無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

近郷近在、三次市君田の東山、西山、登れず

三次市内の君田にある、東山、西山について興味はあったんですよ。ただ、情報が少ない。どんな山なのか、全然わかっておりません。
東山、西山とあるが、地図での並び方は、北山、南山と言ったほうが実態に合っているし、西にあるのが東山、東にあるのが西山で、実に奇妙な命名になっております。
県道39号線の君田の中央、東入君から、県道62号線の布野へ向かう道に分岐する。
盆地平野から山に入って、茂田へ向かう分岐からほんの数メートルで道が膨らんだところがある。そこに駐車するのですよ。ここを中心に、東山、西山と足を伸ばすことにする。
舗装路は自転車を使うことにする。車から自転車を引き出す。自転車にはいきなりの急坂なんですよ。
クイクイと踏み込んでいくが、写真を撮るために自転車から降りる。写真を撮り終わって自転車に乗ると、漕げない。勢いで登っていかなきゃ漕げる坂道ではないよ。
二反田集落が見えている。二反田集落までが君田の範囲、峠の向こうは布野の範囲なのだよ。
県道の新道は谷を埋めてショートカットしている。旧道が残っているのだよ。県道の昔の部分、今なお舗装路は残っているが、今はもう誰も使わない道に入っていく。ここに自転車を置いていく。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは出だしの部分を抜き書きしたものです。
全体の姿は下のリンクからおいでください。

http://sherpaland.net/report/higaxi_nixi.html

広島ブログ

2019年10月30日 (水)

だいじょうぶです、というあいづち

だいじょうぶですに、OKとNOと、両方の意味があることを覚えといてね

だいじょうぶです、こういうあいづちがあります
わたしも、あいづちは打つが、だいじょうぶですとは言わない
ある年代から世間に普及して、だいじょうぶです世代からは取り残されてしまいました

だいじょうぶです、とのあいづちを聞き流しているうちに
OKとNOと、両方の意味があることを思い出しました
会話しながら、あいづちを、表読み、裏読み、していると、意地悪だが、これは面白い

広島ブログ

 

2019年10月29日 (火)

知らんけど

知らんけど、このフレーズでグーグル検索してみてください
実にたくさんの、知らんけど、の情報が出てきます
暇なとき、この、知らんけど情報の数々を読むと退屈しません

知らんけど

広島ブログ

2019年10月28日 (月)

ホームページの限界が見えてきた

【質問】あんたのね、前のスレッドで述べていたことなんだがね。
ホームページ原稿を、PCメイン機から別のメディアへ、さらにサブ機へ、コピーしてコピーするということだが
そんなに大きなファイル群なのかい。

【答え】そうなんです、かなりの分量です。
レンタルサーバーと契約していて、契約容量が10ギガ、最大ファイル数が12万個。
ただいま現在、2.68ギガ、9万ファイル数。
ディスク容量には十分余裕がありますが、ファイル数で頭打ちするかも、という現状です。
登山篇、自転車篇、それぞれ一日の行動に、メインのページ1枚に、30ページ程度の補助ページが付属します。
ということで、1篇に付き、ポップアップページなどの、細切れの数多くのファイルを従えているのです。

これだけのものをコピーしようとすると、息切れして、一時停止するのも、無理もないかな、と気の毒に思います。
ギガの数字だけ見て、まだまだ余裕があると安心していましたが、ファイルの枚数限界が近づいてきているようです。
まだまだ、ここ数年は大丈夫でしょうが、どこで限度に達するか、わかりません。

ただ、わたしの体力もこの先続くかどうか、サーバーの契約上限が来る前に、体力の限界が先に来るだろうと予想します。
ま、そういうことで、ホームページの限界が見えてきました。

広島ブログ

2019年10月27日 (日)

ファイルをコピーする時の一時停止

ホームページ原稿など、大量のファイルはバックアップしておかなきゃ、危ない、危ない。

大きなデータをPCメイン機から別のメディアへコピーします。
そのメディアから、さらにサブ機へコピーして、バックアップが完成します。
そのコピーの最中、1時間2時間経って、操作の一時停止ということで、止まっている場合があります。
あぁ、ダメだったか、とあきらめて、潰して、改めてやり直していましたが
ハテ、こういうやりかたはおかしいぞ、どっか間違っている。

