無料ブログはココログ

« 近郷近在、三次市君田の東山、西山、登れず | トップページ | 国語に関する世論調査 »

2019年11月 1日 (金)

天を灼く

「天を灼く」あさのあつこ 祥伝社
てんをやく、と読みます。
主人公はまだ元服前、父は無実の罪で切腹した。
藩は重臣の横行で潰れそうになり、藩主は歯噛みしている。
このあたりは葉室麟と同じ路線を走っている。
違うのは葉室麟には主人公に毒があり、あさのあつこの主人公は爽やかなことだ。
「バッテリー」から始まった少年小説の系譜はまだ続いている。
今はいくら理不尽なことが続こうと、必ず明るい結末が待っているはずだ。
起承転結の起承部分。謎かけ部分だけで、謎解き部分は次の本に先送りしている。
伏線を張るだけ張って、その回収は次作に丸投げ。
乞う、ご期待。
最後は脱藩して江戸に向かう。

読書メーター

広島ブログ

« 近郷近在、三次市君田の東山、西山、登れず | トップページ | 国語に関する世論調査 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近郷近在、三次市君田の東山、西山、登れず | トップページ | 国語に関する世論調査 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30