無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ

2019年1月17日 (木)

横綱推挙

横綱推挙の伝達式で、謹んでお受けいたします、と口上述べるのが普通だが
謹んでお断りいたします、と拒否してもええのでしょうかね

横綱で負けが続けば引退するしかないが
大関のままでいると、二場所負け越しても次で勝ち越せば大関のままでいられる
それを繰り返せば、40歳前後まで現役でいられる
たとえ大関を落ちても、十両から落ちるギリギリまで取り続ける、という選択もありますしね
長い相撲人生を送るには、横綱を断る、という選択もあるかも、いかが

広島ブログ

2019年1月16日 (水)

地震の和水町

ちょっとモタモタしていたら、地震発生のニュースから遅くなってしまいました。
震度6だった熊本県和水町ですが、なごみまちと読むのだそうです。
へぇぇ、そう読むのかい
町村合併で、菊水町・三加和町が新設合併し、和水町が発足
ここまではよく解ります。
両方の町の、和の字、水の字、合わせて和水町、なごみまちと名付けました。
漢字はともかく読み方、町民に賛否いろいろあったことでしょうね。

広島ブログ

2019年1月15日 (火)

あなたのコンピューターはブロックされました

[伯耆自転車道|倉吉東郷自転車道 鳥取のサイクリングロード]に入って行ったところ
この中のどこかの箇所で不審なページに出会いました。
ページのハイジャックです。
[あなたのコンピューターはブロックされました]ウィンドウズマークを掲げてオドロオドロしいことを告げています。
解決方法を教えるには、電話することを求めています。
電話してみたところ[はい、はい、どうしました]社名を名乗らず直ぐに探りを入れてきます。
即座に電話を切りました。
コンピューターをシャットダウンして再起動しましたが、まずこの不審なページが浮かび出ます。
何度シャットダウンして再起動しても、自動的に汚染ページが浮かび出ます。
念のため、ウィルススキャンしてみましたが、わたしのコンピューターにはウィルスはありません。
さては、伯耆自転車道の枝の枝のページが汚染されているのだ。
何者かがこのページに寄生しているのだ、乗っ取られているのだ。

このグーグルクロームのページを閉じる方法を探せばええのだ。
単純に右上の×マークをクリックしても効果がありません。
効果があるのは、下のタスクバーアイコンのグーグルクローム
右クリックすると、一番下に[×ウィンドウを閉じる]
ここをクリックすると、汚染されたページは閉じました。

CYCLING-NAVI この中の伯耆自転車道のページに何者かが寄生して本体を乗っ取っています。
もう一度クリックする度胸はないけど、地図ルート、ここに寄生ページは潜んでいます。
各地のサイクリングロードのどこかにも同様に寄生ウィルスが潜んでいる可能性はあります。

一時は、グーグルクロームを一旦削除しようか、その上で再インストールしようか
ひょっとして、ウィンドウズ全部を再インストールしなきゃならないかも、そうも考えていました。
汚染から復帰しましたという報告です。
もしも汚染被害にあったら、こんな方法で脱出した例があると覚えておいてください。

広島ブログ

2019年1月14日 (月)

尻の音読み

尻とは、訓読みで、しり。
音読みでは、けつ、と読むのだろう。
いいえ、こう、と読むのだそうです。
まぁ、読むというだけで、実際に使われることはないでしょう。
無理に探せば、尻座という熟語がありました。
座る、腰を下ろす、が普通です、尻座では通じません。
こうざとフリガナを振っても、意味不明と通じないでしょうね。

広島ブログ

2019年1月13日 (日)

びっくりした、キーボードに指を突っ込んだ

キーボードのタイプ文字が宙に浮いて見えるのです
差し出した指先にキーボードがぼんやりしている
キーボードの上に指を置いてるはずなのに、タイプ文字は爪先の上に浮いています
右目と左目の焦点がバラバラなんですよ
ちょっと目を酷使しすぎたみたい
メンテナンスの作業はまだまだ残っています
でもまぁ、ひとまずは、今夜はこれまでかな

広島ブログ

2019年1月12日 (土)

