無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

なかなか開かないページ、ふたつ

[レコードチャイナの記事一覧 - エキサイトニュース]
https://www.excite.co.jp/news/source/Recordchina/

[山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」]
https://ameblo.jp/ichita-y/

なぜ窮屈なんでしょうね
最初の excite ここなら余裕があるはずなのに、Recordchina に限ってのことなのかなぁ
次の山本一太、ameblo ブログではメジャーだから渋滞するはずがないのに、群馬県人が押し寄せているから、かな

広島ブログ

2019年6月29日 (土)

キッド

「キッド」相場英雄 幻冬舎
相場英雄は経済小説を得意にしていますが、政治小説、諜報小説、達者じゃありませんか。
キッドとは何か、巻末の7、8割の頃に明かされる。
主人公は城戸、傭兵時代のコードネームがKIDだったのだ。
城戸は優秀な自衛隊員、突然退職して傭兵になった。
傭兵も引退して、香港でカメラ屋を装ってボディガードをしている。
ガードしている中国人社長が射殺された。
公安の捜査が迫って来る。
新聞記者とタイアップして謎を追うことにする。
警察庁の上層部が介入してくる。
城戸が退職するには、何かの事情があったらしい。
そこを中心に物語が進んで行く。
読んで面白い。たいがいの人がどんどん続きが読みたくなると思いますよ。
食い付きから素晴らしい。
最初は公安に感情移入できないが、最後は公安を応援している。
これをテレビドラマ化するなら、2時間ドラマじゃ無理。
連続ドラマならストーリーを追えるかな。

読書メーター

広島ブログ

2019年6月28日 (金)

芸人の闇営業

謹慎処分になったということですが
A、反社会的勢力の余興に出たのがいけなかったのですかね
B、自分で取った仕事であっても、興行会社のマネジメント料を払わなかったのがいけなかったのですかね
Aの理由より、Bの理由のほうが大きかったような気がします
建前として、Aの理由を押し出してきたんじゃないの

本業と関係ないはずの、本を出版しても、絵を描いても、分け前寄こせ、と介入してくるのですからね

広島ブログ

 

2019年6月27日 (木)

府中市上下町から神石高原町役場まで、往復(自転車篇)

この峠はそんなに苦しくはない。大して抵抗しないので楽に登って行ける。
峠を越えると平地が広がる。倉敷で瀬戸内海に流れ込む高梁川、その支流の小田川の源流地帯なのだ。
実は、小田川を高梁川まで追いかけて行ったが、肝心の源流はどこの谷から発しているのかは突き止められなかった。上流で溝川・用水路になっていると、どれが本流か判断が付かなくなるんですよ。
世羅高原町の町役場のある小畠の旧街道は道が狭いので、バイパスが脇に出来ている。バイパスを行かずに旧街道に進んで行く。
バイパスと旧街道の間に保育所があって、新しい町役場はその近所に出来る、という噂を聞いています。
信号のある交差点、小畠、ここを左折して山の方向へ進んで行く。軽トラは擦れ違いできるが、バスならすれ違いはムリ、これじゃぁ町役場は引っ越ししなきゃならないよね。
ここが神石高原町町役場、役場や支所に出会うと、必ずトイレを拝借しております。用事もないのに役場には入るのは気が咎めるが、トイレを貸して、と言えば問題なくオフィスを観察できます。
神石高原町が発足するのに、普通なら油木に町役場を置くと思うじゃないですか。三和町が横槍を入れたのだそうです。福山市に合併したい。
なだめるのに、町役場を三和町の小畠に置くと譲歩して、合併が完成したのだそうです。これが三和町の旧役場で神石高原町の町役場。
で、町役場を置いたけど、道が狭い。新しい庁舎を建てて移転しなきゃならない、ということなんですよ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/bike/2019/bike-190624-joge_jinseki/bike-190624-joge_jinseki.html

広島ブログ

2019年6月26日 (水)

国英、国中、国米、国仏、国独、そのほか

地名、人名で、ありそうな名前は

国英
鳥取市に国英(くにふさ)駅があります
人名でもあります、某テレビドラマで、スタッフに〇〇国英とありました

国中
佐渡の国、大和の国、甲斐の国では、中央部をそう呼びます<
人名にもあるそうです

国米、国仏、国独などなど
人名、地名にあるかもしれませんが、期待しないで

広島ブログ

2019年6月25日 (火)

