無料ブログはココログ

« 厚生労働省の勤労統計調査 | トップページ | 中華圏の文字には要注意 »

2019年1月19日 (土)

丁寧

世間一般では、丁寧とは、親切丁寧と四文字熟語で、徳目を表わしています。
ところが、政界では、丁寧とは、世間とは少々違うようです。
じっくりと時間をかけることのようです。
とことん話し合おうという意味なのでしょうが
尺度として時間を使います。
明日採決するところを明後日の採決でどぅ?
審議時間80時間のところを100時間でいかが?
これで手を打っていただけないかね?
よかろう、承知した、これでパフォーマンスが誇れる、新聞紙面を何日も保てる。
丁寧を具体化・数量化すると、こういうことです。

わたし、最初は、丁寧とは徳目の丁寧だと思っていました。
そんなに政界ではブッキラボウなのかい、取扱いがゾンザイなのかい。
そうではない、これは政界用語なんです。業界用語なんです。
与野党とも用語の意味付けは共有しています。
ただし、国民一般とは用語の意味は通じていませんがね。

これ、前にもネタとして掲載しました。
そこから考察が進んで、丁寧とは時間だ、このように推論が出ました。

広島ブログ

« 厚生労働省の勤労統計調査 | トップページ | 中華圏の文字には要注意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 厚生労働省の勤労統計調査 | トップページ | 中華圏の文字には要注意 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31