無料ブログはココログ

« コモドドラゴン | トップページ | 不束者ではございますが »

2019年3月11日 (月)

一升の感覚

わたしの子どものころは一升枡がありました
だから、一升の嵩がどれくらいかはわかります
メートル法に変わって、一升枡は禁止されました
今や、ほとんどの人がどの位の分量か知らないでしょう
炊飯器に一升炊きがあります
あっても、言葉として、気分としてのもので、正しい値とは限りません
炊飯器の一合は、正しく言えばワンカップ、一合ではありません
米の感覚は、一升だとか、一合だとか、嵩で言っても伝わりません
キログラム、重さなら感覚は共有できます

日本酒の世界では、一升瓶がまだ健在です

広島ブログ

« コモドドラゴン | トップページ | 不束者ではございますが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コモドドラゴン | トップページ | 不束者ではございますが »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31