無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月31日 (土)

カープのドミニカン

アレハンドロ・メヒア(Alejandro Mejia )
ヘロニモ・フランスア(Geronimo Franzua )
エマイリン・モンティージャ(Emailin Montilla )
フアン・ダニエル・サンタナ(Juan Daniel Santana )

いずれもカープのドミニカンですがね

カタカナで書くと、なんの不思議もありませんが
アルファベットで書くと、英語読みに慣れているので
スペイン語読みでは、へぇぇ、こう読むのかい、こう書くのかい

もう一人いました
サビエル・アレクサンデル・バティスタ(Xavier Alexander Batista )
キリシタン・バテレンの宣教師ザビエルはこう綴るのです

広島ブログ

 

2019年8月30日 (金)

サブ機とメイン機を入れ替えました

今までのメイン機には、ウィンドウズ・アップデートのデータベースに破損があることがわかりました。
いろいろがんばって調べましたが、敷居が高い、破損を修復することは断念しました。

サブ機は、メイン機に異常があったときに代わりに出動する役目です。
まさに、今がその時。
ブックマーク、お気に入り、を引っ越しする。
デスクトップのメモ、ドキュメントの中の重要メモも引っ越しする。
過去のGPSログも引っ越しする。
Google Map 、Google Earth Pro も使えることを確認する。
地図ソフト、轍Wadachi も、作業が再現されることを確認する。
ホームページビルダーが使えることを確認する。
年賀状ソフト、これは引っ越しせずに、旧機に残しておこう。

引っ越しできていないのがメール。
モジラ・サンダーバードを使っています。
あんまり昔々のことなので、パスワードを覚えていない。メモもない。
ま、重要メールなどないので、今から新しく始めても差し支えない。
重要なメールは、その都度、ドキュメント化して別に保存しているから問題ない。

今日から新しいメイン機を使っています。
サブ機に格下げになったのは、どうしましょうかねぇ。
テレビなどのメーカーの機能が付属しているんですよ。
フォーマットして、クリーンインストールすると、その機能も消えてしまうのじゃなかろうか。
テレビまで捨ててしまうのは惜しいよね。
通信線を外してしまって、データ倉庫として使おうかな。
どうしたものか、今は思考停止になっております。

広島ブログ

 

2019年8月29日 (木)

中川家、中川一家、中川屋

中川家と聞けば、あぁ、マンザイだな、それとも、ラーメン屋かな
中川一家という名乗りなら、これは、もぅ、ヤクザでしょう
中川屋なら、商店として普通ですよね

ええと、あなた、何が言いたいのかな

型、定型というものがありましてね
このように打ち出せば、世間はこう受け取るだろう
そういうもんなんですね

p>

広島ブログ

2019年8月28日 (水)

働き方改革

NHK、チコちゃんで
CGチームに負担を掛けないやりかたを
働き方改革とギャグ化しています
そうか、そういうことか
ギャグで示していますが
働き方改革とはそういうことか

広島ブログ

2019年8月27日 (火)

近郷近在、岡田山5、南側の岡田山開拓地から

コンクリートの擁壁が見えてくる。よく見ると、コンクリート擁壁に沿って道がある。
何度もこの道は通ったが、これが道だとなかなか気が付かなかった。2018年12月15日 「近郷近在、岡田山4、麓から頂上まで[ほぼ]完全版」これまで道があるとも思いもしなかった。
擁壁に沿って登って行く。
古い道があるのだ。前回は手入れの行き届いた道だったが、今回は、先日の台風10号の影響なのか、道に折れ枝は落ちているは、青葉が散乱しているは、このあたりは風害が凄かったみたい。
しばらくは山腹を歩く。次第に稜線に近づいて行って、このあたりでは稜線の背中を歩いている。尖った稜線ではない、丸まった稜線だよ。
最初は左側が植林地で、次に右側が植林地に変わっていく。
道の脇に岡田山の三角点がある。
三角点から北に向かうと、2018年11月30日 「近郷近在、岡田山3、純度100%の自然道で登る」岡田山への新鮮なコースがある。
三角点から、いったん、鞍部に下って、登り直して、岡田山の展望広場に向かう。岡田山神社の祠があって、拝殿が脇にある。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/okadayama5.html

広島ブログ

2019年8月26日 (月)

