無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

デートクレンジング

「デートクレンジング」柚木麻子 祥伝社
デートクレンジングとは、アイドルグループの名前なんです。
佐知子と実花は大学で同級だった。
佐知子は結婚し、実花はアイドルグループのマネージャーをし、共に三十半ばになった。
アイドルグループは解散し、片や妊活に、片や婚活に励んでいる。
こんなお話し、男のわたしが面白がるとは思わないでしょう。
ところが、面白い。アイドル業界のあれこれが語られる。
男社会に楯突く女の反発が聞こえてくる。
婚活の細々したやりとりが聞こえてくる。
当然、女性受けするネタなんですが、男でも、思わず知らず、引き込まれてくる。
知らない世界を覗くようで、そういうことは知らなかった。

読書メーター

広島ブログ

2018年8月30日 (木)

はぐる、めくる

スカートの裾
書類のページ

それぞれを、はぐる、めくる、わけですが
めくる、中立的なんですよ、動作を伝えているだけ
はぐる、語感は猥雑なんですよ、田舎臭いというか、古語の感じがある

会議中や、文章の中で、はぐる、に出会うと、その前後が一挙になまなましくなる、破壊力ありすぎ
これ、わたし個人の感覚ですがね、同意していただけるかしら

広島ブログ

2018年8月29日 (水)

宍道湖一周、残った部分の西岸を行く(自転車篇)

宍道湖一周、一周するには、あとわずかの部分が欠けているんですよ。もうちょっとなんだがな。
よし、行こう。欠けている部分を補いに行こう。
出雲縁結び空港に到着、米子鬼太郎空港、鳥取砂丘コナン空港、隠岐世界ジオパーク空港、と並んでキラキラネーム空港です。もうひとつ、萩・石見空港があるが、ここだけ名前が平凡ですねぇ。
搭乗口に近い駐車場は満杯だし、停めても迷惑だろうし、一番離れた東駐車場に停めることにする。
いざ、出発。飛行機も、羽田行きのJAL便が滑走路の端で向きを変えようとしているところです。あっと言う間に飛び立ってしまった。
適当なところで、大通りから道を外れて堤防のほうへ向かう。堤防の前に溝川があって、右岸集水路、右岸機場橋とある。
機場とは中国での名前じゃないか。大陸、台湾、香港、どこも機場と呼んでいる。日本では、普通、飛行場と呼ぶのだがな。あ、そうか、ここは中国地方だったな。
堤防に登ると、五右衛門川の河口、川の水面より干拓地の水面が低いように思えるがね。だから、堤防沿いに水を集めて、要所要所でポンプで堤防の内側へポンプで汲み出すのだろうな。
五右衛門側の水門があって、この水門は立入禁止、その隣に渡る橋がある。橋の名前は無名、なんにも表示が無い。
橋を渡って、五右衛門川の左岸には道がないようなのですよ。あるとしてもクリークに阻まれる場合があるので、干拓地の真ん中を進む。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは出だしの部分、ここから先は全体の姿を読んでください。
下のリンクをタップすると、飛んでいきます。

広島ブログ

2018年8月28日 (火)

シャネラー、アムラーに続いて

シャネラー、アムラーがまず先にあります。
そうか、ラーと付ければええんだ。
続続と、ラーと語尾に付ける流れが誕生しました。
マヨラー、自転車ラーなど。
ラーがそもそも間違いのもとなんだがね。
マヨネーザー、あるいは、マヨネーズ・ラバー、サイクリスト、こうじゃありませんか。

話し言葉としては、この間違いをどうやっても取り繕いようがないが
書き言葉なら、マヨ+er、自転車+er、こういう表現で留めませんか。

広島ブログ

2018年8月27日 (月)

大江戸知らないことばかり

「大江戸知らないことばかり」NHKスペシャル「大江戸」制作班 NHK出版
副題に、水と商と大火の都
三回にわたって放送したNHKスペシャルのリライトです。
やはり放送で見たかったな。テキストだけでは伝わるものが少ない。
ここ最近のこと、江戸始図が松江で発見された。江戸ではなく松江藩の所蔵から見つかった。
水運を最初に組み込んだ町づくり、神田上水、玉川上水などで水道を江戸に引き込んだ。
鰹節問屋「にんべん」の記録から商家の盛衰が判る。
三井越後屋の記録も公開されている。
江戸は火事の町、誕生から明治維新まで何度も大火に襲われている。
火事に備えて、土蔵だけではない、地下蔵が活躍した。
建築で基礎工事を掘るたび、たくさんの地下蔵が発掘されている。
面白いですよ。テレビでビジュアルで見たならもっと面白かったろうになぁ。

