無料ブログはココログ

« モラルが高いのは厳しい法律があるからか? | トップページ | 整形外科に行ってきました »

2019年4月 9日 (火)

麒麟児

「麒麟児」冲方丁 角川書店
主人公は勝海舟、勝安房と安房守の官職名で呼ばれている頃のお話しです。
サブは、山岡鉄太郎、大久保一翁、西郷隆盛、こういう面々でお話しが進みます。
大久保一翁、てっきり老人と思い込んでいました。
ウィキで調べると、勝と五歳年上のほぼ同年齢です。
時代は、官軍が江戸に進撃して来る頃のことです。
徳川宗家、徳川慶喜を官軍から御赦免を得ることが使命です。
江戸無血開城、西郷と勝の会談は江戸城であったものと思い込んでいました。
何度も会談している。
東海道の宿場の一室だったり、薩摩の藩邸だったり、江戸城で対面する場面はなかった。
江戸城の接収は無事に終わった。
徳川慶喜に経過を報告したが、出過ぎ者と叱られた。
勝と慶喜には通じるものがなかった。
罵って去っています。
それでも徳川宗家からは依頼が来るし、新政府からも依頼がやってきます。

読書メーター

広島ブログ

« モラルが高いのは厳しい法律があるからか? | トップページ | 整形外科に行ってきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モラルが高いのは厳しい法律があるからか? | トップページ | 整形外科に行ってきました »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31