写真のファイル情報を取り戻した

ファイルのエクスプローラーで、写真をクリックすると拡大します
その拡大写真で、ファイル情報が出なくなりました
と嘆いたのは、2019年5月16日 (木)[写真のファイル情報が表示できなくなった]

お話し、変わります
全般の動作が重くなったので
Windows管理ツールの、ディスククリーンアップ、ドライブのデフラグと最適化、をやってみました
一部の動作が軽くなったような気がしますが、まだまだ快調とはいきません

何気なく、拡大写真のファイル情報をクリックしてみたら
なんと、ファイル情報が表示されます
2019年5月16日 (木)[写真のファイル情報が表示できなくなった]は解決しました
これ、便利、ファイル情報が使えるか使えないかでは大違いだよ
作業が大いにはかどります

ディスククリーンアップ、ドライブのデフラグと最適化、どっちの効き目があったのかしらね

広島ブログ

2019年6月24日 (月)

ホームラン ビッグフライ

ホームランは和製英語なんだよ、ほんとは、ゴニョゴニョ、こう言うんだよ
それは間違い、デッドボール、フォアボールは和製英語だが、ホームランは日米同じ言い方です

Big fly, Otani-san!
最近よく聞くのが、ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平のホームランを打った実況です
誰が打っても、Big fly と言うのかしら
大谷翔平だけの決め台詞なのかしら

いやあのね、わたしの感覚では
ホームランよりも、大きなトンカツを想像してしまうのですよ

広島ブログ

2019年6月23日 (日)

新聞に投書すればええのに

よめさんが言うには
あんたのねぇ、ネットに書いていること、もったいないよねぇ
新聞の投書欄に投書すればええのに

それは違うよ
わたしも新聞の投書など、ほとんど読むことがない
世間の人も新聞の投書欄など読んでいないと思うよ
新聞に投書して、採用されるか、ボツになるか、選択を受けるわけだね
そんなのは嫌なこった、自分のブログなら思うがままだからね
新聞の投書では、何人が読んだかわからない
ネットに掲載すれば、何人読んだか、カウントできる
そんなこんなで、新聞の投書など、そんなに値打ちの高いものじゃないのだよ

広島ブログ

2019年6月22日 (土)

マジカルグランマ

「マジカルグランマ」柚木麻子 朝日新聞出版
[正子、おおいに嫌われる][正子、ものを売る][正子、またセクハラされる][正子、お化けになる][正子、虹の彼方へ]
連作中編5篇です。
正子は、75歳を過ぎた老女、夫は映画監督で、長いこと、同じ屋敷内で別棟で暮らしていました。
家庭内別居だから、夫が死んでいるのに気が付かなかった。
死んだ監督を訪ねて、若い女が家に転がり込んで来ます。
ヒロイン正子も若い女も印象が悪い。どっちも感情移入することなどできない。
読み続けて、段々と、悪印象が消えていきます。
ハイライトは、古い屋敷をお化け屋敷に仕立てて、入場料を取る仕事。
これが当たるのです。
最後の篇で、虹の彼方へ、正子は当然死ぬだろうと予測しますよね。
予定調和は大外れ、ハリウッドから仕事のオファーがやってきます。
読み始めて、最初はニガニガ顔で読んでいたのが、途中でニコニコ顔になり、最後は、へぇ、そんな結末かい、ビックリ顔になります。

読書メーター

広島ブログ

2019年6月21日 (金)

三原市のみはらし連山、象山

一部、心持ち傾斜が下がるところもあるが、まぁ、一方的に登り詰めて行く斜面だね。鉄砲登りだね。
目の前に切り開かれた広場が見えている。象山なのだ。ここに三角点はない。
米田山が見えてはいるが、梢に邪魔されて頂上の部分しか見えてはいない。
海の向こうに一番奥の山が竜王山、手前が筆影山、筆影山麓に三菱重工の埋立地、沼田川を隔てて帝人の埋立地、象山麓に三菱重工の埋立地。
目を転じると、鉄道線路が見えている。右から新幹線、山陽本線、南へ逸れて行く呉線。
最初、駐車場所が曖昧だったのですよ。新幹線の下だと言われたが、何かおかしい。帰ってGPSのログを地図に落としてやっと納得しましたよ。
呉線の高架下に駐車したのだ。教えてもらったのを地図と照合して、変だ、変だと首をひねっていたのだが、嘘を教えてもらったのだ。そりゃぁ食い違うわけだよ。
見えているのは三原市街地、住宅はもういっぱいいっぱいなのは判るでしょ。今後は、本郷や久井など、郊外に住宅を求めなきゃしょうがないのです。三原の中心地は開発し尽されたのです。
象山、277mとの標識を眺める。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/zouyama.html