読書メーター

広島ブログ

2018年8月26日 (日)

轍のバージョンを下げました

地図での表現のことなんですがね、わたし、フリーソフトの轍も使っています。
轍での基準とする地図をオープンストリートマップを使うように変更しました。
わたしのページで最新の戸郷山篇、オープンストリートマップが選択肢にあります。
意に沿わぬ表現です。
わたしの意図は、やはりグーグルマップを使いたい。
轍のバージョンを下げました。
v.3.92 から v.3.83 に下げました。
最新バージョンは 4.20 です。
轍としては、最新バージョンでは、グーグルマップを廃して、オープンストリートマップに沿って展開しています。
わたしは、バージョンを下げたことで、オープンストリートマップを使っているという表現は消しています。
最新の戸郷山篇には数日間はオープンストリートマップの痕跡がありましたが、消去しました。

なんでオープンストリートマップを毛嫌いするのか。
それはね
写真のExif 情報、とりわけ時刻表示が、わたしの場合、オープンストリートマップに全然マッチしない。噛み合わないのです。
グーグルマップなら、時刻表示がうまくシンクロするのです。
時刻があえば、緯度・経度・高度などが地図から引き出せる。
地図と写真の親和性でグーグルマップを選びました。

広島ブログ

2018年8月25日 (土)

赤い風

「赤い風」梶よう子 文芸春秋
いつもの江戸市井ものから武蔵の国川越藩を舞台にしています。
武蔵野台地は萱を刈り、まぐさを集め、争いが絶えない。
境界がはっきりしていないせいだ。
国替えがあって、柳沢保明(のちに吉保)が川越藩の殿様になった。
武蔵野台地を短冊状に切り分けて百姓を入植させることにした。
大部分が開墾の経過を描いている。
悪党もいないわけじゃなく、博打に誘い、土地を取り上げる、その程度の悪党。
なんでしょうね、なんということのない日常を描いて、めちゃめちゃ面白い。
開墾・入植の日常などあまり知ることもない。
驚きもあるし、そういうもんだろうなぁと納得する部分もある。
題名の赤い風とは、冬には、空っ風が赤い土を巻き上げて、赤い風が吹く、そこから来ている。

読書メーター

広島ブログ

2018年8月24日 (金)

PCの電源が切れなくなりました

左下のウィンドウズマークですが、電源を切ろうとして、右クリック、左クリック、何をしても表示が出なくなりました。
しょうがないので、モニター画面に頼らず、キーボードの右上のPC電源で無理やり切りました。
再び電源投入、その後異常事態がいろいろ起こっています。
〇左下のウィンドウズマークが効かない。
〇マイクロソフトエッジ、起動させようとしても、[explorer.exe システムコールに失敗しました]、起動できず。
〇Alt+Tab のソフトの切り替え、効きません。
うぅむ、困ったぞ。

Ctrl+Alt+Delete このモニター画面で右下を見ると、電源マークが見えます。
これだ。電源マークをクリック。シャットダウン。

次に再起動すると
〇ウィンドウズマークが有効。
〇マイクロソフトエッジ、ちゃんと起きます。
〇Alt+Tab ちゃんと効き目あり。

なんだったんでしょうね。
ウィンドウズマークの機能を失ったのが疑問、深ぁい疑問。
電源の切り方で、Ctrl+Alt+Delete この段階で右下を見ることを思いもしなかった。盲点でした。

途中でトラブルがあっても、ちゃんと手順を踏んで電源を切れば、トラブルの影響から逃れられる、のでしょうね。
次のトラブルに備えて、ここにメモしておきます。

広島ブログ

2018年8月23日 (木)

戸郷山、地図と現地がアンマッチ、諦める

しゃぁないなぁ、引き返すしかしょうがない。
さっきの最後の民家でお年寄りが待っていた。
よぅ登れませんでした。いやぁ、道がない。地図と全然違っていますね。
昔はのぅ、道があったんよ。わしが若いころ消防団におったんよ、おばあさんが行方不明になってのぅ、手分けして探してのぅ、あの道で見つけた。死んどった。今でこそ道がないが、昔は確かにあったんよ。
地図にね、アンテナ、通信塔のシルシがありますよね。そこへの取り付け道路はどこにありますか。
あのアンテナは撤去した。今じゃぁ、はぁ、無いよのぉ。道も塞がってしもうたのぉ。
川の対岸に道が見えてますよね。あの道は今でも使えますか。
時期が悪い。こがぁに草が繁っとる時にはどうにもならん。来るんなら冬に来んさい。冬なら楽に歩けるけぇ。
ありがとうございましたぁ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクをタップしてください。

