無料ブログはココログ

« 中国人、漢字は読めるが意味不明 | トップページ | 強烈な不満を表明する »

2019年9月10日 (火)

USB差込口に刺せるUSB、刺せないUSB

あっちのPCからこっちのPCに引っ越したら
USB差込口の数が足りません。
量販店でUSBを増設するハブを買いました。
USB2.0か、USB3.1の分類でしか売っていません。
そりゃぁ3.1のほうがええだろう。

買って帰りましたが、USB差込口に刺さりません。形状が合わない。
よぅく見ると、USB Type-Cと書いてある。

改めて、USB2.0のタイプを買ってきました。
当然、Type-Aと明示してあるものを買いました。
これでUSB増設の差込口の数が増えました。

USB Type-A。USB Type-B。USB Type-C。Mini USB Type-B。micro USB Type-B。micro USB Type-B SuperSpeed。Lightning。
調べてみると、こんなにUSBの種類があるとは、それぞれの差込口形状が違うのだとは、知りませんでした。

売り場にある最近のPCを見てみると、同じPCにUSB差込口として、Type-AとType-Cが混在している。
へぇぇ、今はUSB差込口の過渡期なのかしらねぇ。

USB2.0、USB3.1、これは転送速度の違いなのだそうです。
転送速度より大事なのは差込口の形状、そもそも刺さらなきゃ意味がない。
勉強になったよ。

広島ブログ

 

« 中国人、漢字は読めるが意味不明 | トップページ | 強烈な不満を表明する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国人、漢字は読めるが意味不明 | トップページ | 強烈な不満を表明する »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31