無料ブログはココログ

« コミュニティセンターは旧村役場・旧町役場の跡地にあるのか?(自転車篇) | トップページ | 銀二貫 »

2019年11月 5日 (火)

地に滾る

「地に滾る」あさのあつこ 祥伝社
ちにたぎる、と読みます。
前作「天を灼く」の続編です。
謎を広げたまま後編に入って、どれだけ江戸藩邸を攻略するかと思ったが
意外にも、一点突破、これで失敗したらどうするの。
ええ、うまいこと事が運びます。世間には善良な人が多い。
前髪立ちの元服前の少年に出来ることにしては大したもんです。
うまく藩政改革の始まりにたどりつきました。
ほんとは、この先が知りたい。
少年は元服して、組頭の地位に復帰して、執政に組み入れられる先を知りたいもんです。
でも、それは叶わない。
これは少年小説なんです。青年剣士になると別のお話になります。
この小説、漢字、漢語が豊富に出てきます。フリガナが振ってあるから読めます。
そうか、こんなケースでこの漢字を使うのか。
見たことない漢語が出てきたぞ。ほう、こんな場面で使うのか。
あさのあつこ、どこからこんな識見を仕入れてきたんだろ。

読書メーター

広島ブログ

« コミュニティセンターは旧村役場・旧町役場の跡地にあるのか?(自転車篇) | トップページ | 銀二貫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミュニティセンターは旧村役場・旧町役場の跡地にあるのか?(自転車篇) | トップページ | 銀二貫 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30