無料ブログはココログ

« 9月に読んだ本 | トップページ | 突然、ネットが繋がらなくなった »

2018年10月 3日 (水)

素行調査官

「素行調査官」笹本稜平 光文社
素行調査官、2、3、4まで読んだ。最初の1を読んでいなかった。読みました。
警視庁の監察、そこへスカウトされた。
高校の同級生で、片やキャリア、片や失業中の私立探偵、お前、俺の部下になれ、配属された。
公安の警部補が浮気している。その素行を調査することになった。
殺人事件発生、被害者の姉がその浮気相手ということが判明した。
機動捜査の警部補が絡んできたり、盗聴器を仕掛ける不明の相手がいたり、ちょっと筋が読み難い。
そりゃそうだ、とんとんとんとお話しが弾んだら、小説なんて成立しない。
最後は勧善懲悪で、ばらりずんと全部解明できるのだ。
そこまで、どれほどお話しをもつれさせるか、混乱させるかが腕の見せ所なのだ。
はい、勧善懲悪です。めでたしめでたしの結果です。
すかっとするには、これでええのですよ。

読書メーター

広島ブログ

« 9月に読んだ本 | トップページ | 突然、ネットが繋がらなくなった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月に読んだ本 | トップページ | 突然、ネットが繋がらなくなった »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31