広島ブログ

2018年8月22日 (水)

爆身

「爆身」大沢在昌 徳間書店
ボディガード・キリのシリーズです。
シリーズの前作は獣眼、なんとなく覚えている。
ボディガードを依頼され、始めて遭う目の前で焼け死んでしまった。
呪殺される、焼き殺される、それをガードしてほしいという依頼だった。
呪殺をかけるのは結跏社という宗教団体だった。
念動力(パイロキネシス)に興味を持ってアメリカ海兵隊が介入して来た。
人間を爆死できるなら、兵器になる、そういう意図だった。
やくざ、政界、警察にもコネがあるフィクサーが登場したり、登場人物は豊富にある。
広げ過ぎた関係者を最後にキュッと抑えてしまう、事件を解決してしまう。
面白くしようと広げたお話しです。
チャンと効果的に面白い。

読書メーター

広島ブログ

2018年8月21日 (火)

ベンジャミン・フランクリン

米ドルの100ドル札に肖像のあるあの人ですが

ベンジャミン・フランクリン
フランクリン・ベンジャミン

どっちだったかな。
姓・名・どっちにも通用しそうな名前だから迷うのです。

たいら きよもり
きよもり たいら

姓はきよもり、名はたいら
こんな人に出会ったとしたら、戸惑うでしょうね。

広島ブログ

2018年8月20日 (月)

Windows の更新状態が失敗続き

時折り調べては、ガッカリしていることがあります
-------
左下のウィンドウズマークを右クリック
設定
更新とセキュリティ
Windows Update 更新状態
-------
更新プログラムのインストール履歴を表示
ここをクリックしてみると、[インストールが失敗しました]
このオンパレードです、ズラズラズラズラ
この状況は今年の春からずっと続いています

次の大更新プログラムの公開を待つことにします
ひょっとして、前の段階をクリアしなければ、次に進めないのかしら
そこは思いやりを持って、前の更新もカバーするプログラムを考えてちょうだいよ

広島ブログ

2018年8月19日 (日)

密告はうたう

「密告はうたう」伊兼源太郎 実業之日本社
警務部人事一課監察係の佐良は行確(行動確認)を命じられた。
行確の対象は、元同僚の皆口菜子だった。
監察に密告があった。
皆口が現在配属されている運転免許試験場での免許証データを密かに売っている、というものだった。
行確で尾行して行くと、捜査一課にいた当時、殉職事件があった関係者を訪ねているのが解った。
まるでビリヤードの球が転がって行くような展開なのだ。
監察の仕事は警察官の不正を取り締まること、警察官一般からは忌み嫌われる仕事なのだ。
追い詰めていくうち、殉職事件に発端があることがわかってくる。
刑事畑の警官から監察の警官として見事に仕上がってくる、というお話しです。

読書メーター

広島ブログ

2018年8月18日 (土)

宇喜多の捨て嫁

「宇喜多の捨て嫁」木下昌輝 文芸春秋
宇喜多直家、秀家という親子がいる。
この小説は、宇喜多直家を語っています。
織田家で織田信長が家督を確立させたように、同時代に備中備前美作の地で宇喜多がうごめいていました。
国主は浦上家だが、謀反、降伏、ひとかたならず、混沌としている。
宇喜多家を語る6篇の短編集なのだが、おお戦の語りはなく、どれも小競り合いの戦い。
仕物、調略の語りが多い。
どうやら、備中備前美作の地は宇喜多家に収束して行く気配で小説は閉じている。

読書メーター

広島ブログ

2018年8月17日 (金)

今度こそ、グーグルマップの変化に追随しました

前に[地図のエラーを解消しました]と発信しましたが、実は解消していなかった。

グーグルマップの対応がどんどん変化しています。
2013年の8月からの過去のページについてですが
8月13日の段階ではエラー無しで開くのを確認しています。
夜が明けると、エラーになっていました。

わたし、グーグルマップのAIPキーをふたつ持っています。
昔に得たキーは、支払のことには触れていません。
最近得たキーは、クレジットカードと紐づけされていて、大量の閲覧があれば料金の請求があるかも。
グーグルだから押し切られても従わなきゃしょうがないが、弱小ソフトメーカー相手ならこんな契約は結びません。