よく見ると、再開ボタンがあります。
再開ボタンを押すと、コピーの続きが再開します。
知らんかったなぁ、今、始めて知った。

途中停止するようでは、完全コピーできたかどうか気がかりです。
両者、それぞれ何ギガか、ファイルの数は同数か、比べれば安心できます。

広島ブログ

2019年10月26日 (土)

薫風ただなか

「薫風ただなか」あさのあつこ 角川書店
鳥羽新吾、14歳、16歳で「烈風ただなか」がある。
てっきり、謎が共通で、「薫風ただなか」が謎かけ篇で、「烈風ただなか」が謎の解決篇だと思っていた。
シチュエーションは連続するが、それぞれ別のお話だった。
藩学で、中老瀬島の子息とその取り巻きからいじめ迫害を受けてきた。
郷校、薫風館に移った。そこで、間宮林太郎、栄太の友を得た。
重臣の中で暗闘がある。
そのとばっちりで栄太は傷を負った。
瀬島の息子の取り巻きも大勢殺された。
瀬島の息子は切腹した。
14歳程度のまだ子供ですよ。
今なら中学生程度の子供が立派に判断して立ち向かっている。
時代小説なればこそだなぁ。
現代が舞台なら、今の中学生が大人混じりして、核心に近づいていくとは、お話として成り立つはずもない。

読書メーター

広島ブログ

2019年10月25日 (金)

カミラ夫人はこれからもカミラ夫人なのか

イギリス王室のチャールズ皇太子の妃のカミラ夫人なのですがね
この先、即位して
チャールズ国王となったら、王妃と呼ばれることになります
チャールズ国王となったからには、カミラ王妃と呼ばれるのが当然でしょうね

もともと、日本語に翻訳して、カミラ夫人、ダイアナ妃と呼んでいるが
イギリス国民がどう呼び分けているか、そこはどうなんでしょうね
マダム・カミラ、ミセス・カミラ、ほんとにそう呼んでいるのでしょうか
そうだとしたら、国民感情がどうも読み取れない

天皇陛下の即位礼正殿の儀でチャールズ皇太子も列席しています
ところが、カミラ夫人はイギリスに残っています
日陰の身のままで、表舞台に登場することはないのでしょうか

これ、ダブルアップ、前にも 2019-04-15 「チャールズ皇太子とカミラ夫人」でネタにしています

広島ブログ

2019年10月24日 (木)

烈風ただなか

「烈風ただなか」あさのあつこ 角川書店
鳥羽新吾は16歳、石久藩、郷校薫風館に通っている。
間宮弘太郎、栄太は親友、薫風館に通って友を得た。
父には謎がある。職を去り、家を去って、別の家に住まいしている。
重臣の間には派閥があり、表の戦いがあり、裏の戦いもある。
幕閣、草屈(くさかまり)、間狩者(まがりもの)、藩主、重臣、それぞれ別の思惑で動いている。
鳥羽新吾、二人の友と共にどう動くか。
これは謎かけの解決篇なのだ。
鳥羽新吾は14歳のころの「薫風ただなか」謎かけ篇を読まなきゃなるまいて。
謎々を読むのに解決篇から謎かけ篇へ、こういう読み方をしちゃいかんなぁ。

読書メーター

広島ブログ

2019年10月23日 (水)

ソフトを削除するのに

ソフトをアンインストールするのにコントロールパネルを探していました
方法その1、左下のコルタナ窓に、コントロールパネルと打ち込む
方法その2、スタート窓を左クリック、ABCあいうの索引窓で、W→Windowsシステムツール→コントロールパネル
コントロールパネル→プログラムと機能
方法その1でも2でも、WindowsXP 以前からのお馴染みの姿、ソフトの一覧が現れてきます、削除する対象を選べばよろしい

その後、発見した別のやりかた
左下のスタート窓を左クリック、ABCあいうの索引窓で、さ→設定→アプリ→アプリと機能
ここに、アプリの名前がABCあいうの順番で並んでいます

スタートボタンのABCあいうの索引窓で
1、W→Windowsシステムツール→コントロールパネル
2、さ→設定→アプリ→アプリと機能
どっちを選ぶかは、お好みで

削除しようとする度に、やり方を忘れて困るので、これは、わたしへの今後のためのメモです

広島ブログ

2019年10月22日 (火)