広島ブログ

2019年6月20日 (木)

なにげなく なにげに

なにげなく なにげに
さりげなく さりげに

○○ではないと否定したものが、肯定形で現れる例です

なにげないのかい、なにげなのかい、どっちでもええのかい
さりげないのかい、さりげなのかい、どっちでもええのかい

曖昧で、こんにゃく問答のような、話しの流れによっては
否定肯定、どっちにでも話を合わせることが出来るように
こんな言葉遣いになって来つつあります

なさけなく なさけに
しどけなく しどけに

否定したものを肯定形にしてみたが、通用しない例です。
これが普通だと思うのですが、今後、通用するようになるかもしれません

広島ブログ

2019年6月19日 (水)

お詫びのしるし

わたしの母親世代のことですが、今から20年前、30年前までは
お詫びのしるしとして、砂糖が使われたもんです
砂糖の1キロパック
これを差し出すと、怒ったほうも許してやらなきゃならない
そんな雰囲気がありました
差し出すほうは全面降伏、もらうほうは、潮時として、振り上げた拳を引っ込める
もちろん、裁判になるほどのトラブルには効果がありませんがね

で、今のご時世では
もう一度、砂糖を復活させようとしても
今やもう、砂糖には昔のような神通力はなくなりました
おぅい、出て来ぉい、砂糖に代わるお詫びのしるし、何かないかね
このような、魔法の薬、水戸黄門の印籠、のようなものが欲しいですよねぇ

広島ブログ

2019年6月18日 (火)

店長という名乗り

店長という名乗りであらわれても
雇われの店長もあり
店主が店長と名乗っている場合もあり
区別は付きません
経歴詐称だと言いたいが、そこには無理からぬ理由があるのだそうな
クレーマーに知られると面倒なことになるから、防止策なんでしょうね

これ、前にネタにしたかも、再掲ゴメン

広島ブログ

2019年6月17日 (月)

香港の山には、もう登らない

これまで、飛び飛びで6年に渡って、毎年2座づつ、12座ほど香港の山を登ってきましたが
もう登ろうという気が消えてしまいました。

かって登ったことがあって、問題なのは、国境近くの新界地区。[八仙嶺] 2009年
軍隊の駐屯地の演習場を眼下に眺めたこともあります。[青山(Castle Peak)] 2009年
国境の向こうのシンセンが見える山に登ったことがあります。[大刀屻(ナイフ・エッジ)] 2013年

現在「逃犯条例」(犯罪人引渡条例)改正を審議していて
香港の司法の独立が侵されようとしています。

これらの山域では、場合によっては、スパイとして拘束される惧れがあります。
写真を撮ったこともあるし、それは証拠として採用されるかもしれない。
わたしのブログ、HPの端々には、反中的なフレーズがチラホラあります。
それを理由に、スパイだ、国家転覆だ、と拘束されるかもしれない。
引っ張る口実はなんでもよろしい、何しろ、法治の国ではないのだから。
逮捕されても香港警察で留まっていればまだ希望があるが、大陸に送られたらその先は想像できません。

香港は次第に大陸化しています。
ホテルの宿泊者は、次第に大陸人が増えてきて、夜の静けさが搔き乱されています。
深夜でも仲間内の部屋の訪問が盛んで、騒々しくて、なかなか寝付けません。

もう香港の山には登りません。
次第に香港が大陸化してきているので、君子危うきに近寄らず
もう香港には行く気がしません。もちろん、大陸にも行く気はありません。

広島ブログ

2019年6月16日 (日)

ありがたみ ありがたさ

ありがたみ ありがたさ
なまぐさみ なまぐささ
うまみ うまさ
それぞれ、ありがたい、なまぐさい、うまい、などの動詞・形容詞の名詞形です
〇〇み 〇〇さ こういう名詞形があると最近気が付きました

