無料ブログはココログ

« 火神城山、低山だが迷う山2 | トップページ | 七転八起、七転八倒 »

2019年1月24日 (木)

TEN

「TEN」楡周平 小学館
貂の章、転の章、典の章、途中飛ばして、最後が天の章。
太閤記の現代版のお話しなんです。
中卒でドヤ暮らしをしていた。
同じドヤの出身者だがええとこのボン、その人の勧めで料亭の下足番になった。
下足番を見込まれて社長の運転手になった。この人が信長。
トントン拍子で出世して役員にまで登り詰めた。秀吉ですね。
同じドヤ出身の先輩は妬んで、社長への裏切りを実行した。明智光秀ですね。
現代版の信長記、太閤記、本能寺の変をホテル業界に当て嵌めてお話しを広げるわけです。
立身出世物語がビジネスストーリーとして語られるわけです。
面白くないわけがないでしょ。

読書メーター

広島ブログ

« 火神城山、低山だが迷う山2 | トップページ | 七転八起、七転八倒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 火神城山、低山だが迷う山2 | トップページ | 七転八起、七転八倒 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31