ねがいましては

ねがいましては、これはそろばんの稽古で読み上げ算の最初の出だしです
ねがいましては、とは、願いましては、ご破算で願いましては、ともいいいます
ものすごく低姿勢でへりくだっていますよね
そもそも、そろばんの昇級試験、昇段試験で、試験する側のほうがへりくだるのは変
変は変だが、そういう決まりなんです、文化なんです、美風なんです

陸上競技のスタートは、用意、ドン
まぁ、ぶっきらぼうなこと
ここで、願いましては、ドン、とやったのでは、場の空気に合いません

そろばんの読み上げ算で、用意、ドン、これではあわただしすぎる
ここは、願いましては、とおもむろに始まるのが一番でしょうね

広島ブログ

2019年10月21日 (月)

Toshiba Dynabook にDドライブがない

今まで使っていたPCメイン機のウィンドウズ・アップデート・データベースが壊れてしまいました。
サブ機をメイン機に格上げし、アップデートができないPCは、通信線を外してテレビ専用にしました。
それと、大事な役割、HP原稿、GPSログ、これらのデータのバックアップ倉庫に使うことにしました。

ちょうど、特価の Dynabook のノートブックが売り出されていたので、それをサブ機として購入することにしました。
もっと安い特価の台湾製品があったが、ま、やめておこう、Toshiba Dynabook をチョイス。

データを移行しようとして、ありゃりゃ、Dynabook にDドライブがない。
Cドライブがあって、DドライブはDVDドライブとして使われています。
Cドライブをパーティションで切り分ければええ。EドライブなりFドライブなりと命名すればええ。

待った、こんなアドバイスを読みました、アップデートには広い余裕がいる、Cドライブは広いままにして、分割しないほうがええ。
外付けHDDを買いなさい。それを、いわゆる(Dドライブ)として使えばよろしい。
なるほどね、値段の高い外付けHDDでなくてもええのだ、値段の安いのでもじゅうぶん事足りるはずだよね。
アドバイスに従って、外付けHDDを買いました。
エクスプローラーではFドライブという名前で命名されているが、いわゆる(Dドライブ)として使うことにしました。

広島ブログ

2019年10月20日 (日)

へぼ侍

「へぼ侍」坂上泉 文芸春秋
西郷隆盛が下野して、新政府に反乱をしかけた。
政府は壮士隊を徴募して、幕府の士族を軍隊に組み込んだ。
志方錬一郎は壮士隊に応募した。
まだ17歳で、大阪町奉行与力の息子で、今は薬商の手代を務めている。
旦那さんに断りを入れて、壮士隊に入った。
周囲はいずれも老練の腕達者に見える。
その中で、錬一郎は小隊長に任命された。
九州で薩摩討伐に駆け回る。
錬一郎は道場で師範代の腕前だったが、刀に非ず、鉄砲を撃ちまくる毎日なのだ。
商人の才覚で、西郷札を引き取る、代わりに住民から情報を聞き出すことに成功する。
転戦の最後に、西郷と面会する奇跡まで起こす。
この当時を題材とする小説は少ない。
おもろい。

読書メーター

広島ブログ

2019年10月19日 (土)

文字化けを、英語で、中国語で

文字化けを英語で言い換えると、misconversion text garbling character corruption
中国語で言い換えると、文字乱码 文字亂碼

英語も中国語もマトモすぎですよね、捻りもユーモアもない
日本語では、文字が自分で勝手に化けてしまうとは、その通りだよ、言いえて妙
表現の出来栄えは日本語がぶっちぎりで圧勝

広島ブログ

2019年10月18日 (金)

広島空港サイクリングロード、9年ぶりに再訪、ありゃりゃ(自転車篇)

東への谷を降りていく。用倉大橋が見えている。これはサイクリングロードに使われているのだよ。
橋の手前で右折する。ピクニック広場、展望広場に向かっていこう。
ここがピクニック広場、ベンチがあって、飛行機の離陸、着陸が目の前で見える。離発着のダイヤが掲示してあるから、何分待てば次の飛行機が見えるか、見当がつけやすい。
着陸してきた。あれ、これは春秋航空だ、成田と広島を結ぶ路線なのだ。
今、離陸したのはJAL、速いからカメラで追うのが間に合わない。一眼レフならファインダーで対象を追えるが、コンデジでは、液晶モニターに外界の景色が写りこんで、でたらめにシャッターを押すしかないのだよ。
ピクニック広場から場所を移そう。
展望広場のほうに進めていこう。自動車専用道、自転車乗入禁止、とある。自転車で入ってみたが、自動車は全然入っていなかったよ。
小山を螺旋状に巻きながら登っていく。登り坂だが、じゅうぶん自転車を漕いで登れる程度の傾斜です。
自動車の駐車場まで登ってきた。階段があるが、横に車椅子向けのスロープがある。自転車でさらに登っていく。
小山の上まで登ってきたのだ。さっきのピクニック広場より高いところから展望が効く。滑走路の端から端まで見えている。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2019/bike-191016-airport_cycling2/bike-191016-airport_cycling2.html