G7で思うこと

G7で首脳陣が並ぶと、思うことがあります
日本の首相、背丈で引けを取っていない
安部首相でよかったな
中曽根首相も背が高かったな

もしも、世耕通産相が首相になったら、残念な絵姿ですね
ま、首相にはならないだろうけど

広島ブログ

2019年8月25日 (日)

令和を意識していますか

日常生活で、何月か、何日かは気に掛けるものですが
今年が何年か、これは思うことはありませんねぇ
役所や銀行で、書類に何年何月何日と書き入れる、それぐらいかな
次に令和を意識するのは年賀状を書くときでしょうね
普段の暮らしで年号を意識することはありませんねぇ
昭和何年、平成何年と言われても、いったいそれは何十年前か、見当が付かなくなりました
それよりも、西暦で言われた方が馴染みやすくなりました

広島ブログ

2019年8月24日 (土)

今日は mixi が異常でした

ただ今、クロームのブックマークからエッジのお気に入りへ
エキスポートする作業をやっております
そんな折に
mixiが forbidden、探し当てられません
あれぇ、どこか失敗したかな
あれは夕方の手前のこと、時間を置いて、夜の10時過ぎ
閲覧してみると、姿を表しました

やれやれ、こっちのせいではなかった
mixi のサーバーに異常があったのだ
ほっとしたよ

ネットニュースによると、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)の混乱の
巻き添えなんですってね
わたしの作業中にちょうど事件が起きたから、自分がミスしたと思いました

広島ブログ

2019年8月23日 (金)

遺憾をひらがなで解釈すると

不満である
腹立つ
バカじゃないの
どうしょうもないね
あぁそうですかそうですか

というようなことは、言いたくても言えないので
遺憾である、と定型文に留めているのでしょうね

「盗人猛々しい」などと、言い放ってもよろしいが
いかがなものか、と顰蹙を買うので、やめたほうがよろしい

イカン砲などと世間では揶揄しますが
遺憾である、と表明するのは抑えた表現のようです

霞ヶ関文法があって、遺憾であるには違いないが
前後の言い回しで微妙に遺憾の軽重を表現しているのだそうです

広島ブログ

2019年8月22日 (木)

W8.1からのW10、毎年のアップデートができないわけ

最初っからのW10は毎年のアップデートは順調に進んでいますが
W8.1からアップグレードしたW10は毎年のアップデートに常に失敗します。
誰もが全員そうなるわけじゃないでしょうが、私の場合は落とし穴に落ちてしまいます。
いろいろ調べてみて、原因を突き止めました。
ウィンドウズ・アップデートのデータベースに破損があることがわかりました。

データベースの修復の方法を探しました。
コマンドプロンプトで修復できるとアドバイスがありましたが
DOSを知らないので、その世界に入ることはためらいがあります。
ドスることもできません。

結局
フォーマットして、再び、W8.1からクリーンインストールして、W10にアップデートした上で
正常なデータベースに、アップデートを待つ以外に道はないようです。

気息を整え、精神を統一して、作業にかからねばならないので
クリーンインストールはもうちょっと先になります。
えらいことになったよ。

広島ブログ

2019年8月21日 (水)

検事の信義

「検事の信義」柚月裕子 角川書店
中編四篇です。
語り手は検察事務官増田、佐方検事の担当事務官なのだ。主人公は検事。
「裁きを望む」人家侵入窃盗事件、判決は無罪。実は、一事不再理を狙ってのこと。
「恨みを刻む」覚醒剤取締法違反、アリバイ成立。実は、悪徳刑事の策謀。
「正義を質す」暴力団抗争について検察が手心を加える、のか。暴力団幹部を釈放すれば抗争は収まる。
「信義を守る」母親殺人事件、殺人に至る深いわけ。被告があえて刑務所入りを望むわけ。

読書メーター

広島ブログ

2019年8月20日 (火)

