無料ブログはココログ

« サイコンの電池を替えました | トップページ | 近郷近在、旧三次市最高峰の岡田山 »

2018年10月30日 (火)

なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか

「なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか」島田裕巳 幻冬舎新書
これは、わたしも前々から不思議に思っていました。
山あいの盆地平野で北にも南にも八幡神社があることがあります。
なんで八幡さんはこんなに多いのだろう。
八幡神社は、古事記日本書紀に出て来る神話に由来する神社じゃありません。
いわゆる三韓征伐で高句麗・新羅に手を入れたとき、かの地から渡来した神だというのです。
始まりはわかった。これほど八幡神社が増えたのは誰が手を貸したのか。
そこは詳らかじゃありません。
八幡、天神、稲荷、伊勢、出雲、春日、熊野、祇園、諏訪、白山、住吉
それぞれ、神社と続けたり、大社と続けたり、神宮と続けたり、してください。
どれも、起源について詳説してある。
どのように増殖していったのか、だれが、どの層が勧請していったのか。
そこが知りたいのだが、起源ばっかりです。

読書メーター

広島ブログ

« サイコンの電池を替えました | トップページ | 近郷近在、旧三次市最高峰の岡田山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サイコンの電池を替えました | トップページ | 近郷近在、旧三次市最高峰の岡田山 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31