ムービング・ゴールポスト

8月13日と14日の間にゴールポストを動かしたようです。
支払いが得られない昔のAIPキーを無効にしたのだろうと思います。

山登り篇で、145個
自転車篇で、109個

AIPキーを過去のものから現在のものに書き換えました。
これでやっと、エラーから解放されました。

グーグルマップからは事前に予告がありました。
予告はありましたが、どのように変わるのか、想像力が足りなかった。
大慌てに慌てましたが、対応することができて、よかった、よかった、です。

広島ブログ

2018年8月16日 (木)

ソニー損保をご存知ない

ソニー損保をご存知ない、ソニー損保をご存知ない
同じフレーズを二度繰り返すCMがあります。
それを見て、続いて連想してしまうのが

およびでない? およびでない? こりゃまたしつれいいたしました

松本白鴎と植木等、キャラは違いますよ。
ついつい連想してしまうのですよ。

およびでない、てなぁに。
あぁ、もう大部分の世代は知らないことなのだな。
こりゃまたしつれいいたしました

広島ブログ

2018年8月15日 (水)

笊と箕

竹製の道具なんですがね
名前が思い出せなくて、一生懸命思い出そうと頑張りました
半円、凹んだ板状の半切りの籠で、縁が巻いてあります
これを笊(ざる)という
その笊の縁が一部分途切れているもの
安来節のどじょうすくいで踊る小道具ですがね
これを箕(み)という
片手で持つものを箕(み)といい
両手で扱うものは唐箕(とうみ)という

がんばって思い出しました
確認のため、ウィキぺデヒも使いました

今はもう使うこともない道具ですがね
あれの名前は何だったかな
思い出せないところを、一生懸命に記憶から引き出すのが気持ちがええのです

広島ブログ

2018年8月14日 (火)

地図のエラーを解消しました

地図のソフトで、轍を使っていますがが、基盤とする地図をグーグルマップから他に替えました。
地図の表現でエラーと表示されます。
轍の方針には反して、わたしは基盤とする地図はグーグルマップを採用します。

手直し、手直し。
山登り篇で121個、自転車篇で118個、チクチクチクチク修正しました。
2013年の8月末頃、ソフトのバージョンが3.41から3.83にアップされていました。
バージョン3.83で編集したページは修正しなきゃなりませんが
バージョン3.41で編集したページは手直し不要でした。
やれやれ、助かったぞ。

これで、不細工なエラー表示はなくなりました。
エラーが出るとしたら、キャッシュを抱えているためです。
Ctrl+F5 で読み込んで、キャッシュに上書きしてください。

広島ブログ

2018年8月13日 (月)

厳格なパスワード

ホームページ原稿をサーバーに飛ばすには、FTPソフトを使います。
そのソフトで、FFFTP、わたしはこれを使っています。
ソフトを起動するには、パスワードを打ち込みます。
寝ぼけていたり、油断していたりで、キーボード打ち込みを失敗したとします。
------
指定されたマスターパスワードが登録されたものと一致しません。
再度入力しますか?
「いいえ」を選ぶと記憶されたFTPパスワードは利用できません。
------
「はい」を選んで、正しく打ち直すしかありません。
パスワード入力でこれほど厳格なものは他では知りません。

大概のパスワード記入で、間違えても再入力できるのが普通です。
「いいえ」を選ぶ選択肢があるとは際どいですよねぇ。

HPの乗っ取り魔が侵入したとします。
乗っ取りするわけでもなく、「いいえ」と回答して立ち去った。
この場合の回復はどのようにすればええのでしょうね。
自分のパスワードを入力します。当然、間違っていますと拒否されます。
何回か繰り返して、どうにもならないと観念します。
FFFTPを削除します。
あらためてFFFTPをインストールします。
これで使えるかどうか、イチかバチかのお試しですね。
もしも使えなかったら、違うソフトを頼るしかしょうがないでしょうね。

広島ブログ

2018年8月12日 (日)

歴史を鑑(かがみ)に

中国では「歴史を鑑に」と声高に語ります。
日本では「歴史を鑑に」と言われてもピンときません。

日本でも、昔は大いに尊重されました。
尊王攘夷明治維新の頃までは「歴史を鑑に」は金科玉条でした。絶対真理でした。
尊王攘夷が文明開化に粉砕されてからは、「歴史を鑑に」は存在価値を失いました。