地図を有料から無料に替えました

ホームページ上でのことなんですがね、登山篇、自転車篇で、地図表現しています。
「轍 Wadachi」ソフトで、今まではグーグルマップの上で地図と写真を紐づけていました。
グーグルマップが無料扱いから有料扱いに変更しました。場合によっては、有料かも。
「轍 Wadachi」はグーグルマップを基盤とするのを止めて、フリーの地図に切り替えました。Leaflet API自動生成ツール。
グーグルマップの料金体系がころころ変わるので、将来の請求が不安です。わたしも替えます。
276ページ、登山篇
235ページ、自転車篇
過去のページの地図をグーグルマップからLeafletに置き換える作業を続けています。
だいたい、30分で1ページ、2時間かけて4ページ、連続作業し過ぎると注意力が切れるので、そこは要注意。
11月、12月で原稿の書き換え作業は完了しました。
ちゃんとリンクが通っているかを確認し、次に、FTP転送して原稿をサーバーに送って、順次差し替えて行きます。
全部入れ替えてしまうと、はて、前のグーグルマップではどんな姿だった?
書き換える前のグーグルマップと比較するために、2009年、2008年の地図はグーグルマップのままで置いておきます。
それでも、4月、5月までには全部入れ替えます。

今年最初の「世羅高原町、福山市、落差500メートル、激坂下へ上へ」(自転車篇)からは、グーグルマップは使わず、最初から無料地図のLeafletを利用しています。

グーグルマップの利用方法に2種類あるのだと思います。
1、ただ単にグーグルマップに軌跡を描いて行くだけなら、料金の請求はない。店の位置、会社の位置を地図で表現するのも無料。
2、軌跡に加えて、風船マーク、熱気球マーク、(あのアイコンの名前はなぁに)これに紐付けして、写真、ページとリンクすれば有料。
たぶん、このような分類で、請求、非請求の処理をしているのじゃなかろうかと思います。

広島ブログ

2019年1月11日 (金)

世羅高原町、福山市、落差500メートル、激坂下へ上へ(自転車篇)

高速山陽道の向こうに山が見える。蔵王山なのだ。高速道路の下を潜って、ここが福山東インターのフェンスなのだ。これ以上福山市内に入ると走りにくいからここで引き返そう。
さっきの神辺第一陸橋を通るのは避けたいね。東の踏切を抜けて行こう。ものすごい名前の踏切だよ。11丁目の1踏切、命名の由来を知りたいもんだよ。
続いて、堂上陸橋、来るときは歩道を走ったが、帰りは車道を走ことになってしまった。歩道は道の片面にしかなかったのでね。
加茂川を越えて、帰って行くコースをうかがう。あの山あいを抜けて戻るのだ。
平野部分から山腹に取り付いた。ここからは激坂が続くのだ。下りは一挙に500メートル、帰りはそれだけ登り返さなきゃならない。
添付ページの轍Wadachiを見て下さい。プロフィールマップとして、コースの断面図が出ています。激坂を下って、登り返しています。
息が続かないよ。自転車を下りて押して歩くしかしょうがない。
たまには自転車に乗れる緩斜面もあるが、大部分は歩くしかないね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

広島ブログ

2019年1月10日 (木)

嗅覚

嗅覚と書いて、きゅうかくと読みます
しゅうかくとは読まないのですよ
口偏に臭、臭はしゅうと読むのにね。アンモニア臭、下水臭
嗅覚を、しゅうかくではなく、きゅうかくと読めるのは、どこかで学習したからでしょうね
しゅう、きゅう、両者が違うのは、古代中国語の発音をコピーしたのでしょうかね

広島ブログ

2019年1月 9日 (水)

いきずりの殺人

いきずりとは行きずりで、行きずりとはなんだろと考えてみました。
別に誰でもよかった、そこにいたから殺した、こういう状況のようです。
漢字で書けば無差別殺人です。
行きずりの語感として、すれ違いざまに刺した、切りつけた、こんな感じがあります。
行きはわかる、ずりとは何だろう。
ずりの類語が思い浮かばないのです。
行きずりは名詞形、行きずるなら動詞形。
行きずる、なんて言葉は存在しません。
ずる、する、擦る、摺る、刷る、掏る、磨る、擂る、この中のどれかなのかしら。
どこから引き出して、行きずりの殺人と定着したのか、どうもわからない。

行きずりの殺人、その反対は、狙いを付けての殺人です
身に覚えがあって襲われるならともかく、身に覚えもないのに襲われるのはカンベンです

広島ブログ

2019年1月 8日 (火)

アンカー

「アンカー」今野敏 集英社
テレビ局の記者、ニュース番組の記者です。
アンカーから想像するに、キャスター、アンカーが主人公だろうと思ったが、記者が主人公でした。
十年前の殺人事件で、遺族の両親が駅前でビラ配りをしている。
懸賞金まで出して情報を求めているのだ。
その記者、十年間のビラ配りに打たれて、関心を持った。
特命捜査対策室に新任の刑事が配属されたのを聞きつけた。
記者の行動は、迷宮事件を担当する刑事にも波紋が広がる。
これが始まり、途中端折って、一挙に最終ページまで持って行きます。
ほんとは、途中端折ったところがええとこなんです。
ハッピーエンド、ものごとすべて、こうでなくちゃね。

