無料ブログはココログ

« 近郷近在、三次市吉舎の撫臼山 | トップページ | ネットでの、なかなか開かない問題を可視化 »

2018年9月25日 (火)

孤狼の血

「孤狼の血」柚月裕子 角川書店
昭和63年当時のお話し、暴対法以前の時代で、ヤクザが威勢良かったころのお話しです。
呉原東署、捜査二課、暴対係、主人公は若い巡査、日岡、相棒は大上、ガミさんと呼ばれている。
大上はヤクザのかすりを取っているらしい。いや、取っている、現に見た。
ハトや檀家に情報料が必要なのだ。
殺人事件で追い込んでいる。
呉原市内で対立する勢力が二分されている。
爆発させるわけにはいかない。
各章の頭に日誌がある。その章の要約が書いてある。
章を読み終わる度に、日誌に戻って読みたくなる。
最後のどんでん返し、日誌は署内の日誌だと思い込んでいたが、私的な日誌だった。
何がどんでん返しなのか、そこは明かせません。
次作の「凶犬の眼」に続く。巻末に予告があるじゃありませんか。

読書メーター

« 近郷近在、三次市吉舎の撫臼山 | トップページ | ネットでの、なかなか開かない問題を可視化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近郷近在、三次市吉舎の撫臼山 | トップページ | ネットでの、なかなか開かない問題を可視化 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31