無料ブログはココログ

« 競歩の英語、中国語 | トップページ | 鉄砲の音 »

2019年10月 8日 (火)

雨上がり月霞む夜

「雨上がり月霞む夜」西條奈加 中央公論新社
西條奈加の小説は、今ではすっかり長屋もので名を上げていますが、スタートはロマネスクです。
ロマネスクにピカレスクを混ぜた、すさまじい小説でした。
純粋なロマネスクに立ち返りました。
主人公は雨月、相棒に秋成、のちのち、上田秋成として世に出ます。
それに紛れ込むのが兎、遊戯と名を持つあやかしなのだ。
いえいえ、騒動が起きるわけじゃありません、清談というか、神仙噺というか、淡々と進んでいきます。
いえ、騒動はあります。
騒動の元は、怨霊だったり、あやかしだったり、そういう種類の小説なんです。
章が終末に近くなり、雨月の正体が明らかになります。伝えなくても分かるでしょ。
上田秋成「雨月物語」が誕生するまでを語ってきたのです。

読書メーター

広島ブログ

« 競歩の英語、中国語 | トップページ | 鉄砲の音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 競歩の英語、中国語 | トップページ | 鉄砲の音 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30