広島ブログ

2019年10月17日 (木)

どうやってもパスワードが入らないわけ

PCが寝ていたので、起こして、パスワードを入れました
パスワードが違ってます
どんなに丁寧にゆっくりと打ち込んでも、パスワードが違ってます
ええい、もう、とりあえずは、なんとか強制シャットダウン

あとでゆっくりとその時の行動を思い浮かべてみると
なんか、Caps Lock に触ったような、指の腹が当たったような

翌日、PCの電源投入、パスワードを入れる前に
Caps Lock のキーを押し込む
そこでパスワードを打ち込むと、みごとに使用可能になりました
Caps Lock といい、Num Lock といい、ええ迷惑だよ

実は、この Caps Lock 問題、愚痴をこぼすのはこれで三回目なんですよ
2016-10-26「Caps Lock がオンになっています」
2010-02-06「Caps Lock が迷惑」
懲りることなく同じ間違いを繰り返しているよなぁ
でも、まぁ、経験があるから、原因把握が簡単だ、とも言えます

広島ブログ

 

2019年10月16日 (水)

広島風お好み焼き

広島風と呼ばれるのを極端に嫌がる人がいます
それはね、おそらく、こう
亜流、二番手、と蔑まれているように思うから

対抗は、大阪であり関西なんですね
大阪風、関西風と言い返せばええじゃないですか

ええじゃないですか【お好み焼き・ア・ラ・イロシメーゼ】
これで行きましょうよ

広島ブログ

 

2019年10月15日 (火)

絵里奈の消滅

「絵里奈の消滅」香納諒一 PHP
主人公は退職した私立探偵、名刺には調査員と書いてある。
刑事だったころにパクったコソ泥がいる。19年前にわたしが始めて逮捕したのだ。
そいつは河口で溺死した。
生きてる最後にわたしに電話している。仕事中なので電話は取らなかった。
周辺を探ってみると、娘のことで相談があったようなのだ。
依頼があったような、なかったような状態だが、調べて見ることにする。
別れた嫁さんとの間に確かに娘がいるようなのだ。
その嫁さん、何度も結婚離婚を繰り返していて、父親の違う兄弟が何人もいる。
お話の運びはするすると読みやすいのですよ。
しかし、内容は反吐が出るほどひどいことだ。
何人も人が死にます。
悪いのは兄だが、育てた親が悪いね。
後味の悪い読後感です。

読書メーター

広島ブログ

2019年10月14日 (月)

www.searchina.net がトラブっている

Searchina のサイトですがね

http://www.searchina.net/

10月11日の夜から受信できません
10月11日の朝・昼には正常に受信できました
10月11日の昼前後に見たところでは、サイトを閉ざす前兆などは感じられませんでした

Searchina とは、日本国内で中国関連の情報発信をもっぱらにしているサイトです
どういう事情で発信を閉ざしているのか、理由不明です

10月13日の午後になって回復しました
サーバーの不調など、物理的なトラブルによるものでしょうね

インデックス・表紙は回復しましたが、個別のページは開きません
相当深刻なトラブルがあったものと思えます

社員の不満分子がサーバー内のホームページ内容を削除して、社内の原稿も削除したのかもしれません
内部での政治闘争かと疑いましたが、内部統制のきついお国ですもの、それは無いでしょうね
あるいは、安月給への報復とか、失恋沙汰のうっぷんばらしとか、原因はそんなところかもしれません
一番ありそうなのは、悪意あるウィルスが取り付いて、サーバーのデータを全部削除したのかもしれません