覆面作家

「覆面作家」大沢在昌 講談社
8篇の短編集です。
主人公は自分、大沢在昌です。
身辺雑記ですが、ありそうな話だが、これは創作だな、虚実入り混じったお話しだなとわかります。
日が暮れて、夜の街に飲みに行って出会ったお話しだったり
学生時代の友人にばったり出会って、その身に降り掛かったお話しだったり
大沢在昌のいつものストーリーテリングの調子はありません。
文壇私小説の世界のようで、読みながら、どこか勝手が違うぞ、大沢在昌ではないみたい。
短編集主題の「覆面作家」ですが、覆面作家の裏にさらに覆面作家がいるのです。
このへんは、いつもの伏線を撒き、回収していくいつもの大沢在昌ではあります。
思わず知らず、出てくる本音
図書館で講演を依頼されます。
ほんとは図書館は嫌いだ。
一冊を何人もで読むなよ。
独り一冊づつ買ってくれる方がありがたい。
なんぼ図書館で人気のある作家だとしても、何十人も何百人も予約して待機するなよ。
予約を解約して本屋で本を買ってくれよ。
それが偽らざる本音でしょうね。

読書メーター

広島ブログ

2019年8月19日 (月)

黄色 レモン色 オレンジ色

わたし世代の人には、黄色、橙色と代表色が共通していました。
今どきでは、黄色が避けられる傾向にある。
橙色というのはなくなって、レモン色、オレンジ色と呼ばれている。
時代の好みなんです。
ただね、ほんとのところ、呼び名が違うだけで色自体の好みは変わらないかもしれません。
黄色については、色そのものも呼び名もあんまりお話しに出てこないような気がする。
人気が落ちているような気がします。
ほんとは、流行色決定委員会の見解を聞かなきゃいけないのでしょうがね。
そんな気がするよ、と世間の片隅からのたわ言です。

広島ブログ

 

2019年8月18日 (日)

父子ゆえ 摺師安次郎人情暦

「父子ゆえ 摺師安次郎人情暦」梶よう子 角川春樹事務所
摺師安次郎人情暦のシリーズでは「いろあわせ」を読んでいます。
そうか、安次郎には子供がいたのか。
亡妻の里で子供は育ててもらっている。
子供が怪我したことを機会に、やはり、自分の子供は自分で育てよう。里から引き取った。
父ちゃんは摺師、あたいは彫師になるんだ、親子で同じ絵に関わるんだ。
絵師がいて、彫師がいて、摺師がいて、版元が出版できるのだ。
長屋のやり取り、摺り場での意地張り、町人と武士の違い、いろいろあります。
巻末で、安次郎は亡妻の後添えをもらう気配で終わっています。
お仕事小説であり、人情小説なんです。
[父子ゆえ]は、[おやこゆえ]と読みます。

読書メーター

広島ブログ

2019年8月17日 (土)

Windows10のアップデート

Windows10で、メイン機・サブ機を使っています。
メイン機は、もともとはWindows8.1で、バージョンアップしてWindows10、このほうが使い慣れています。
サブ機は、購入時からWindows10で、主にホームページ原稿のバックアップ用、メイン機が壊れたらサブ機が出動する備えです。

毎年春のウィンドウズアップですが
Windows10のサブ機は、今年のアップデートも去年のも順調にクリアしました。
スタートがWindows8.1で、バージョンアップしての、なんちゃってWindows10ですが
2018年のアップデートがどうしても完了しません。よく見ると、2017年のアップデートも出来ていません。
ましてや、2019年のバージョンアップなど論外です。

さて、どうするか
A、ウィルスソフトメーカーの対応を見る
 アップデートが完了していなければ、サポートできない、そういう社告が出ない限り、今のままで使い続ける。
B、メイン機とサブ機を入れ替える、しかしねぇ
 なんちゃってWindows10なんですが、慣れ親しんだ環境なんですよ、できることならこのまま続行したい。
C、まさかマイクロソフトともあろうものが、去年のアップデートが不完全なまま置き去りにはしないでしょう。
 あんまり希望があるとも思えないが、対策してくれるのを待つ。

そもそも根本的な疑問、毎年春のバージョンアップですが、必要不可欠なものなのかしら。
新しい機能を付加する、そういうものなのかしら、もう新しい機能は要らないのだが。
あれば便利、という程度なら、バージョンアップは不必要です。

アップデートが完了したかどうかを確認するには
左下のスタートマークを左クリック
ABCではなく、あいうえおの列のせ、[設定]をクリック
[更新とセキュリティ]、ここで、アップデートが完了したか、失敗しているか、わかります

