無料ブログはココログ

« ベンジャミン・フランクリン | トップページ | 戸郷山、地図と現地がアンマッチ、諦める »

2018年8月22日 (水)

爆身

「爆身」大沢在昌 徳間書店
ボディガード・キリのシリーズです。
シリーズの前作は獣眼、なんとなく覚えている。
ボディガードを依頼され、始めて遭う目の前で焼け死んでしまった。
呪殺される、焼き殺される、それをガードしてほしいという依頼だった。
呪殺をかけるのは結跏社という宗教団体だった。
念動力(パイロキネシス)に興味を持ってアメリカ海兵隊が介入して来た。
人間を爆死できるなら、兵器になる、そういう意図だった。
やくざ、政界、警察にもコネがあるフィクサーが登場したり、登場人物は豊富にある。
広げ過ぎた関係者を最後にキュッと抑えてしまう、事件を解決してしまう。
面白くしようと広げたお話しです。
チャンと効果的に面白い。

読書メーター

広島ブログ

« ベンジャミン・フランクリン | トップページ | 戸郷山、地図と現地がアンマッチ、諦める »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベンジャミン・フランクリン | トップページ | 戸郷山、地図と現地がアンマッチ、諦める »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31