インデックス・表紙が回復して1時間か2時間後、各ページもそれぞれ回復しました
平常運転に戻ったようです

今のところ、お詫びとか、事情説明などはありません
このまま、黙って無かったことにするつもりでしょうか
面子大事で、謝ることができない中国人ですからね、それはあるかも

広島ブログ

2019年10月13日 (日)

あの夏、二人のルカ

「あの夏、二人のルカ」誉田哲也 角川書店
血まみれ誉田哲也と爽やか誉田哲也とがあります。
表紙の絵からすると、爽やか誉田哲也だろうな。
離婚して名古屋から東京に戻ってくる。
女子高生がバンドを始める。
なんか脈絡のないふたつの流れがあるなぁ。
あれ、時間差があるお話なのじゃないかな。
14年前の女子高生、アラサーのわたし。
半分まで読んで分かってきた。そういうことか。
ずばり、告げる、そのバンドの子がわたしです。
女子高生のガールズバンドには血沸き肉躍ります。
14年後のあなたの姿には似通うものがないよねぇ。
そこを繋げて行くのが、物書きの腕です。

読書メーター

広島ブログ

2019年10月12日 (土)

正規の登山道から登る大黒目山3

峠が近い。峠から左に曲がると大黒目山に向かう。峠から右に曲がる、あるいは、直進すると、南の蘇羅比古神社からの登山路になる。蘇羅比古神社からの道はお薦めできない。途中から道が判然としなくなるんですよ。
ブリキの案内板がある。いったい、いつの時代からあるのだろうね。錆の状態からすると、20年、30年も前から掲示してあるように見えるぞ。13年前に見た時には、福山山岳会と掲示主の名前があった。
ロープがある。細すぎるから、体を引き上げるお助けロープではないよ。道から逸れないように通せんぼするガイドロープなんだろうね。
大黒目山への道を進む。地形図では、このあたりが権現山となっている。13年前に地元で聞いた話では、蘇羅比古神社から登ったピークに権現さんの祠があって、そこが権現山だということだった。
権現さんの祠は壊れて、柱や板などが散乱している状態だった。国土地理院の地図の権現山は間違っているよなぁ。明治に測量した時に聞き違えて命名したのだと思うよ。
何度か偽のピークがある。これかあれかとやり過ごして、石垣が積んであるのが見えてくる。ここが大黒目山の頂上なんですよ。
山頂は踏み均した広場で、ここだけ石垣が組んであるのはどうしてなんだろうね。
狼煙台なのかしら。戦国時代の国人領主の通信手段なのか、江戸時代の商人の連絡手段なのか、どういう目的のものだろうね。
三角点があって、これは現代の通信手段のキーデバイスではあるよね。
さて、帰りますか。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は、このリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/report/ohkurome_ym3.html

広島ブログ

2019年10月11日 (金)

肩で息を切って

某スポーツニュースサイトで、肩で息を切って、とあります
何かが不自然、類型を探してみると

肩で息をする
息が上がる
息も絶え絶え
息が切れる

肩で息をする+息が切れる→肩で息を切って

もののはずみ、つい筆が走って、やってしまったことなんでしょう
分からいでもない、見逃すことにします

広島ブログ

2019年10月10日 (木)

小規模多機能居宅型介護施設

ジュゲムジュゲムみたいに長い名前でしょ
あれもありこれもありで、こんな名前になってしまったんでしょうね
長すぎる、もっと短い言葉にならないものか

サービス付き高齢者向け住宅、こういうのがあります、これを縮めて
サ高住
と呼んでいます
業界内だけの呼び名じゃなかろうか、一般人には意味が伝わってこないのだがね
この業界は、介護業界から遠く、不動産業界のほうが近そう、受ける感じがね

それをお手本に、小規模多機能居宅型介護施設を縮めてみると
小多居
ムリだね、こんな呼び名では世間じゃ通用しない

包括的な業態名としては世間に認知されていないと思うよ
おばあさん、小規模さんが来たよう、おじいさん、ほらほら、多機能の車が来る時間だよ
こんな呼び方はしないよねぇ
ひまわりとか、ほのぼのとか、それぞれの固有の名前で呼ぶんじゃないかな

小規模多機能居宅型介護施設とは、役所の統計区分での呼び名なんじゃないの

広島ブログ

2019年10月 9日 (水)