広島ブログ

2019年8月16日 (金)

お茶壷道中

「お茶壷道中」梶よう子 角川書店
仁吉は宇治から江戸の葉茶屋に奉公に出た。
宇治からお茶壷が江戸まで公儀の道中をするのが自慢で必ず見物に行くのが常だった。
ずいずいずっころばしごまみそずい、茶壷に追われてとっぴんしゃん。
時は幕末、横浜が開港して、横浜店を開くのに携わった。
慶応三年、徳川幕府の権威は揺らいで、最後のお茶壷道中の出立にも立ち会った。
幕府が揺らぐのと同様、老舗の商いも新しい商いに変わらねば立ち行かない。
子どもから若衆、手代、番頭へと出世して行く立身出世のお話しです。
仁吉→仁太郎(元服後の名前)→太兵衛、太兵衛は老舗の旦那名、主となります。

読書メーター

広島ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月15日 (木)

自由闊達 自由奔放

世間での露出具合ですがね
自由闊達は、政治記事、経済記事でしか見ることがない
自由奔放は、社会面、芸能面、どこででも目にします
自由奔放は中学生でも知っているが
自由闊達は相当な大人でも知らない人が多い

広まらないのは理由があって
相手が知らない言葉だろうと話題にするのをやめてしまう
相手の教養を忖度して、低きに合わせるのです、自主規制するのです
案外、学習してよく知っているのかもしれない、のにね

自由闊達は知的フェーズ、自由奔放は情的フェーズで使われることが多く
それで世間に浸透するのに差が出たのでしょうかね

広島ブログ

2019年8月14日 (水)

歴史学者、歴史家

歴史学者は有名になると、講演とか考証などで飯が食えるのです
そこまで到達した人は、歴史学者ではなく、歴史家と呼ばれます
数学者、物理学者、天文学者などは
いくら高名でも、数家、物理家、天文家に転身することはありません
理由は判りますね、マーケットがないから、飯が食えないから
政治学者が政治家に変身することがあるか
選挙があるからねぇ、可能性があると言えばある、ないと言えばない

広島ブログ

2019年8月13日 (火)

沼田川、椋梨川の支流、大草川(自転車篇)

椋梨ダム=白竜湖の上流に白竜湖スポーツ村公園がある。そこの駐車場に車を停める。
自転車で走り出して、白竜湖スポーツ村公園の看板アーチを潜る。橋がある。福源橋。この川はまだ椋梨川。
橋を渡って右岸を進む。テニスコートに沿って進むのだ。
あれれ、この道は行き止まり、セメントの階段があって、自転車を担いで階段を登らなきゃならない。
橋があって、橋の銘板には、蛇之首橋、大草川とある。橋から下流を見ると、椋梨川に大草川が合流している。
川沿いに進むと、国道486号線に合流する。川沿いに道は無いので、国道を東に進む。美容院キャビンがある、その交差点を曲がって国道から離れる。
峠を越えると大草川に合流する。橋の名前が大学橋、そこから上流を眺める。普段は国道を通っていたので、大草川の盆地平野は新鮮に見える。
フライトロードの出入口の近くを過ぎる。大和南インター入口という信号交差点なのだよ。
大正橋の次の橋で、大草川沿いに進むのは無理となって、国道を進んで行く。
間もなく国道から離れる。県道を進んで、大草の中心地に入る。農協支店、郵便局、公民館などがあって、このへんの中心地になっている。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクから見てみてください。

http://sherpaland.net/bike/2019/bike-190811-ohksa_rv/bike-190811-ohksa_rv.html

広島ブログ

2019年8月12日 (月)

肝煎り

基本は精一杯に世話を焼くことだが
祭や町内行事などの役職のことも指す

揉めに揉めて、あちらを立て、こちらをなだめ
大いに肝が煎られる世話焼きとは
言いえて妙、大変だねぇ
世話役とも言う
自転車であちこちを走り回っていると
神社の鳥居の石に、世話役何某と彫ってあるのはよく見かける
めったに見ないが、肝煎何某と彫ってあるのを見たこともある

今のご時世では
肝煎り・世話役とは言わない、実行委員長と名乗っている

広島ブログ

2019年8月11日 (日)

