無料ブログはココログ

« PCの電源が切れなくなりました | トップページ | 轍のバージョンを下げました »

2018年8月25日 (土)

赤い風

「赤い風」梶よう子 文芸春秋
いつもの江戸市井ものから武蔵の国川越藩を舞台にしています。
武蔵野台地は萱を刈り、まぐさを集め、争いが絶えない。
境界がはっきりしていないせいだ。
国替えがあって、柳沢保明(のちに吉保)が川越藩の殿様になった。
武蔵野台地を短冊状に切り分けて百姓を入植させることにした。
大部分が開墾の経過を描いている。
悪党もいないわけじゃなく、博打に誘い、土地を取り上げる、その程度の悪党。
なんでしょうね、なんということのない日常を描いて、めちゃめちゃ面白い。
開墾・入植の日常などあまり知ることもない。
驚きもあるし、そういうもんだろうなぁと納得する部分もある。
題名の赤い風とは、冬には、空っ風が赤い土を巻き上げて、赤い風が吹く、そこから来ている。

読書メーター

広島ブログ

« PCの電源が切れなくなりました | トップページ | 轍のバージョンを下げました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PCの電源が切れなくなりました | トップページ | 轍のバージョンを下げました »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31