無料ブログはココログ

« Google と ZENRIN の関係はどうなのか | トップページ | CGIのソフト作者が行方不明 »

2019年3月30日 (土)

青光の街(ブルーライト・タウン)

「青光の街(ブルーライト・タウン)」柴田よしき 早川書房
お話しが複線で語られます。
一本は、連続殺人事件、殺人現場にクリスマス電飾が落ちています。
連続殺人です。
警察はブルーライト殺人事件と呼んでいます。
もう一本は、ブルーライト探偵社、代表の携帯に「たすけて」とメールが来た。
女子大当時の友達なのだ。
さらに別の筋のお話しが語られる。
これ、誰のお話し?どういう関係があるんだろう。
読んでいて、とても疲れます。
とにかく犯人は逮捕されました。
犯行の動機が納得いくものじゃない。
起訴する前に精神鑑定があるだろうなぁ。
これでは公判が維持できるものやら。
読後感、不完全燃焼。消化不良。胸焼け。
柴田よしきの作風はこんなじゃなかったはずなのに。

読書メーター

広島ブログ

« Google と ZENRIN の関係はどうなのか | トップページ | CGIのソフト作者が行方不明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Google と ZENRIN の関係はどうなのか | トップページ | CGIのソフト作者が行方不明 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31