無料ブログはココログ

« 美波羅川、水源地まで探索、往復 2(自転車篇) | トップページ | 帝国ホテル建築物語 »

2019年6月14日 (金)

奮ってご参加ください

奮って、と始まると、必ず、参加してください、と結びます
[自分から進んで]
[積極的に]
こういう意味あいでご参加ください、とアナウンスしているのだそうです

ほとんど強制的に参加が義務付けられているのに、奮って参加してください、とある場合
[勇気を出して]
[精一杯努力して]
[この世の末だと諦めて]
このように、奮って、を読み替えたくなります

寅さんの、【奮闘努力の甲斐もなく、今日も涙の今日も涙の陽が落ちる、陽が落ちる】
奮闘努力の奮は、奮って、の奮です
この場合の奮は、自分から進んでのことか、他人から迫られてのことか、自分からでしょうね

興奮の奮の字から、奮ってを解釈しようとすると、行き詰ります
興奮の奮の使い方と、奮っての奮の使い方とは、場面が違うのだろうと思います

広島ブログ

« 美波羅川、水源地まで探索、往復 2(自転車篇) | トップページ | 帝国ホテル建築物語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美波羅川、水源地まで探索、往復 2(自転車篇) | トップページ | 帝国ホテル建築物語 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30