読書メーター

広島ブログ

2019年1月 7日 (月)

差し控える

差し控える
差し出がましい
差し替える
それぞれ、控える、出がましい、替える、に他なりません。
差しとはなぁに。それはね
差し、と冠することで、丁重になるんですよ。大事に扱っているシルシなんです。
普通語を敬語に変換するわけです。
差し控えると最大級に奉った表現で発表したからには、大事に扱っていただきたい、粗略に扱っては困ります。
言外にこういうことを匂わせているのです。
これは、そういうお約束事なのです。

広島ブログ

2019年1月 6日 (日)

道標 東京湾臨海署安積班

「道標 東京湾臨海署安積班」今野敏 角川春樹事務所
10篇の短編集です。
昔、テレビドラマのハンチョウがあったのを覚えています。
安積剛志…佐々木蔵之介
村雨秋彦…中村俊介
須田三郎…塚地武雅
(ドランクドラゴン)
水野真帆…黒谷友香
黒木和也…賀集利樹
桜井太一郎…山口翔悟
このメンバー、この短編集の各章にそれぞれ出ています。
その1は、警察学校当時
その2は、交番勤務
その3は、刑事になって駆け出しの時代
その4以降は、湾岸署で係長として活躍する時代のお話し。
テレビドラマは昔々のことだが、読み返すと、目に浮かぶように思い出してきます。

読書メーター

広島ブログ

2019年1月 5日 (土)

極め付き、極め付け

これ、紛らわしいんですよ。
[極め付け]が正しいと思い込んでいました。そっちの派にいました。
もともとは、[極め付き]が昔からあったのだそうです。
どさくさで、後発の[極め付け]が勢力を伸ばしてきました。

鑑定書の呼び名が極め、[極め付き]で、鑑定書付きというわけです。
極めと同じ用法で、折紙、[折紙付き]で世間に通用しています。[折紙付け]ではない。

NHKの取り扱いでは、[極め付き]が正しい。
しかし、この言葉は使わないほうがよろしい、とのこと。
必ず、間違っていると指摘されて紛糾することになるから。
別の言葉で表現するように、と指導が続きます。

広島ブログ

2019年1月 4日 (金)

三つ揃え

ジャケット、ベスト、スラックスの三点セット
これ、三つ揃えなんですね。
三つ揃いでも間違いじゃないが、あまり言わない。

い列は優勢だが、え列は存在しないか、劣勢の例

勢揃い、勢揃え
棒倒し、棒倒せ
物書き、物書け
総ざらい、総ざらえ
紋付き、紋付け

え列は優勢だが、い列は存在しない例

雑巾がけ、雑巾がき
開け閉め、開け閉み
押さえ、押さい
着付け、着付き

え列もい列も存在する例

三つ揃え、三つ揃い
肉付け、肉付き
極め付け、極め付き

勢揃い、勢揃え、雑巾がけ、雑巾がき、の類語はいくらでもあるが
三つ揃え、三つ揃いの類語はなかなか見つかりません。

広島ブログ

2019年1月 3日 (木)

どこにでも神さま 知られざる出雲世界をあるく

「どこにでも神さま 知られざる出雲世界をあるく」野村進 新潮社
出雲とあって、表紙に出雲大社の巨大注連縄があるので、出雲ばっかりかと思ったが、そうではなかった。
出雲の神社、境港の水木しげるロード、石見神楽、この三本立てです。
都会地、とりわけ東日本からは、出雲の神、水木しげるロード、石見神楽は縁遠いもののようです。
そうでもない、嵌ればめちゃめちゃ嵌るのだよ。
神社ガール、神社女子は出雲の神社に嵌っている。
2010年には年間372万人が境港に観光に来ている。
これは宮島や倉敷美観地区の来訪者を上回っている。
石見神楽、これ、嵌ったらドツボです。
出雲と肩を並べて、境港と石見神楽を平等に扱っているところが、視点が平等だなぁ。

読書メーター

広島ブログ

2019年1月 2日 (水)

12月に読んだ本

12月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2084
ナイス数:63

カットバック 警視庁FC2カットバック 警視庁FC2感想
FCとはフィルムコミッションの略、映画などのサポートすることで観光誘致などが目的。この場合は、警視庁がFCとしてバックアップするということ。その撮影現場で、殺される役の役者が本当に殺されているのが発見される。捜査一課が担当するのだが、事情に詳しいだろう、手伝え、FCも引き込まれてしまう。今野敏、このシリーズでは書きようが極めて緩いのです。シチュエーションがギャグだ、この言い回しはクスグリだ。警察小説、ミステリーを読むのに、ニヤリ、ニヤリ、時には、クスっと笑ってしまいます。会話の妙、立ち位置の微妙なところを
読了日:12月28日 著者:今野 敏