×神々しみ 〇神々しさ
×情けなみ 〇情けなさ
全部が全部、ちゃんとした言葉になるわけじゃない、言葉にならない場合もあります

〇厚み 〇厚さ
×熱み 〇熱さ
同じ発音でも、ちゃんとした言葉になったり、言葉にならなかったり

〇〇み 〇〇さ この名詞形に注目はしましたが
使える言葉になるか、ならないか、はランダムで、規則性はあるのでしょうかね

広島ブログ

2019年6月15日 (土)

帝国ホテル建築物語

「帝国ホテル建築物語」植松三十里 PHP
植松三十里は女流作家ですが、テーマ筆致など、門井慶喜を思い起こします。
帝国ホテルの新館は、設計監理はライト、支配人は林愛作、重役の筆頭は大倉財閥の大倉喜八郎。
ライトの補助に遠藤新が就いた。
工事が難航したり、地震が相次ぎ、火事で旧館が焼け落ちたり、ホテル存亡の危機が迫る。
ライトが国に帰り、重役は全員退職、支配人も退職する。
支配人を引き継いだのは、犬丸徹三。
役員も若手が引き継ぎ、ライト新館は完成する。
関東大震災で東京は壊滅し、ライト新館は地震に耐え、名を挙げる。
プルローグとエピローグで、明治村にライト新館を移転することが語られている。
帝国ホテルの改築改装で、ライト新館が破壊されるところだったのを、寸前で救い出したのだ。

読書メーター

広島ブログ

2019年6月14日 (金)

奮ってご参加ください

奮って、と始まると、必ず、参加してください、と結びます
[自分から進んで]
[積極的に]
こういう意味あいでご参加ください、とアナウンスしているのだそうです

ほとんど強制的に参加が義務付けられているのに、奮って参加してください、とある場合
[勇気を出して]
[精一杯努力して]
[この世の末だと諦めて]
このように、奮って、を読み替えたくなります

寅さんの、【奮闘努力の甲斐もなく、今日も涙の今日も涙の陽が落ちる、陽が落ちる】
奮闘努力の奮は、奮って、の奮です
この場合の奮は、自分から進んでのことか、他人から迫られてのことか、自分からでしょうね

興奮の奮の字から、奮ってを解釈しようとすると、行き詰ります
興奮の奮の使い方と、奮っての奮の使い方とは、場面が違うのだろうと思います

広島ブログ

2019年6月13日 (木)

美波羅川、水源地まで探索、往復 2(自転車篇)

美波羅川は盆地平野の真ん中を走っている。一ツ橋という橋を渡る。盆地平野の真ん中の橋なんだよ。橋を渡れば左岸を走っているのだ。
ここから先の風景に戸惑ったのですよ。冒頭で述べた、世羅から三和に向かうのに、ここは走ったはずなのに風景に見覚えが無いと目パチクリしたあたりです。
ガソリンスタンドには見覚えがある、津久志郵便局にも見覚えがある。ただ、川の風景に見覚えがない。
段々と焦点が合ってきました。橋の銘板を見てみると、美波羅川とある。なるほど、間違いないと記憶が復活してきた。
次の分岐が大きなポイントなんですよ。京丸から甲山へと続く道の分岐点なのだ。ここでは曲がることなく直進する。
このあたりになると、もう川とは呼べない、用水路、溝になっている。この流れが美波羅川とは言い難い。だけど、美波羅川の源流には違いないのだよ。
峠のてっぺんに到着する。分水嶺の看板がある。ここで芦田川(瀬戸内海)と美波羅川(日本海)に別れるのだ。
大きな池がある。隣に、小さな池がある。これらの池が美波羅川の水源池なのだよ。
峠の向こうにほんの200メートルも行くと、フルーツロードがあるのだ。2019年_5月_7日「世羅郡世羅町、フルーツロード」で通ったことがあるのだ。接近したけど交わっていない、ニアミスなんだね。
満足したぞ。さて、帰るかね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のURLからお出で下さい。

http://sherpaland.net/bike/2019/bike-190610-mihara_gw2/bike-190610-mihara_gw2.html

広島ブログ

2019年6月12日 (水)

貶める

[貶める]と書いて[おとしめる]と読みます
さて、何パーセントの人が読めるでしょうか
でも、何となく意味は伝わる
貝へんに乏しい、貝へんは金銭関係、こんなことなら
どうせ、ろくでもないことだろうな、と類推できる

