無料ブログはココログ

« 不束者ではございますが | トップページ | 会社を綴る人 »

2019年3月13日 (水)

室町無頼

「室町無頼」垣根涼介 新潮社
主人公は才蔵、赤松家浪人の子で、まだ少年、天秤棒を使う。
お話しの狂言回しは二人。
片や、骨皮道賢、浮浪人の首魁で伏見稲荷の峯に巣くっている。
もう片方、蓮田兵衛、浮浪のなかで名高い。
才蔵は見込まれて、道賢から兵衛に渡されて、琵琶湖畔で棒術の稽古に励む。
一年後、吹き流し才蔵と異名を取る武芸者に成長した。
兵衛は一揆を組織し、幕府に歯向かう。
道賢は幕府の雇いとして取り締まりにあたる。
幕府だの大名だの比叡山の高僧だの、権威側の登場人物はいない。
登場人物は全部化外の者。
秩序から外れた化外の者が秩序を揺るがす時代の始まりなのだ。

読書メーター

広島ブログ

« 不束者ではございますが | トップページ | 会社を綴る人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不束者ではございますが | トップページ | 会社を綴る人 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31