無料ブログはココログ

« ソフトを削除するのに | トップページ | カミラ夫人はこれからもカミラ夫人なのか »

2019年10月24日 (木)

烈風ただなか

「烈風ただなか」あさのあつこ 角川書店
鳥羽新吾は16歳、石久藩、郷校薫風館に通っている。
間宮弘太郎、栄太は親友、薫風館に通って友を得た。
父には謎がある。職を去り、家を去って、別の家に住まいしている。
重臣の間には派閥があり、表の戦いがあり、裏の戦いもある。
幕閣、草屈(くさかまり)、間狩者(まがりもの)、藩主、重臣、それぞれ別の思惑で動いている。
鳥羽新吾、二人の友と共にどう動くか。
これは謎かけの解決篇なのだ。
鳥羽新吾は14歳のころの「薫風ただなか」謎かけ篇を読まなきゃなるまいて。
謎々を読むのに解決篇から謎かけ篇へ、こういう読み方をしちゃいかんなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« ソフトを削除するのに | トップページ | カミラ夫人はこれからもカミラ夫人なのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソフトを削除するのに | トップページ | カミラ夫人はこれからもカミラ夫人なのか »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30