無料ブログはココログ

« セカンド・オピニオン | トップページ | 稀勢の里の休場 »

2018年11月21日 (水)

戒名探偵卒塔婆くん

「戒名探偵卒塔婆くん」高殿円 角川書店
それぞれ30ページ程度の短編が3篇、この本の半分程度の長篇が1篇。
ウォーミングアップがあって、最終篇に突入して行く仕掛けですね。
やたら仏教関係、戒名に詳しい高校生がいる。名前が外場。
寺の息子の次男坊、その友達という関係です。
長編のところにはくすぐりは少ないが、他はくすぐりが多い。
1ページのどこかでクスリ、ニヤリとしてしまう。
ウンチク小説と割り切って、そのウンチクを吸収してもよろしい。
ま、戒名のウンチクを得ても、それを披露する場はないでしょうがね。
高殿円、こんなにウンチクに富んでいるなら、男だろう、じいさんだろう。
いいえ、女流作家です。アラフォーです。
どうやら出身はライトノベルからだそうな。
凄いな、ライトノベル、意外な人材を投入してくれるな。

読書メーター

広島ブログ

« セカンド・オピニオン | トップページ | 稀勢の里の休場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セカンド・オピニオン | トップページ | 稀勢の里の休場 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31