無料ブログはココログ

« お詫びのしるし | トップページ | 三原市のみはらし連山、象山 »

2019年6月20日 (木)

なにげなく なにげに

なにげなく なにげに
さりげなく さりげに

○○ではないと否定したものが、肯定形で現れる例です

なにげないのかい、なにげなのかい、どっちでもええのかい
さりげないのかい、さりげなのかい、どっちでもええのかい

曖昧で、こんにゃく問答のような、話しの流れによっては
否定肯定、どっちにでも話を合わせることが出来るように
こんな言葉遣いになって来つつあります

なさけなく なさけに
しどけなく しどけに

否定したものを肯定形にしてみたが、通用しない例です。
これが普通だと思うのですが、今後、通用するようになるかもしれません

広島ブログ

« お詫びのしるし | トップページ | 三原市のみはらし連山、象山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お詫びのしるし | トップページ | 三原市のみはらし連山、象山 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31