無料ブログはココログ

« 秘録・公安調査庁 アンダーカバー | トップページ | 影の日本史にせまる 西行から芭蕉へ »

2018年10月 7日 (日)

とある、の意味・用法

とある喫茶店、とある街角、のように、場所・時間・人物を特定しないで話を始める用法です。
ある、は、あるところ、と意味は同じで、特定しないでぼやかしているのでしょう。
と、はなぁに。
と、に意味はないなぁ。
語調を整えるための補助ー
母音から話し始めると聞き取りにくいから、有声音の、と、を加えるー
そんな役割のものかなぁ。

とある、とは、江戸時代の黄表紙や歌舞伎にはあったのかしら。どうだろね。
明治大正以降のものかもしれませんね。
いいや、もっと最近、戦後からのものかもしれない。さらに遡ってフォークソング世代かもしれない。
感覚が現代的なんですよ。

広島ブログ

« 秘録・公安調査庁 アンダーカバー | トップページ | 影の日本史にせまる 西行から芭蕉へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秘録・公安調査庁 アンダーカバー | トップページ | 影の日本史にせまる 西行から芭蕉へ »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31