアマリン)、副主人公、テーラー伊三郎、アクアマリンの母はエロ漫画家で、アクアマリンは背景を描かされている。アクアマリンは古いテーラーの店の中にコルセットがマネキン台に飾ってあるのを見つけた。解る。西洋貴族の漫画の背景を描いているので、このコルセットが忠実に再現されているのが解る。このコルセットを一着だけ置くのではなく、何着も店頭に飾ることを提案する。ここからは怒涛の展開です。写真店、美容院、医者、刺繍職人、みんな老人ばっかり、応援を頼んで突き進む。結果、ハッピーエンド。
読了日:06月06日 著者:川瀬 七緒

読書メーター

広島ブログ

2018年7月 1日 (日)

あなた[ほぼほぼ]に出会いましたか

----
まぁまぁ、ええじゃないか
またまた、なにをおっしゃることやら
----
これらと同じく、ほぼほぼは重ね言葉です。
ほぼは、単独で通用しますが、ほぼほぼと、重ねて言うことで印象を強調します。

書き言葉としては、定着していません。
話し言葉です。
いくら話し言葉でも、公式な場で使うと、場違いだと白い目で見られます。

数年前から出回っていることは伝わっていましたが
わたしの周辺には若者がいません。
出会うことも、聞くこともありませんでした。

始めて耳にしたのは
横綱稀勢の里がインタビューで怪我の状態を聞かれて
[ほぼほぼ治っています]
へぇっ、テレビのニュースで、始めて聞いた。この耳で聞いた。
横綱稀勢の里が語るほどに世間では流布しているのだ。

その後はどうかって?
聞きませんねぇ、ほぼほぼ無縁の日常です。

で、あなた
[ほぼほぼ]に出会ったことはありますか。

広島ブログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30