無料ブログはココログ

« 宇喜多の楽土 | トップページ | 強国か、大国か »

2018年8月 9日 (木)

民度を日本語に翻訳すると

民度、これは中国の常用語です。
中国で使われている言葉が日本に輸入されて使われています。

それでは、一昔前、昭和の年代ころにはどのように表現されていたか
文化水準
このような言葉で語られていました。
あるいは、国民水準

民度には、物差しの目盛りが感じにくい。
文化水準には物差しの目盛りが感じられます。
少なくとも、高低の度合いの差は感じられます。

日本語で使うのであれば、民度の用語は止めて、文化水準に戻しませんか。

広島ブログ

« 宇喜多の楽土 | トップページ | 強国か、大国か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇喜多の楽土 | トップページ | 強国か、大国か »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31