言うだけ番長

政界用語で見るのだが、言うだけ番長とは何のこと?
それはね、夕焼け番長というマンガがあってね
そのモジリなの

ふぅん、夕焼け番長というマンガをわたしは知らない
ギャグマンガなのかしら、劇画なのかしら
元ネタを知らないのに、そのパロディと言われても
そりゃぁ伝わらないよねぇ

たぶん、言うだけ番長と囃しているいる人たちも
言うだけ→夕焼け→夕焼け番長→言うだけ番長
言葉の転換をしているうち、これは使える、いじれる
と発見したものでしょうね

言うだけ番長と言っているひとも、夕焼け番長のマンガを知らないと思うよ
1967年 - 1971年当時の連載なのだそうな
50年前の元ネタだよ、たいていの人が知らなくて当然だね

広島ブログ

2019年8月10日 (土)

帰去来

「帰去来」大沢在昌 朝日新聞出版
陶淵明とは何の関係もありません。
題名の意味は、行ったり来たりまた帰ったり、そういう意味。
ヒロインは志麻由子、こっちの世界ではしがない巡査部長。
ナイトハンターの張り込みで、襲われて命を落としかけた。
転生して、パラレルワールドに転がり込んだ。
ここはアジア連邦日本共和国東京市、名前も同じ志麻由子警視となっている。
同じ世界ではない。微妙に違っている。
あっちでは母親が死んでいるが、こっちでは生きている。
あっちの父は、こっちの父と顔立ちがわずかに違う。
時代は相当遅れている時代に入ったみたい。
東京市は、黒羽組とツルギ会、ふたつの暴力団が対立している。
志麻由子警視はふたつの暴力団を煽り、壊滅させる。
パラレルワールド、タイムマシン、この説明が難しい。
理解しようとしても埒が明かないので流されるままに読んで行く。
最後、元の世界へ戻れます。
志麻由子巡査部長は生き残ったが、志麻由子警視は死亡した。

読書メーター

広島ブログ

2019年8月 9日 (金)

さんきゅう倉田 サンキュータツオ

このふたり、お笑いのコンビだと思うでしょ
さんきゅう倉田はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属、元国税庁職員
サンキュータツオ、ワタナベエンタテイメント所属、大学講師と二足のワラジ

てっきりコンビだと錯覚するが、全然無関係
たぶん、同じ舞台・メディアで顔を合わせることもないでしょう

さんきゅう倉田を見たことはありませんが
サンキュータツオは、NHKラジオ[すっぴん!]の月曜日パーソナリティ、辞書に詳しい
今、[すっぴん!]は高校野球で番組はお休み中です

広島ブログ

2019年8月 8日 (木)

政府は嫌いだが国民は好きだ

かの国や某国でよく聞くフレーズですがね
使い分けるそのこと自体がどうかと思うよ
政府は、その国民から選挙で選ばれて出来たものです
政府が嫌いなら、国民も嫌いでないと意味が通りません
嫌いなら嫌いで、嫌い抜いてください
それでも
国民が好きだと言いながら、政府が嫌いなのはどういうわけか
あなたがたのほうに、どこかに不都合があるから、無理があるからです

わたし?
わたしはかの国や某国の政府もその国民も嫌いです

たぶん、これは前にもアップしたことがあるはずです
何年かに一度、ガス抜きしたくなるから、繰り返すのでしょうね

広島ブログ

2019年8月 7日 (水)

激似

この字、どう読みますか
げきに
げきじ
似る、の訓読みは、にる
似、の音読みは、じ、例をあげれば、相似

激似を音読みで読んでも、どうにも落ち着かない
音訓混ぜ読みにすると、おさまりがええ
激辛(げきから)、激旨(げきうま)などの先例があるからです
もうここは、げきに、と読むしかしょうがないね

耳慣れない漢字を使うから、どう読むべきか戸惑うんですよ
[激似]と書かずに、[とっても似ている]、[激しく似ている]
このように、平仮名で書けば受け入れやすいのにね

広島ブログ

2019年8月 6日 (火)

相も変わらず偽メール

American Airlines から予約確認のメールが来ました。
罠を仕掛けたURLに誘導する狙いです。
あいにく、旅行に出かける予定等ありません。
このような予約を入れた覚えはありません。
バレバレじゃん。
古典的な偽メールですね。

