無料ブログはココログ

« 尾道・三原、国道筋を自転車往復(自転車篇) | トップページ | 合理的にあり得ない »

2019年2月22日 (金)

漂砂の塔

「漂砂の塔」大沢在昌 集英社
物凄い場所設定をしてあります。
歯舞群島に春勇留島がある。ロシヤ名はオロボ島。
そのの海底にはレアアースがあって、ロシアの企業が採集している。
ロシアに主権があり、中国企業が採集精錬、日本企業が発電所を担当している。
日本人が殺された、ということで、ロシア語中国語を話せる石上が派遣されることになった。
石上は警視庁組対部の刑事で、祖母がロシア人なのでロシア顔なのだ。
ロシア企業の責任者はエクスペールト、エキスパートですね。そういう職位です。
ロシア企業、ロシア軍、FSB、中国の情報機関、極東のマフィア、オロボを縄張りとする悪たれ。
それぞれを小当たりに当たりながら犯人を探して行く。
90年前、この島で島民の大半が殺される事件があった。
その事件が再現したのか。

読書メーター

広島ブログ

« 尾道・三原、国道筋を自転車往復(自転車篇) | トップページ | 合理的にあり得ない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾道・三原、国道筋を自転車往復(自転車篇) | トップページ | 合理的にあり得ない »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31