無料ブログはココログ

« 3月に読んだ本 | トップページ | ひきこもり »

2019年4月 3日 (水)

駅物語

「駅物語」朱野帰子 講談社
朱野帰子と書いて、あけのかえるこ、と読みます。彼女、覚えといてね。絶対、お薦め。
朱野帰子は大概お仕事小説です。これもお仕事小説。
職場は東京駅、新人でここに配属されます。
職場はプラットホーム、あるいは、料金窓口。
よく調べているねぇ。作家自身がここで働いていたことがあるかのようだよ。
リサーチにリサーチを重ねて書くべき焦点を見つけたんだろうがね。
鉄オタもいます。本来、鉄オタは職員に採用されないはずなんだけどね。
ヒロインにはそんなに上昇志向はない。でも、駅員でいたい、駅員を貫く。
その意思は強くアピールしています。
乗客が線路に転落して、救出するため、線路に飛び込んだ。
死にそうになって、燃え尽き症候群、同期同僚の助けでなんとか平常運転に戻った。
これが主題じゃありません。
もっと些細なことがら、できごとが大問題なんです。
些細というか、見方によっては巨大というか、がぶり、真正面に取り組みます。
お仕事から逸れたところに一生懸命になる、そういうお仕事小説なんです。

読書メーター

広島ブログ

« 3月に読んだ本 | トップページ | ひきこもり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月に読んだ本 | トップページ | ひきこもり »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31