無料ブログはココログ

« 覆面作家 | トップページ | W8.1からのW10、毎年のアップデートができないわけ »

2019年8月21日 (水)

検事の信義

「検事の信義」柚月裕子 角川書店
中編四篇です。
語り手は検察事務官増田、佐方検事の担当事務官なのだ。主人公は検事。
「裁きを望む」人家侵入窃盗事件、判決は無罪。実は、一事不再理を狙ってのこと。
「恨みを刻む」覚醒剤取締法違反、アリバイ成立。実は、悪徳刑事の策謀。
「正義を質す」暴力団抗争について検察が手心を加える、のか。暴力団幹部を釈放すれば抗争は収まる。
「信義を守る」母親殺人事件、殺人に至る深いわけ。被告があえて刑務所入りを望むわけ。

読書メーター

広島ブログ

« 覆面作家 | トップページ | W8.1からのW10、毎年のアップデートができないわけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 覆面作家 | トップページ | W8.1からのW10、毎年のアップデートができないわけ »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30