無料ブログはココログ

« 翻訳文の「卑下する」 | トップページ | 尾道市、福山市、境界の山、永迫山 »

2019年3月27日 (水)

一月、二月、三月

月を数えるのに、一月、二月、三月と数を追って行くのは世界共通なんでしょうか。
どうもそうじゃないような気がします。


日本では、昔々、むつき、きさらぎ、やよい、とそれぞれの月に呼び名がありました。
英語でも、ジャニュアリ、フェブラリ、マーチ、序数の月とは違います。
ヨーロッパでは、英語と同様で、ローマ帝国の流儀を踏襲しているようです。
中国語では、一月、二月、三月と、日本と同じ数え方だそうです。
インドから東南アジアにかけての世界ではどうなのだろうなぁ。
アラブから北アフリカにかけての世界ではどうなのかしら。


平安時代までのことはさておき、鎌倉幕府は御成敗式目などを法制化しました。
このような取り締まり法令には、むつき、きさらぎは不似合だなぁ。
ここは、一月、二月でないと示しが付かない。
むつき、きさらぎは、みやびの世界でしか生き残れなかったのでしょうね。


二月から八月までは何ヶ月か、日本ならすぐに勘定できるけど
フェブラリからオーガストまで何ヶ月か、ぱっと勘定できるかね。


にっぱち月、こんな括りで経済活動の意味付けができるんですよ。
にしむくさむらい、これで、大の月小の月の、小の月を網羅しているのです。
ジャニュアリ、フェブラリ、の世界では、こんな芸当はできないでしょ。
そうでもないよ。
Rの付かない月(5月から8月)には牡蠣を食べてはいけない、こういう言い伝えがあるのだよ。
それは盲点でした、一本取られたね。



広島ブログ

« 翻訳文の「卑下する」 | トップページ | 尾道市、福山市、境界の山、永迫山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 翻訳文の「卑下する」 | トップページ | 尾道市、福山市、境界の山、永迫山 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30