「歴史を鑑に」これについては、日中、意識が共通することは、これからもないでしょうね。
歴史を冒涜していると中国は糾弾し、なに寝言言っているんだろうと日本は冷めきっています。
言いっ放し、聞き流しのまま、今後、交わることはないだろうと思います。

広島ブログ

2018年8月11日 (土)

地図表現で、轍のソフトを使っていますが

轍では、今までは地図にグーグルマップを使っていました。
グーグルマップが利用条件を変更したので、料金支払が発生するかもしれないとの惧れがあるので
轍としては、地図を、GoogleMaps API に代えて、オープンソース系のLeaflet API を採用しました。

先日の7月28日の高嶽山、7月31日の椋梨川源流、どちらも、HP作成の時には問題はなかったのですが
現在見ると、エラー表示となっております。
あぁ、やっぱり。轍で警告していた事態が起こりました。
過去にさかのぼって見ると、轍で作図したページは全部エラー表示になっております。

新しく轍の改良版を導入して、過去のページを全部書き換えようと思いましたが、大いに問題あり。
改良版では地図と写真の紐づけができないのです。
Exif情報、時刻も経度緯度も紐づけできません。

こりゃあかん、使えないがな、グーグルマップを利用することにします。
改めてGoogle Map AIPキーを申請しました。クレジットカードの契約も行いました。
無料でページビューが許されるのは、毎月28500ページビューまで。
わたしの場合、とてもじゃないがそこまで行くわけがない。
無料で利用できる範囲は毎月200ドル分まで、たぶん、ずっと無料でやって行けると思います。

ということで、轍の旧版をGoogle Map AIPキーに沿うように編集し直します。
とりあえず、7月28日の高嶽山、7月31日の椋梨川源流、これだけ、修正しました。エラー表示は消えました。
続けて明日から、過去のページに遡って手直しを行います。
時々覗いて、おぅ、ここまで手直しが終わったか、見ていてやってくださいませ。

広島ブログ

2018年8月10日 (金)

強国か、大国か

世界のトップの国々を称して
あるいは、ある分野のトップを称して
中国は強国と言い
日本は大国と言う
国によって、言葉の好みが違うのです

中国では、もともと面積・人口で大きいのだから、大国は当り前、あえて、強国と言いたいのでしょうね
日本では、富国強兵の政策で大負けに負けてしまって、強国には懲りている、大国ならOKなんでしょうね

それじゃぁ、ロシアは、アメリカは
いえいえ、そこじゃないのです

日本も中国も同様に漢字を使っている、同じ土俵で比較できるから、違いが目立つのです

広島ブログ

2018年8月 9日 (木)

民度を日本語に翻訳すると

民度、これは中国の常用語です。
中国で使われている言葉が日本に輸入されて使われています。

それでは、一昔前、昭和の年代ころにはどのように表現されていたか
文化水準
このような言葉で語られていました。
あるいは、国民水準

民度には、物差しの目盛りが感じにくい。
文化水準には物差しの目盛りが感じられます。
少なくとも、高低の度合いの差は感じられます。

日本語で使うのであれば、民度の用語は止めて、文化水準に戻しませんか。

広島ブログ

2018年8月 8日 (水)

宇喜多の楽土

「宇喜多の楽土」木下昌輝 文芸春秋
備中備前美作の太守、宇喜多秀家の物語です。
宇喜多家では殿の威光が行き渡っているわけではなかった。
毛利と領地の争いをしていた。
対毛利と対家中のため、家中への安堵状に豊臣秀吉の添え判をもらった。
のとのち、これが問題の種となった。
家中は、宇喜多家の属臣であり、豊臣家の直臣でもあり、非常に扱いづらい。
領土の安堵に代えて、宛行(あてがい)=俸禄で処遇する方式に変更した。
この時も、秀吉の添え判をもらって強行した。
朝鮮征伐から関ケ原、宇喜多からの目で見るのはなるほどの納得があります。
児島湾の干拓、干拓して流民を定住させる、そこが楽土となる。
お話しの底流にはそれがあります。

読書メーター

広島ブログ

2018年8月 7日 (火)

ガラスの別の言い方

ガラス
グラス
ぎゃまん
びいどろ

ギヤマン:【(オランダ)diamant;(ポルトガル)diamante】
ビードロ :【(ポルトガル)vidro】

耳で聞いて覚えるとは、こういうことなんですね。

広島ブログ

2018年8月 6日 (月)