ディスる、貶めるの代わりに、若者の間ではこの言い方を見かけます
これ、何パーセントの人が理解できるでしょうね
そもそも、彼らは赤の他人にまで伝えようとは思ってもいません
仲間内だけの用語です
意味不明でもそれで結構
何か何まで、若者言葉に体を寄せしようとする必要はありません

広島ブログ

2019年6月11日 (火)

指揮権発動

「指揮権発動」笹本稜平 角川書店
アフガニスタンで日本人3人が殺された。
その捜査で、検事、警視庁公安、警視庁捜1が派遣された。
殺されたのはODA案件を扱うコンサルタントの社員だった。
調べて行くうち、外務省管轄のODA、キックバックされて日本の政界に還流されているのが見えてきた。
CIAが絡んでタリバンに流れている気配もある。
477ページの本文で、冒頭からずっとアフガニスタンの国内でばかり行動している、377ページから舞台が日本に移ってきた。
これから首謀を暴く。
外務省高官で国会議員に転じ、今は党の総務会長の領袖を逮捕した。
指揮権が発動された。
指揮権発動を覆す手を考えなきゃならない。
そうするにはどうする。
ネタバレになるけど、えい、全部さらしてしまいましょう。
内閣総辞職、総理や閣僚が大勢逮捕されました。

読書メーター

広島ブログ

2019年6月10日 (月)

逆ギレ

逆ギレとは、立場の弱い方が切れてしまう状態のはずです。
実際使われている用法では、立場の強いほうが切れても、逆ギレと言っています。
逆に意味はありません、これはもう、強調する言い方ですね。

切れた、モア切れた、モスト切れた
切れた、切れタァ、切れテスト

さらに強調するなら
爆ギレ、超ギレ、ウルトラスーパー切れ
果てしがないから止めておきます。

広島ブログ

2019年6月 9日 (日)

カメラの時計が狂っています

GPSの軌跡の上で、カメラのExif情報の時刻をキーにして
写真をどこで撮ったのか明らかにできます。
往々にして、カメラの時刻は狂います。
3分違えば、歩きでもだいぶ位置の狂いがあります。
自転車なら、さらに位置が狂います。
たまにはカメラの時刻合わせをしておかなきゃなりません。
だいたい目安は半年かなぁ。
半年経つと、3分程度は狂ってきます。狂っていました。

カメラじゃなく、GPSが狂っているとは考えられないのかい。

GPSでは手動での時刻修正はできません。
人工衛星を基準にして、常に時刻を同期させています。
カメラのほうが狂っていると考えるべきでしょう。

広島ブログ

2019年6月 8日 (土)

子供をもうける

〇子供を儲ける
×子供を設ける
どっちの漢字も見ることは見るが、〇×で示すように、これが正字なんだそうです
どっちにしても、納得いかないなぁ

子供を儲けるの反対は、子どもを損した、なのかね
子供を設けるがピンと来ないのは、子供は建物じゃないわい

子供をもうける
ひらがなで書きましょうよ、そのほうが平穏無事だと思うよ

広島ブログ

2019年6月 7日 (金)

三原市のみはらし連山、米田山

稜線の道に合流した。案内標識があって、←大平山 米田山→ 2万5千図には大平山の山名はない。大平山と鉢ヶ峯の中間に通信鉄塔があって三角点のある山があるが、その山を大平山と言うのだそうな。
稜線のメインの道は極めて歩き易い。草葉梢に邪魔されることもないし、悠々と広い道を歩いて行ける。
登り坂を登って、道は平らになり、森の中を進んで行く。米田山の頂上部を歩いているのだ。
稜線の通路から外れて米田山の三角点はある。道に案内標識がある。←象山 大平山→ とあって、足許に米田山山頂と書いてある。
頂上部は草刈してあって、三角点の広場になっている。
樹が伐採してあって、見晴らしが効く。筆影山、竜王山が見えている。ちょっと位置を変えると、三原の中心部が見えている。
さて、下りるかね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分を抜書きしたものです。
全体の姿は下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/yoneda_ym.html

広島ブログ

2019年6月 6日 (木)

