無料ブログはココログ

« あれは我が国から由来したものだ | トップページ | 何度何分何秒 »

2019年11月25日 (月)

喪中につき年賀欠礼

11月も今頃になると、喪中につき年賀欠礼、とのハガキが到着します
親戚から電話がありました
おいおい、おじさんが死んじゃったそうじゃの、香典を送らにゃのぅ、おばさんの名前はどうじゃったかいの
これこれこういう名前じゃ

遂に名前が思い出せない場合があります
そんなとき
○○御令室様、このように書いておけばそれでしのげます
名前が思い出せていないのがバレバレですが、それでも現金書留の宛先の体裁は維持できます

親戚でも亡くなったことを知らない場合があります
家族葬で弔うからです
家族葬で内々で済ませても、喪中につき年賀欠礼で明らかになってしまいます
年賀状のやり取りを止めるには、喪中ハガキを出さない訳にはいかないし
家族葬の難点はこんなところにもあります

広島ブログ

 

« あれは我が国から由来したものだ | トップページ | 何度何分何秒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あれは我が国から由来したものだ | トップページ | 何度何分何秒 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31