レバーを英語で言うと

レバーを英語で言うと、liver と言います。
へぇ、ちょっと意外。始めて知った。

明治の職人英語では、耳から聞き取ったもので学びました。
レバーとは、コックから広まったのかもしれない。

ドイツ語では Leber だそうだから、レバーとは、医者から世の中に広まったのかもしれない。

広島ブログ

2018年8月 5日 (日)

テスラをテスラと読めますか

電動自動車のテスラですがね
目で見た瞬間、ステラと読み取ってしまいます
それは間違いだよ、とよぅく言い聞かせるのですが
やっぱりステラ、テスラとは読みません、あまり効果がありません

テスラとは、英語的には馴染みやすいとしても、日本語的には馴染みにくいのかしら
それとも、NHKの雑誌にステラがある、先発が完勝していて、後発を撃退しているのですかね

広島ブログ

2018年8月 4日 (土)

全部うそ、全部そう

全部うそ、全部そう、言葉の並びが違うだけで、真反対になってしまう
入力ミスはないとしても
間違い読み、錯覚読みはあるでしょうね

ジョセイガカガヤク社会
ジョセイガガヤガヤ社会

一目読みで読み取ったのだが、えらい大間違いで読み取ってしまいました

広島ブログ

2018年8月 3日 (金)

Google Chrome が重い・遅いの解消

前に、Google Chrome が重い・遅いと嘆きました。
解決策として、閲覧履歴の消去すればええと指摘しました。

画面右上の三点マーク、Google Chrome の設定ですが
その他のツール→閲覧履歴の消去
この作業、各ページページで乱発しても効果がありません。

Google Chrome のスタート画面、あるいは、スタートの次の画面で作業すれば全般に効果が出ます。

Google Chrome を一番多用するので、ゴミ、カス、などが溜まるのでしょうね。
他のブラウザではあまり遅いとは感じません。あまり使っていないからでしょうね。

広島ブログ

2018年8月 2日 (木)

椋梨川源流を行く、その3、プラス・三篠川源流(自転車篇)

椋梨川の源流と思える池がある。あるはずなのだが出会わない。池への小道があるはずなのだが、木陰を探すほうに神経が行ってしまっていた。おおむねこのあたりの左側に池があるはずなのだ。
登り詰めて、ここが分水嶺。椋梨川から沼田川、三篠川から太田川、どちらも瀬戸内海に注ぐ川だが、ここで分かれているのだよ。
この道はこのまま進めば、大力谷に繋がっている。前回、山崩れで通れなかった道なのだ。
細い道への分岐がある。ここは反転して引き返すように進んで行くのだよ。
たんぼを護るフェンスがある。獣除けのフェンスなのだ。おや、いた。シカが飛び出して山の中に逃げて行った。
谷の左岸を進んでいたが、思い直して、谷の中央の道に進んでみる。
十字路交差点、ここは重要ポイントなんですよ。知らずに通り過ぎてしまったが、ここは自転車を止めて周囲を観察すべきポイントだったのだよ。
谷の中央を進んで、左岸の道と合流する。おや、案内標識がある。豊栄飛行場←左へ、あらら、行き過ぎてしまったのだ。
引き返して先ほどの十字路ポイントまで戻る。よく見ると、豊栄富飛行場←0.5Km、と案内看板がある。さっきは完全に見落とししていたな。
アスファルト道ではなくセメント道を登って行く。坂道が急だから自転車を下りて押して歩く。
到着、今日は関係者がだれもいなくて、門が閉まったままだ。豊栄飛行場とは、山頂の飛行場で、滑走路300メートル、豊栄フライングクラブが所有して運営している。
門の看板を見ると、模型飛行機、ジャイロプレーン、ライトプレーン、そういう機体が飛んでいるものらしい。
門が閉まっているから入るわけにはいかないな。今日のところは帰るとしよう。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクをタップしてみてください。

広島ブログ

2018年8月 1日 (水)

アリジゴクの名前

昆虫にアリジゴクがいます。
正式名称は、ウスバカゲロウの幼虫です。
薄い羽根のカゲロウ、こういう意味の命名ですが
薄馬鹿下郎
このように脳内変換してしまいます。
ウスバカゲロウは薄馬鹿下郎に上書きされて、元の名前に戻れなくなってしまいました。
考えてみると、アリジゴクの名前に相応しいのは、薄馬鹿下郎のほうかもしれません。

広島ブログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31