鉄砲の音

バン、あるいは、バーン、これは世界共通でしょうね
ズドン、これは世界共通かな、日本だけの音の表現かしら

運動会で、よーいドン、というのがあります、こういうコールは日本だけの文化でしょう
日本では、近縁種のズドンはだれもが使う表現です
落語・講談には普通に出ています、歌舞伎・文楽にも出ているかな、出ている気がします
ズドンは和のテイストが溢れていて、外国でも通用するだろうか
そのズドン、アメリカ、中国、ヨーロッパ、アラブ、使うのかしらね
アメリリカンコミックス(アメコミ)には、不似合いなような、そもそも出ていないような

広島ブログ

2019年10月 8日 (火)

雨上がり月霞む夜

「雨上がり月霞む夜」西條奈加 中央公論新社
西條奈加の小説は、今ではすっかり長屋もので名を上げていますが、スタートはロマネスクです。
ロマネスクにピカレスクを混ぜた、すさまじい小説でした。
純粋なロマネスクに立ち返りました。
主人公は雨月、相棒に秋成、のちのち、上田秋成として世に出ます。
それに紛れ込むのが兎、遊戯と名を持つあやかしなのだ。
いえいえ、騒動が起きるわけじゃありません、清談というか、神仙噺というか、淡々と進んでいきます。
いえ、騒動はあります。
騒動の元は、怨霊だったり、あやかしだったり、そういう種類の小説なんです。
章が終末に近くなり、雨月の正体が明らかになります。伝えなくても分かるでしょ。
上田秋成「雨月物語」が誕生するまでを語ってきたのです。

読書メーター

広島ブログ

2019年10月 7日 (月)

競歩の英語、中国語

世界陸上、競歩で、50キロ、20キロ、それぞれ金メダルおめでとう

英語では、walking race
中国語では、竞走

英語では、日本語と意味は同等だけど、中国語では、歩く、から逸脱してないかい

広島ブログ

2019年10月 6日 (日)

曺国(チョ・グク)

隣国の法務部長官=法務大臣ですがね

曺という漢字なんです
曹だと思っていました
曺の読み方もわからない

わからないの、チョと読むんだよ
いや、韓国読みじゃなく、日本読みならどう読むんだろ
曹と同じく、そうと読むらしい
曺の使用例では、韓国での姓にあるだけで、他の使い方はないみたい

広島ブログ

2019年10月 5日 (土)

走行注意レベル4

道路標識で、走行注意レベル4、というのがあります
警察の標識ではなく、県道の地区管理事務所が出しています
県道で山道に差し掛かると見ることがあります
そこそこの山道では出ていません
ここぞ、というところに出してるようです

レベル4とはどの程度の危険度かが分かりませんが

ガンのステージ4
火山情報のレベル4

などから想像すると、危険度の高いものなのでしょうね

平時でも、走行注意レベル4なのだとしたら、それは即補修すべきです
荒天時に、走行注意レベル4なら、納得です、本来通っちゃいけないのだ

広島ブログ

2019年10月 4日 (金)

ナンシー・ペロシ

アメリカ下院議長で民主党のナンシー・ペロシ氏のことですがね
どう覚えこんでも、言い聞かせても
ナンシー・ロペシ
あれ、こうじゃなかったかな

日本人の口調なら、ロペシのほうが滑舌がうまくいく
ペロシなら、唇を開けたまま、破裂させたり、ゆがめたり、難しいのですよ
アメリカ人にとっては簡単なことなんでしょうがね

広島ブログ

 

2019年10月 3日 (木)

邑智郡、邑南町の引き出し方

島根県に、邑智郡、邑南町があります
漢字を引き出すには
〇 おおちぐん、おおなんちょう
× おうちぐん、おうなんちょう

群馬県に、邑楽郡、邑楽町があります
漢字を引き出すには
〇 おうらぐん、おうらまち
× おおらぐん、おおらまち

このようにバラバラ、原則がありません
個別に、それぞれに、従うしかありません

広島ブログ

2019年10月 2日 (水)

9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1604
ナイス数:69

亥子ころころ亥子ころころ感想
麹町の裏店に南星屋はある。主人は治兵衛、娘がお永、孫娘がお君、菓子を作って商っている。どこか覚えのある家族だな。前作「まるまるの毬」この続編なのだ。店先で行き倒れがいる。菓子職人で京から江戸に帰ってきたのだ。弟弟子が音信不通になったので、江戸に帰ってきたのだ。雇い入れてみると腕が立つ。章立てのタイトルに、「夏ひすい」「関の戸」途中省略「亥の子ころころ」和菓子の題名から拝借しています。弟弟子は、旗本家に雇い入れられて、茶席の菓子を作っていたのだ。なぜ逐電したか、これがこのお話の本筋、最後に種明かしがあります
読了日:09月25日 著者:西條 奈加


