無料ブログはココログ

« 変幻 | トップページ | 自転車のサドルに腰かけているのに »

2018年7月15日 (日)

荒神

「荒神」宮部みゆき 朝日新聞出版
「三島屋変調百物語」の「おそろし」「あんじゅう」などの幽霊・お化けのお話しかと思って取り付いたが
怪物のお話しだった。
永津野藩、香山藩の間に確執があって、藩の境に大平良山がある。
そこに怪物が現れる。
両藩の人物が大勢出て来るが、巻頭に主な登場人物表がある、それに頼らずとも、これは誰、と判定できる。
キーは、怪物が誕生したいきさつで、人間の悪意・妬みなどが元になっている。
お化けの話は怖いが、怪物のお話しは怖くないです。

読書メーター

広島ブログ

« 変幻 | トップページ | 自転車のサドルに腰かけているのに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変幻 | トップページ | 自転車のサドルに腰かけているのに »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31