千年の田んぼ  国境に島に、古代の謎を追いかけて (国境の島に、古代の謎を追いかけて)千年の田んぼ  国境に島に、古代の謎を追いかけて (国境の島に、古代の謎を追いかけて)感想
萩市の沖合の見島をのことだ。そこに、八町八反と言う名前の平野がある。もともとはラグーンで、水の入口が自然に締め切られて湿地になったものだ。そこがたんぼになっている。短冊型に区切られていて、この地形は最近の工事ではなく、はるか昔からの工事のようだ。古文書によると、奈良朝の律令制度の下、条里制に従って区切られたものだと結論付けられている。普通は、どこのたんぼでもいつ開墾したものか判るわけがない。ここでは、条里制の痕跡があって、開いた時期が見えてくる。その当時、百済が滅びて唐・新羅の外圧に曝されていた。その防衛
読了日:12月27日 著者:石井里津子

任侠浴場 (単行本)任侠浴場 (単行本)感想
任侠書房 、任侠学園、任侠病院 に続くシリーズです。書房、学園は読んでいるが、病院は未読です。阿岐本組の親分、阿岐本、代貸の日村、四人の若い衆、これだけの組員です。今までは、会社、学校、病院、組織の立て直しです。今度は銭湯、家族経営の最たるものです。そこに息を吹き込んで立て直す。もちろん、ハッピーエンドです。そこに至るまでのこまごまとした仕掛けが面白い。もちろん、シノギだから報酬は取りますよ。しかし、今回の報酬は多寡が知れている。ヤクザとは、暴対法、排除条例、青息吐息なんですがね。次に立て直すのは何かな。
読了日:12月24日 著者:今野 敏

剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎 (文春文庫)剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎 (文春文庫)感想
NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」が比較されます。テレビドラマより先に出版されています。かと言って、原作ではないみたい。それぞれ別々の作品なんでしょうね。人物設定はほぼ同じ、それだけに、大河ドラマの俳優の姿が脳内に出没して邪魔なこと。 地理的条件と歴史的条項は変えようがないので、両者がかけ離れたものになるはずもありませんよね。どこかに底本があるはずです。その底本のイメージ喚起は凄いね。剣と紅、剣はイメージしたその通りです。紅、女の戦いの武器でもあり、戦場で死んだ武者を死に化粧する、その紅でもあるのです
読了日:12月22日 著者:高殿 円

鳥類学者の目のツケドコロ鳥類学者の目のツケドコロ感想
「カラスの教科書」で軽妙な筆致で面白かったので、期待して読みました。期待通り、満足です。カラスに限らず、スズメ、ツバメ、サギ類、カモ類、その他いろいろです。チョウゲンボウとハヤブサ、どっちも見たことがないので、伝わりにくい。ウグイスの雄はひたすら鳴き声の稽古を積んで、雌はそれにうっとり。イラストが浅野文彦、絵本の大家のようで、細密画も戯画も面白い。
読了日:12月14日 著者:松原 始

上流階級 富久丸百貨店外商部II上流階級 富久丸百貨店外商部II感想
前作と同じ設定で語られます。芦屋の豪華マンションに、鮫島静緒と枡家修平は住んでいます。メゾネットタイプなので、下の階と上の階で棲み分けています。パートから契約社員、正社員とパワフルな静緒、おぼっちゃまでゲイの修平、男と女の間違いは起きません。前作では添え物だった修平が、お話しのキーになります。ゲイについて深く語られます。ゲイの息子を持った母親はどう振る舞うかが語られます。外商のお話しですからね、いかに外商で収穫を勝ち取ったかが語られます。これからの外商はどんなビジネスに変わるかが語られます。お仕事小説です
読了日:12月08日 著者:高殿 円

上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部感想
鮫島静緒、富久丸百貨店芦屋川店の外商部所属です。食品のパート勤務から契約社員となり、正社員として外商部の一員です。外商とは男社会で、始めての女性社員です。客の数だけストーリーがあり、商品の数だけお話しがある。高殿円、ええところに目を付けた。外商のお客は全員上流階級です。わたしなどなんにも知らない、すげぇなぁ、と驚く世界のことを語ります。高殿円、どうやって上流社会のことをリサーチしたんだろう。上流階級の出身で、身辺雑記を語ったのだろうか。そんなことはないよねぇ。お仕事小説です。知らないことを教えてもらうのは
読了日:12月06日 著者:高殿 円

読書メーター

広島ブログ

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

広島ブログ

« 2018年12月 | トップページ

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31