いさぎよい おもんぱかる

いさぎよい、いさぎよさ
おもんぱかる、おもんぱかり

長い音節の言葉です。五音、六音の単語です。
七音、八音の言葉もあるだろうけど、それはまぁ置いといて。

潔い
慮る

文字で書くなら、二文字ででも表現できる。
長くてもよし、短くてもよし。
こんなに自由自在なラングウィッジはなかなかないでしょ。

それだけに、外国人相手の日本語教師は苦労するだろうなぁ。

広島ブログ

2019年6月 5日 (水)

スイキンチカモクドッテンカープ

スイキンチカモクドッテンカープ
この元ネタは
スイキンチカモクドッテンカイメイ
ですが
ここでね、出典不明、このフレーズを思い出しました
水金地火木出典不明

あるいは、こんなのも
水金地火木どんなに解明
水金地火木どしても開催
水金地火木どすこい革命
水金地火木どれだけカイワレ
水金地火木どうでもラーメン

広島ブログ

 

2019年6月 4日 (火)

神算鬼謀

ウェブで目に付いたものを拾い上げました
神算鬼謀
これは凄いな
陰謀を巡らすにも、戦略を立てるにも、スケールがでかい
なにしろ、神か、鬼か、のレベルで考えるんだもの

誰が編み出した四文字熟語なのかしら
三国志とか水滸伝から由来するものとは違うと思うぞ
マンガから出たものだろうなぁ
出典不明、始めて見るフレーズです

広島ブログ

2019年6月 3日 (月)

永田町小町バトル

「永田町小町バトル」西條奈加 実業之日本社
現役キャバクラ嬢が衆議院議員に当選した。野党の議員なのだ。
新人同期の当選者に世襲議員がいる。与党の当選者。
二人は女流議員として対立することを約束されている。
ヒロインキャバクラ議員の狙いは子ども政策、NPO法人夜間託児所を運営している。
少子化、子どもの貧困、離婚家庭、未婚の母などをカバーする法案を纏めようとしている。
あの西條奈加がですよ、政治の中心、国会議員の世界を描くとは驚いたな。
最初は、コミカルな小説かと思ったのですよ。
違った、真正面からの社会派小説じゃありませんか。
むちゃくちゃ啓蒙されたな、問題の本質に納得しました。
読み難い、眠い、そんな読後感もあるが、そんな人は一部だよ。柔らかすぎる本ばかり読んでいては成長しない。
とってもよく解るお話しです。漢字の多い解説書や感情過多のルポルタージュよりはるかに説得力がある。

読書メーター

広島ブログ

2019年6月 2日 (日)

ダイバーシティの誤解

ダイバーシティとは、シティにダイビングすることかなぁ、となんとなく受け取っていました。

違った。
【英語の形容詞 diverse(さまざまな)を名詞化した語で、英語では diversity と綴って、主に「多様性」と和訳される】
【「生物多様性」「遺伝的多様性」「文化多様性」あるいは労働における「人材の多様さ」といった概念を指す語として用いられる】
のだそうです。

わたしが最初にダイバーシティを知ったのは、二十年か三十年前のこと、自動車のテレビアンテナでした。
テレビ電波をアンテナで拾い分けるのをダイバーシティと呼ぶのだと学習しました。
ということで、これは即ち、シティをダイビングすることなのだ、と固く刷り込まれていました。

その後
ダイバーシティの概念は広がり、電波の規定はその中の一部分になってきました。
そんなことは知りません。最初の刷り込みのまま、なんか使い方が違うぞ、と戸惑っていました。
やっと刷り込みの呪縛から解放されました。
へぇぇ、多様性ということなんだ。

広島ブログ

2019年6月 1日 (土)

蜂と衝突

自転車で下り坂を疾走していました。
突然、太ももに火を押し当てられたような衝撃がありました。
空中を浮遊していた蜂にぶつかってしまったのです。
蜂は反撃して刺して姿を消しました。
翌日、太ももはパンパンに腫れています。
ミツバチ、ジバチ、アシナガバチ、そのクラスの蜂だろうと思います。
スズメバチならもっと被害が大きい。
一昨年、スズメバチに刺されたことがあります。
アナフィラキシーショックを心配しなきゃなりません。
刺した蜂がスズメバチなら、その後、自転車を漕ぎ続けるなど出来なかったでしょう。

普通なら、飛んでいる蜂が人間にぶつかるなどないことです。
ないはずのことが起きてしまうんですねぇ。

広島ブログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31