無料ブログはココログ

« おのののか | トップページ | お茶がはいりました »

2018年11月 7日 (水)

牛天神 損料屋喜八郎始末控え

「牛天神 損料屋喜八郎始末控え」山本一力 文芸春秋
損料屋喜八郎のシリーズの四作目です。
飛び飛びに読んでいるけど、喜八郎とはどんなキャラクターだったかな。
損料屋とは、現代で言えばレンタルショップ。
お話しの始まりは、元々の名前は福太郎が、深川を恨んで鬼右衛門と名前を変えます。
深川への仕返しに、安売りマーケットを立ち上げます。
深川からは誰も買いに行かず、狙いは失敗します。
さらに恨んで、次の仕返しを考えています。
善のキャラクターと悪のキャラクターが闘うと思うでしょ。
あれれ、なんで腰砕けになるの。
みんな善人の大団円です。なんだかなぁ。
なんぼ深川よいとこにしてもねぇ。

読書メーター

広島ブログ

« おのののか | トップページ | お茶がはいりました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おのののか | トップページ | お茶がはいりました »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31