佐川急便やクロネコ便ならともかくも
FedEx、DHL などの外国の宅配便の業者からのメールなら、ちょっと考えてしまう。
あるかもしれないメールと、ありそうもないメール
偽メールにもいろいろあるもんです。

時々、Microsoft や Google からメールが来ます。
ここにはメールアドレスを明かしています。名乗らなきゃ使えないからね。
本物かもしれませんが、どうせ、メールの内容は何かを売り込みたいのでしょう。
本物だろうが、偽物だろうが、一切、気に掛けないことにしています。

広島ブログ

2019年8月 5日 (月)

盗人猛々しい、二回目の指摘

韓国のムン大統領の国民へのスピーチで
日本は盗人猛々しいと言いました。
前にも、韓国国会議長の盗人猛々しいとの発言もありました。
韓国では、公的な場で盗人猛々しいと罵るのは普通にあるのでしょうね。

日本では、公的な場で悪態をつくと人物の評価が下がります。
盗人猛々しいは、身内だけの場とか、オフレコの場合ならOKですが
開かれた場で使用するのは良しとはされません。
日本では常軌を逸した発言と受け取られますが
韓国では何の問題もない発言なんでしょうね。
言葉について、日韓両国の温度差を感じました。

韓国国会議長の盗人猛々しいについてですが
2019-02-24に、わたし、ここで触れています。

広島ブログ

2019年8月 4日 (日)

わたし、定時で帰ります ハイパー

「わたし、定時で帰ります ハイパー」朱野帰子(あけのかえるこ) 新潮社
前作では、闘う対象はパワハラ上司、帝国陸軍のインパール作戦を指揮した無能な将軍と重なります。
この作では、パワハラなのは得意先、上司以上に難敵です。
ここで底流に流れるテーマソングは忠臣蔵。
我慢に我慢、最後は跳ね返してかたきを取る。
そりゃもぅ、イジメにイジメられのを耐え忍ぶところを読むのがつらい。
それだけに、仕返ししたところを読むとスカッとする。
テレビドラマではさらっとと流していましたが、本格的に格闘し、最後はコンペを勝ち取るのです。
前作から今作まで、ウジウジと前に進まない恋愛でしたが、ネタバラシしてしまいましょう、おめでとう、ハッピーエンド。

読書メーター

広島ブログ

2019年8月 3日 (土)

三原市大和町白竜湖、北側の中電道

二番目の送電線鉄塔に到着、梢越しに三番目の鉄塔が見えている。あの方向を目指すんだな。
峠を右側に進み、登りの道になって来る。
なんでしょうね、いきなり嫌気が差して来た。三番目の鉄塔へは、登って、谷を下って、また登り返して進まなきゃならない。
別紙のグーグルマップを見ていただきたい。そこで説明するとね
鉄塔が写真に載っている。そのまま地図を西に移動して鉄塔を順番に確認してみてください。五番目の鉄塔まで進んで行くつもりなんですよ。
送電線巡視路は、当然のことだが、真っ直ぐに山越え谷越えして進んで行く。
やんなっちゃった。汗水垂らして、手持ちの水の量と相談しながら進む。帰りの水を確保するなら、ここで引き返すべきだ。
弱気の虫、それには違いないが、こんな酷暑の時期に押し切ってやることはない。もっと凌ぎやすい季節に来ようよ。
やめた、引き返そう。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/hakuryuko_hill.html

広島ブログ

2019年8月 2日 (金)

7月に読んだ本

7月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:3407
ナイス数:125

わたし、定時で帰ります。わたし、定時で帰ります。感想
実は、数ヶ月前、読もうと本を広げたのですよ。同僚が理不尽、上司が理不尽、あまりにも理不尽で読むのを止めてしまいました。その後、テレビドラマが始まり、理不尽さはかなり抑えてドラマが続いて行きます。テレビドラマを見たけど、やっぱり本を読んでみたいよなぁ。意外に、テレビドラマが邪魔にならない。本では、ちゃんと仕掛けを施し、伏線を張って興味を繋いでいるからです。祖父がインパール作戦に従軍した。父からインパール作戦の真実を聞き、奮い立ちます。悪いのは、上司、上官じゃないか。悪い上司と戦い、叩き潰す作戦が始まります。
読了日:07月31日 著者:朱野 帰子


