無料ブログはココログ

« 世羅町の甲山から椋梨ダムまで(自転車篇) | トップページ | 近郷近在、富士山、ふじさんじゃない、とみしやまと読む »

2019年5月 2日 (木)

梟の一族

「梟の一族」福田和代 集英社
福田和代は制服ものから小説を始めました。制服ものとは自衛隊・消防など。
梟の一族は現代に生きる忍者なんです。
制服ものと繋がっています。
冒頭で、滋賀県の山奥の集落が襲われます。
一人は射殺され、全員姿を消してしまいます。
残ったのは女子高校生の女の子が一人、彼女も忍者の末です。
梟の一族は眠らない。眠らないので忍者として生きていけるのです。
敵であるはずの者が実は味方だった、展開が目まぐるしくて、ついて行くのが難しい。
予定調和を全部覆して、ストーリーは進みます。
最後はハッピーエンド、梟の一族は里に出て生きて行くのを選びます。

読書メーター

広島ブログ

« 世羅町の甲山から椋梨ダムまで(自転車篇) | トップページ | 近郷近在、富士山、ふじさんじゃない、とみしやまと読む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世羅町の甲山から椋梨ダムまで(自転車篇) | トップページ | 近郷近在、富士山、ふじさんじゃない、とみしやまと読む »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31