無料ブログはココログ

« 教科書には書かれていない江戸時代 | トップページ | のるかそるか »

2019年2月 5日 (火)

最終標的 所轄魂

「最終標的 所轄魂」笹本稜平 徳間書店
父は所轄の警部補刑事、息子はキャリアの管理官、二人は助け合い補い合いながら職務を果たしています。
発端は轢き逃げ事件、浮かんできたのは代議士の三男、典型的なボンクラ息子です。
捜査を進めて行くと、代議士、さらに内閣の官房長官と疑惑が膨らんで来ます。
留置場で関係者が自殺、マレーシアでボンクラ息子が自殺、事件は暗礁に乗り上げてしまいます。
もう残り25ページ、ついに最終標的は逃げ通せるのか。
いえいえ、25ページあればじゅうぶんです。
最終標的は見事に確保できました。
とうとう内閣を倒すところまで行ってしまった。
もうジミな事件では読者は承知しないでしょうね。
所轄魂のシリーズもこれで打ち上げかな。

読書メーター

広島ブログ

« 教科書には書かれていない江戸時代 | トップページ | のるかそるか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教科書には書かれていない江戸時代 | トップページ | のるかそるか »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30