剣樹抄剣樹抄感想
時は江戸初期、島原の乱、由井正雪の乱が終了した頃。戦国の気風がまだ残っている頃のことです。徳川光圀、まだ世子の身分で、自由に動ける。東海寺に異能ある子どもを集めて拾人組として、世間の探索をやっている。徳川光圀はその拾人組の目付け役をしている。そこに拾われたのが、まだ少年、了介といい、棒を使う達者ものです。江戸を火の海にする極楽組一味がいる。幕府番士の先手組は拾人組の手を借りて、極楽組の探索にあたる。世相講談なんですよ。冲方丁「光圀伝」で徳川光圀の正史を書きましたが「剣樹抄」では光圀の稗史を書いています。
読了日:07月30日 著者:冲方 丁


対岸の家事対岸の家事感想
ヒロインは村上詩織、主婦です。今や、通りを歩いても専業主婦に出会うことはない。みんなワーキングマザーです。そのことで見下されたり、うらやましがられたり、ポストに投書があった。主婦は社会のお荷物です、この世から消えてしまえ。恨まれてさえいる。それでも、ヒロイン詩織は次々と人と知り合い、和ませていく。巻頭から巻末までええ話しです。でも、詩織だからうまくやり過ごせた、ということもある。子育てに疲れ果てて、窓から身を投げてしまう人が多いだろうと思う。ハッピーエンドなんですが、すれすれのハッピーエンドなんです。
読了日:07月25日 著者:朱野 帰子


キンモクセイキンモクセイ感想
法務省のキャリアが射殺される。警察庁のキャリアが射殺される。主人公は警察庁の公安のキャリア、調べているうち、キンモクセイという言葉を聞き出す。ホウレンソウ(報告、連絡、相談)と同様に、キンモクセイ(禁止、沈黙、制圧)という意味だった。キンモクセイの出所場所は、日米合同委員会、基地の地位協定について協議するところからだった。警察庁官僚の殺人容疑で、警察庁に警視庁から身柄を押さえに来た。逃げた。逃げ回りながら、キンモクセイに関わる陰謀を探った。途中省略、めでたし、めでたし。公安のキャリアが白馬の騎士で活躍する
読了日:07月22日 著者:今野 敏


薫風のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート3薫風のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート3感想
自衛隊の音楽隊は音大出身じゃないと無理みたい。音大と自衛隊と言うコラボなんですね。音量が巨大なので、音大でも並んだ練習スタジオは防音の密室になっている。ここは自衛隊、名前も変わる、各個練磨室、たいそうな名前に変わる。これは短編集なんです。メインの登場人物だけじゃない、サブの人物も掌編となってストーリが繰り出される。三巻に渡って、鳴瀬佳音と渡会の恋はなかなか燃え上がらないが、安心してください、最終巻で見事に成就します。わたし、ラブストーリーは苦手なんですが、これは清々しい、おめでとう。
読了日:07月20日 著者:福田 和代


群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2感想
前作から一年が経った。鳴瀬佳音三等空曹は30歳になっているはずだ。表紙の絵では高校生ぐらいの年齢に見えるが、今や中堅なのだ。沖縄の航空自衛隊南西航空音楽隊で風疹が流行して、隊員が次々と感染した。立川の航空中央音楽隊から鳴瀬佳音が応援に派遣された。そこには同じ高校の吹奏楽部で一緒だった渡会三等空曹が一年前に転勤していた。この二人、将来結ばれるんですよ。伏線の張り方はそうなっている。有川浩の「空飛ぶ広報室」と似通っています。そりゃそうだよね、自衛隊で、緩い線でお話しを語るのだから、似てしまうのはしょうがない。
読了日:07月16日 著者:福田 和代


碧空(あおぞら)のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート碧空(あおぞら)のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート感想
副題に、航空自衛隊航空中央音楽隊ノート。ヒロインは鳴瀬佳音、音大を出て航空自衛隊音楽隊に所属しています。福田和代の制服ものに含まれます。普通の制服ものはシリアスで理詰めのお話しが進行していきます。これはゆるい。ページのあちこちで、くすり、にやりとしてしまう。入隊後、いろんなドジとアクシデントがあって、5年が経過したとある。となれば、ヒロイン佳音は30手前、中堅なんだが芯を張る中堅ではないなぁ。先輩後輩も人材豊かで、くすり、にやりには事欠かない。S&S探偵事務所など、ユルメの味で料理していることでもありこの
読了日:07月13日 著者:福田 和代


