無料ブログはココログ

« 地面師 | トップページ | 10月に読んだ本 »

2018年11月 4日 (日)

長兵衛天眼帳

「長兵衛天眼帳」山本一力 角川書店
第一話 人殺しで冤罪で捕まった娘を救う話。
第二話、遺言状の偽物、どちらかの真贋を決める話。
眼鏡屋長兵衛が主人公、捕り物帖なんですよ。
大きな天眼鏡で物事を見極める。
岡っ引きの相談に乗って、犯人を探す、という言わば安楽椅子探偵なんですね。
お話しの筋立てがどうこうあるわけじゃない。
山本一力の場合、語り口を楽しめばよろしい。
毎度お馴染みの語り口、おい、やっこ、がってんでさ。
雰囲気、空気を楽しめばよろしい。
どの本を読んでも山本一力、そこは承知で読み進めなきゃ。

読書メーター

広島ブログ

« 地面師 | トップページ | 10月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地面師 | トップページ | 10月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31