119119感想
長岡弘樹は、警察に代表される制服ものを得意にしています。これは消防が舞台、現役の消防士だったり、退職した消防士だったり。9篇の短編集です。1篇が20ページから30ページ程度。なにやら、着想スケッチみたい。問の解がはっきりしない。オチのキレが悪い。そりゃそうだ、20、30ページでは周辺の状況も深くは書き込めない。着想そのままを読んでいるみたいだが、そこは斟酌してやらなきゃ。主人公は消防士の群像で、前の脇役が次は主役で登場する。どうやら、年月が深まるにつれ、群像のそれぞれが年を取り、経験を積んでいくものらしい
読了日:09月21日 著者:長岡 弘樹


スクエア: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)スクエア: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)感想
神奈川県警本部長に呼び出された。横浜きっての頼りになる暴対係だそうだな。今の事件に手を貸してくれ。捜査本部に詰めてくれ。死体が発見された。その死体の深い底に白骨死体も発見された。筋読みでは暴力団の仕業だな。手を貸してくれ。横浜中華街の大物が消息不明だ。白骨死体はその大物らしい。殺人事件だから捜査一課、詐欺事件だから捜査二課、暴対のベテランが混成する捜査本部が出来上がった。捜査一課、捜査二課、特命暴対、もっとギスギスすると思ったが案外とんとん拍子で事件は解決する。暴対係というと、肉体派には違いないが、知性が
読了日:09月08日 著者:今野 敏


エムエス 継続捜査ゼミ2エムエス 継続捜査ゼミ2感想
継続捜査ゼミとして前作があります。それはつまらなかった。いくつかの未解決事件を大学のゼミで洗うという内容だった。今作も、つまらないだろうと読み始めたが、違うぞ。女子大の中で傷害事件が起きた。最後に会ったのが小早川教授ということで容疑者となった。見込み、決め付けで、自白するまで警察署から出してくれない。悪役として、警部補係長を押し出している。警察官として、かなりの曲者なのだ。折しも、冤罪を題材にゼミナールの研究対象に挙げている。冤罪として、逮捕拘留されるかもしれない。前作と違ってナマの事件だ。これは面白い。
読了日:09月04日 著者:今野 敏


堕天使たちの夜会堕天使たちの夜会感想
オンラインゲームに「ナイトメア・マスターズ」というのがある。「堕天使たちの夜会」というチーム名で参加している。主催者はマクベス夫人、ロボ、ヒメ、ポーンが参加のメンバー。必殺仕事人のように、逮捕・裁判を免れるやつらを殺すのが目的。ポーンは警官。警察をはみだし、裏稼業のほうに魅力を感じている。小説は二部構成、最初のはバイオリン教師が教え子の男の子と母親を殺すお話。次は、会社社長が殺すことを目的に人を殺すお話。どっちも、犯人にチームの鉄槌を下す。読後感はよくない。犯人側に同感はできないしチームに親近感もわかない
読了日:09月03日 著者:福田和代

読書メーター

広島ブログ

2019年10月 1日 (火)

番町皿屋敷

いえいえ、怪談を語ろうというのじゃありません
徳川幕府の役職は、番方と役方に分かれていました
番方は武官、役方は文官
番方の将士が住まいしていたところは番町と名付けられます

お話変わって、番町皿屋敷
番町ということは、番方の住まいする町のことだな
下女が皿を割ったことで折檻され、井戸に身投げして死んでしまった
そこで、幽霊が出るという筋書きなのかい
番町皿屋敷と聞くだけで、江戸町民
おおむね、場所もわかるし、幽霊の子細もわかる
番町皿屋敷、長屋での噂話もはずもうというもんです

現代の地図では、千代田区、皇居の西側、最寄り駅は、JR中央線、市ヶ谷駅か四ツ谷駅
一番町、二番町とありますが、単なる一番、二番という順番の意味じゃないのです
番町の一番、番町の二番というように、番町を分割表示した意味なんです

広島ブログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30