新聞という病 (産経セレクト)新聞という病 (産経セレクト)感想
新聞への寄稿の集成です。各節が2ページから3ページ、きわめて短文です。朝日新聞、毎日新聞、間違っていると指摘です。産経新聞、読売新聞に軍配を上げています。若いころからわたし、朝日新聞・岩波書店の姿が正しいと躾けられていました。50代のころから、考えが変わり、産経新聞のほうが正しいと考えるようになりました。読売ジャイアンツ、そこを吹っ切ると、読売新聞は何の問題もなく素直に読めます。図書館で新聞を読み比べますが、真っ先に誰かに先取りされるのは、産経新聞・読売新聞です。他は残ってはいますが、読む気がしない。
読了日:07月12日 著者:門田 隆将


血の雫血の雫感想
ネットで晒し者になって、PTSDを患い、リハビリを経て、捜査一課に返り咲いた刑事。ヘッドハントされたネットに熟達した若者、捜査畑に投入される。連続殺人事件が発生する。三人が殺される。四人目も殺される。次第に被害者四人の共通点が浮かび上がり、加害者が特定される。今、狙われているのは復興大臣、五人目として浮かび上がる。福島の原発放射能汚染が原因だと推定される。加害者が逮捕されるが、どうもねぇ、感情移入できないよねぇ。事件の主因は原発の放射能だが、サブテーマのネット社会の非情なところ、悪辣なところが心に響く。
読了日:07月10日 著者:相場 英雄


こちら横浜市港湾局みなと振興課ですこちら横浜市港湾局みなと振興課です感想
デパートへ行こう!ローカル線で行こう!遊園地に行こう!オリンピックへ行こう!などのお仕事小説だろうと読み始めました。第一章、カンボジャからの研修生が行方不明、第二章、市の写真コンテストで規定違反が受賞、第三章、横浜港に幽霊が出る。最初はお仕事小説の典型と思えます。第四章からは様子が変わってくる。主人公の新人の城戸坂は、おじいちゃんの無念を明らかにするため市役所に入ったのだ。新市長も、父の疑惑を明らかにするために市長に当選したのだ。両者が混ぜ合わさって、市長と、地元選出国会議員+地元の財界大立者との対立にな
読了日:07月05日 著者:真保 裕一


キボウのミライ S&S探偵事務所キボウのミライ S&S探偵事務所感想
自衛隊と警視庁を退職したふたりがIT探偵事務所を立ち上げた。出原しのぶと東條桃花(スモモ)のふたたりなのだ。「最終兵器は女王様」でこのシリーズを発見したのだ。前作は、中編連作だったので、これもそうかと思ったが、長編だった。事件がふたつ、ひとつは同じビルの喫茶店のマスターの娘が誘拐されて、もう7年を過ぎる、女の子を探すこと。もうひとつは、あちこちのPCがマルウェアに汚染されている。そのマルウェアをばらまいた奴を探すこと。IT探偵事務所というだけに、PCに詳しいなぁ。神戸大学工学部を出て、システムエンジニアを
読了日:07月01日 著者:福田和代

読書メーター

広島ブログ

2019年8月 1日 (木)

和諧社会

和とは、「和睦」すなわち心を合わせて助け合うことを意味し、諧とは「協調」すなわち衝突がないことを意味する
(by Wikipedia)
胡錦濤時代に採択された国家目標です。
習近平時代となっては、今もなお目標とされているのかどうか。
中国政権は前政権の看板を引き継ぐのを嫌うから、存続するのは微妙なところですね。
中国高速鉄道の和諧号は今でも走っているから、消えたわけではないのでしょう。

日本語での諧の字は、俳諧、これでしか見たことがない。
和諧と言われても、どういうこと、なんと読むの、全然理解が及ばないわけです。

訴訟で合意することを和解すると言いますが
和諧するとも言うのだそうです。

和諧の英訳はハーモニー、なるほど、そう聞けばなんとなく伝わってくる。
中国の言葉を英語で納得するとは、えらく大回りな。

広島ブログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31